« ダメな大人 3 | トップページ | アンジー・ディキンソン »

デジタルPENとやら

 フォーサーズ規格を見直してるビヨさんとしてはスルーできないので、とりあえず話題として触れておきます(^^;

Omfpen_12

 これがオリンパスのデジタルPENですか。E-P1という名前の、レンズ交換可能な軽量コンパクト級マイクロフォーサーズ一眼レフ
 実際にはどのくらいの大きさなのかなぁ?重さよりも大きさが気になる私。レリーズボタンのサイズからするなら、たぶん私の頭の中で想像していたよりも大きいカメラですね。
 指が乗らないくらい小さなレリーズボタンってのはあり得ませんから。その寸法から、全体の大きさもなんとなくわかりますよね。

 「小せえ小せえ」という宣伝のE-P1なのですが、銀塩ではできないデジタルならではのダウンサイジングが達成されているのかといえば、まだ技術的に時期尚早なんじゃねえの?と個人的に思います。
 消費電力とバッテリー技術ですね。このへんがまだ煮詰まっていない気がするのですよ。技術的に。
 かつての名機PEN-Fのデジタル版という発想は惚れちゃってますけど、現行の技術では無理があるんじゃねえの?と感じます。
 むしろPENについてまったく語らないままのほうが良かったのではありませんかね。マイクロフォーサーズ規格についてのオリンパス的回答、という素直な売りで良かったんではないかと。

 ああ、無駄な物欲と小金を持ってるリタイヤ層を狙いましたね。その人々が若かりし頃の名機であるPENのネームブランドを投入したかったですか?
 銀塩フィルム文化が一般大衆まで価格的に降りつつあり、なおかつ市場を開拓したいメーカーさんが推し進めたハーフサイズという経済的節約(ある意味で貧乏人向け)が命の市場に、アナログ的ギミックを搭載して見事に小型化とシステム化をなし得た、「精密技術のオリンパス」を体現する存在が、かつてのPEN-Fであったと思うのです。
 当時と貨幣価値の違いがあるにしても、とりあえずのシステムで10万を越えるだろうというE-P1は、果たしてPENを語っていいものかどうか。ちょっと疑問なのでした。

Omfpen_01

 で、かつてのPEN-Fをまったく無視し、新しいオリンパスの小型一眼レフシリーズという見方をするなら、レンジファインダー機のようなスリムなシルエットが大変によろしおます。いかにも気軽に持ち歩ける雰囲気がしませんか?

Omfpen_13

 レンズもまるでパンケーキレンズのような短さで、これで34mm相当の単焦点。同時発売のズームレンズは28-84mm相当ながら、ズームの沈胴というギミックを組み込み、携帯時の小ささにこだわってます。

Omfpen_06

 「UNLOCK」というスイッチがありますね。んでズーム指標らしきものが焦点距離表記とはまったく違う位置にきてます。これが沈胴ポジション。
 おそらく使用時にはレンズ全長がヒョイっと伸びるのでしょうけど、その姿を上から見たら、まさにライカMに装着された沈胴レンズが伸びてる姿に重なりそうだなぁと思うわけです。ズームレンズの沈胴ってのは、かなりおもしろい発想だと思いますね。

Omfpen_19

 ファインダーレス構造のE-P1。マイクロフォーサーズはEVF以外の一眼ファインダーを意図していない規格ですんで、おそらく開発当初はレンジファインダー的な光学ファインダー搭載という話が少しは出たかもしれませんけど、PEN-Fにこだわっちゃうと一眼レフですからね、レンジファインダー的な光学ファインダーはボディに搭載はできません。

 で、ホットシューに乗せる外部ファインダーというオタクを喜ばせる仕掛けが登場しても、まったく不思議がないマイクロフォーサーズ。
 まさかそのへんの市場売り上げまで考えてのマイクロフォーサーズではあるまいのう。そう疑いたくなるほど、E-P1に外部ファインダーというのは必然ともいえるアイテムでやんすね。

 ところがですよ。ボディのデザインのせいで、ホットシューに乗ってる光学ファインダーが斜めになって見えるのですよ。
 画像ソフトを起動して切り取り系をやってみるとご理解いただけると思うんですが、目の錯覚のせいで光学ファインダーが傾いて見えちゃうんですね。

Omfpen_10

 黒ボディが欲しいなぁと思ってたのに、白ボディってか。黒ボディに対して銀色のボディを「白ボディ」と表記することがある当バカブログとしては、改めねばなりませんね(^^;
 けれどズームレンズには黒があるべさ?マウントのとこはシルバーに輝きまくってはいるけど。さては限定で黒ボディを出してプレミア商売をする気じゃあるめえな?なんて疑いたくなってくるレンズの色。

 とはいえ、デジタル機ってカタログデータじゃなんにも判断できないに等しい気がするんです。
 某メーカーの○○機の後継機として出たNew○○ともなれば、ある程度数字で想像できるものはあると思いますけど、まったくのブランニューとなると、同じメーカーの他機種さえヒントにならないことはままありますものね。
 銀塩の頃のように、フィルムという共通性がまったくないデジタル機ってのは、やはり人柱のインプレが頼りのように思えます。 

 そんなわけで、早めに博多の若社長に人柱になってもらい、氏の感覚で斬るインプレを読みたいものだと

 あ、ビヨさんが酔っ払ってポチッたカメラについては、まだ触れません(^^;

|
|

« ダメな大人 3 | トップページ | アンジー・ディキンソン »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

なんか秋田のスナイパーに遠距離射撃されてんなー。

いまのとこ言えるのは、

1.(いろんな意味で)必ず買うでしょう

2.傾斜した軍艦部と、やたら存在を主張するグリップが好きになれねー

ってなところでしょうか(-。-)y-o0O。

困るんだよねー、このヘンテコグリップ。何が困るって、ケー(以下略)

投稿: エンゾー | 2009年6月16日 (火) 21:24

Pen-Fと違ってミラーは無いんですよね?
細かいこと言ってすみません m(..)m

投稿: Kizao | 2009年6月17日 (水) 00:03

GRDが出たもんで、二匹目の泥鰌狙いでしょうかね?
3:2での撮影もできるってことらしいので、その点は評価。
でも、「G10でいいじゃん。」ていう気がするのと、鞄の中に乱暴に突っ込んでおいたら罰が当たりそうな小ジャレたデザインのせいで、購買意欲はわかず。
(^^;
斜め後ろから見た姿が、コンタのG1のような感じで、なんとなく懐かしい感じがしてます。
世間を席巻できるほとになるといいですねぇ。

投稿: Nori | 2009年6月17日 (水) 01:01

ご本人のリクエストにより削除しました。

投稿: ブログ主 | 2009年6月17日 (水) 04:23

Aoiさ~ん( ̄▽ ̄;)
なんか誤解を生むような書き方してしまい、不快にさせて申し訳ありません。

エンゾーの「いろいろと文句をたれる」=「愛がない」ではありませんので、そこは分かってね。

って、・・・そういうの、わかりにくいですか(T-T)。

投稿: エンゾー | 2009年6月17日 (水) 12:42

僕は、写りの良い、小さなこういったカメラは本当にヒットしてほしいと思う。デザインもまだまだいろんな角度でトライしてほしい。将来EP-1はこのサイズでファインダーが内蔵されると嬉しいと思うし、いつかは、光量が弱くてもいいからストロボが内蔵されるといいなとも思う。僕は純粋にあらゆる意味でメーカーの努力、携わっている人の努力は尊重します。そしてそれを売りにつなげるコンセプト作りの大変さも理解します。賭けだと思うんです。出来上がったものに色々注文をつけることは誰だってできることなんです。僕はEP-1の今後にもものすごく期待するし、各メーカーの脅威になってほしい。ペンタックスにはぜひ競合商品をだしてほしいと思う。
・・・・・
話は変わりますが、E-400,500,600系にも純正のケース、ストラップがあります。ちょっと欲しいとも思いましたが、買うのはやめました。サイズをスポイルするからです。ケース作りにもまだまだ、素材、デザイン、伸びシロがあればいいのになぁと思っています。

投稿: aoi | 2009年6月17日 (水) 16:55

エンゾーさん >
バレットM82みたいなcal.50の単発狙撃銃なら博多まで届きますかなぁ。(届かねーよ)
 
Kizaoさん >
マイクロフォーサーズはミラーレスが前提の規格ですけん。クイックリターンミラーないっすよね。
 
Noriさん >
これで写りがものすげえとかなったら、かなり話題になりますよね。オシャレ系な外観がどう作用するか。
実際には旧PENなど意識しないで使う人が大多数なのかもしれません。その方がこのカメラに対する正当な評価ができるように思えますです。

aoiさん >
不愉快になったのは、エンゾーさんのレスではなく私の「売り方に問題が」という部分では?
 
ありていに申せば、まだ発売がされていないカメラだからこそ、第一印象があれこれとプラスにもマイナスにも出るものではありませんかね?
というのも、事前情報に接していれば(今回のように具体的な姿がギリギリまで出なかった場合は特に)、見る人によって期待する部分が違うのは当然であり、喜びもすればガッカリすることも人それぞれです。
私のように買うかどうかもわからんくせに、ネタとして取り上げてる無責任なケースがあれば、エンゾーさんのように商売に絡んでの「個人的な」問題点発見というケースもあるでしょう。
 
このブログも含め、基本的に無責任なことばかり書いている私ではありますけど、ショボいサイトの管理人とはいえ、そのへんの本屋で売ってる雑誌と同じように提灯を掲げるつもりは毛頭ありません。
ましてや個人で開設しているブログとサイト。もちろん皆様のご意見は尊重しますが、それと世間の良識やセンスというものはまったくイコールではないと考えております。
だって、古くからの読者さんは、私のメチャクチャなノリをご承知の上でおつきあいいただいてるわけでしょ?フィルターを通すことをご存知の上で、おつきあいいただいていると思います。
 
だからといってなにを書いてもいいものではないのを承知の上で。
 
有名どころの管理人さんともなれば、自分のとこにリアルな雑感を書くわけにはいかんこともたくさんあるでしょう。
ショボい地味サイトの私でさえ、本音は書いていません。とてもですが書けません。上手に本音を滲ませる技術がないから。ブログの現実はそんなものです。
ただ、少なくてもここを訪問していただいている常連さんには、気負いなく雑感を書き込んでいただきたいと思っています。
ブログならともかく、BBSならいちいち某巨大掲示板で話題になることもないでしょうし。
 
そしてここが肝心なのですが、文字だけのやり取りには限界があるのですね。便利な世の中になった携帯のメールでさえ、丁寧に記さなければ相手にすべてが伝わらないものです。
ですから文字のやり取りには書き手の「思いやり」が必要だと思うのですよ。それは書いてる内容に関してではなく、読むであろう相手に対して。
もちろん読む側も書き手に思いやりがないと。それが私のよく言う「フィルター」です。
 
いい年こいたオッサンながら、現役で恋愛をすることが許されているバツイチとしては、感情が含まれた文字のやり取りというものはいかに誤解を生むか、泣きたくなるだけ経験しております。
ましてやメールやコメントというのは、推敲に推敲を重ねた文章のやり取りではないのですから、感情の行き違いは当たり前という前提でなければ無理なのですよ。
 
さーて、私自身は言いたいことが本当にきちんと書けたかどうか。それすら怪しいのですね。
長文レス多謝。

投稿: ビヨ | 2009年6月17日 (水) 20:24

>マイクロフォーサーズはミラーレスが前提の規格ですけん。

・・・よって、一眼「レフ」ではないですよね?
と言いたかったんです(^^ゞ

長年のお付き合いですから、上げ足を取っている
わけではないことはご理解頂けていると思います。

投稿: Kizao | 2009年6月17日 (水) 21:39

Kizaoさん >
やはりそこが突っ込みどこでしたか(^^;
私も考えたのですよ。「レフレックス」ってなんだっけかと(^^;
リターンミラーだべか?

投稿: ビヨ | 2009年6月17日 (水) 21:58

レフって、ミラー?ペンタプリズム?どっちもこの機械にはないか。。。
旧PENを意識しているのは、昔を知るごく一部とメーカーさんということになるなら、それは素晴らしく売れたということにもなるでしょうから、良いことですよね。
写りを求めるのか、ファッション性を求めるのか、その両方なのか。
私は道具としての使いやすさの中にデザインを求めているつもりなのですが、ただの半端者の天の邪鬼という気もします。
このくらいの価格帯のカメラを求める世代と考えると、PENは時代的に持ち出すのは古すぎるのかな。メーカーさんはそれを前面に出しているように思うのですが。。。知らない世代にとっても素敵に映るなら、それも成功のうちなのでしょうね。女性の所有よくをくすぐるというか、このカメラを持っている男に女性が群がりそう。こういうカメラを選ぶ人ってのは、服飾関係もしっかりとお洒落をしている人のような感じがしますし。
「カメラはコミュニケーションツールの側面も持つのだ。」という意見を否定できるだけの論も持たないので、そこんとこ、弱いんですよね。私。
人それぞれのところは否定しないにしても、自分の食指は動かない。って、そんなことをビヨさんのところで言わなくても良かったのかも。
すみません。

投稿: Nori | 2009年6月17日 (水) 22:47

私の文章も言葉が足らんので、きちんとは伝わり切れないと思います。まずですね、僕のコメントは『女流一眼』もしかりで、ほぼビヨさんにあてています。
・・・・
基本的には、個人のページなので何を書いてもいいでしょうし、読者は気に入らなければ、立ち去れば良いと思います。
・・・・
僕がコメントをしたのは、今まで書き込ませていただいたページだったからです。有益な情報もたくさんいただいたし、なにより楽しかったですよ。ですので、僕にもちょっと自分の意見を書かせていただきました。
・・・・
だいたい、自分の経験で感想や意見を書くこちらのスタンスは気持ちがいいし当然参考になります(提灯ではないからです。何度も書くけど『フィルター』はお互いに必要です)。カメラでいうとたくさんのメーカーを経験した上での実感だから。
ビヨさん、僕が書きたかったのはここのところです。
批評をすること自体は別にいいんでないですか。盲目なファンでないかぎりそれが不愉快にはなりませんよ。例えば、僕の大好きなGR1vをビヨさんが例えば否定しても、別に僕はネガには思わない訳ですよ。経験した説得力があるからです。
伝わるかなぁ。。
・・・・
それとは別の次元なんだけど、モノが売れてほしいと思います。
↑世の中の話ですね。
今後は、こういうのやめときます。失礼しました。

投稿: aoi | 2009年6月18日 (木) 02:05

↑こうであったら(ありつづけたら)いいのになという、古い一読者の意見です。経験でなくても、確かなアンテナである説得力は持てるとも思います。IX240の時のように。

投稿: aoi | 2009年6月18日 (木) 02:22

Noriさん >
> 知らない世代にとっても素敵に映るなら、それも成功のうちなのでしょうね。
売れなきゃ後が続かないということがありますからね、ヒットすることは素直に喜ぶべきことなのかもしれません。
ただなぁ、メーカーさんが言うほどには、どうしてもかつてのPENと重ならなく、なにか困惑する要素を感じてしまうのですよ。E-P1には。
PENの名前が出てなきゃ、素直に接することができるのになぁ、という私のようなジジイは少なくないかと。
 
aoiさん >
「収入の元になってるプロならこういうノリでは書けませんよ。自己満足の個人でさえこの程度が限界なのですから。」とだけ述べておきます。
おわかりいただけますね?

投稿: ビヨ | 2009年6月18日 (木) 18:11

最後のコメントは、よくはわかりません。
なんのために、限界に挑まなければいけないのか。
しかし、この辺でやめておきます。
僕の書いたことは、上にも書いたけど一読者の希望にすぎません。

投稿: aoi | 2009年6月18日 (木) 19:52

ごめん。付けたし。わかりにくいんで。
『限界』っていうのがいわば例えると闇に隠された『アンタッチャブルな真実』のようなニュアンスだとしたらわからないってことかな。
『直感』のようなことならばわかります。

投稿: aoi | 2009年6月18日 (木) 20:12

違うくて。裏事情以前に、ブログ主が思ってることをそのまま活字にしたら、それはこ汚いだけに終わることも少なくはないってことです。
「本音を書けないならやめれ」となれば、明日から更新を停止せざるを得ません。
 
いや、多くは語りますまい。直感以前に、不特定多数が閲覧する可能性を無視できないのが「作者」なのですよ。

投稿: ビヨ | 2009年6月18日 (木) 20:30

僕が書きたかったことはあらかたは伝わっていると思います。
(是とは思っていなくてもです)
だからまぁ。。。
けど、ここだけは誤解のないように。
『本音が書かれていなければbeyoontavoxではない』だね。
僕もそう思っています。
では!

投稿: aoi | 2009年6月18日 (木) 20:51

ほんなら更新やめるべか。

投稿: ビヨ | 2009年6月18日 (木) 20:55

わりい。キレた >ALL
 
てめえよ。ケンカ売ってる自覚持ってんのか?いい歳こいた大人なんだろうよ。
プライベートでなにがあったかは問うまい。ただ相手の好意に乗っかって好きなことヌカしてる自覚あんのか?
 
おめえのリクエスト通り、もう更新やめるわ。毎日本音書けるくらいなら、なんぼ気楽なこったか。
長く続けてきたけど、もう限界。俺以上に無責任で勝手なことばかりヌカすヤツの相手なんかしてらんねえ。
 
というわけでたぶん月末にサーバ落ちするから。二度とブログなんかやるかってーの!

投稿: ビヨ | 2009年6月18日 (木) 21:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダメな大人 3 | トップページ | アンジー・ディキンソン »