« とりあえず作付け終了 | トップページ | 暇な時期は雨ばかり »

ザ・モーロク 2009

 本日は会社の健康診断でやんしたよ。といっても職場に検診チームが来るスタイルじゃなく、秋田市内にある施設に行って受けるやつ。

 そういえば明日は健康診断であったのう、と気がついたのが、前日にオフクロんちで夕飯をご馳走になった後。
 どうしても早い時間の夕餉になりがちな農村のおかげで、こりゃ寝るまでに確実に空腹になるけど、21時以降は食うなという指示がある検診。
 せっかく2日ほど酒を飲まないという珍しい生活を送っていたので、どうせならこのままアルコールを抜いたままで検診に行きたいしー。眠れないからといって飲むことだけはやめようと心に誓ったまでは良かったものの。

 うへ。会社に受診票を置いてきたまんまじゃんかよ。農村から帰る途中で思い出しちゃいまして。

 ってことは、早起きして会社へ受診票を取りに行ってから検診かよ。アルコール抜きの空腹で眠れるかどうかわからないというのに早起きしなくちゃなんない。そういった心理的プレッシャーでますます眠れなくなったりして。
 幸い、日中に畑で肉体労働していたおかげか、はたまた仕事の疲れが抜けていないせいか、文庫本を読んでたらすんなり眠れましたよ。

 この「眠れないことに対する心理的プレッシャー」っつーのが難儀なものでして、眠ろうとするほど眠れないっていう誰でも経験のあるアレなのですが、これが毎日続くと寝不足を招くばかりであります。
 私の場合はそのへんを晩酌でカバーし続けてきた昨今、どうも酒に頼りすぎではないかという危惧が自らありましてね。
 飲む量こそたいしたもんじゃありませんが、帰宅して空きっ腹にガフガブ飲んでるってのは、結局晩飯をまともに食っていないことになり、酒の量より正しい食事をしていないデメリットが我が肉体に与えられているのではないかと感じるのでした。

 ほれ。我が亡き父親も、飲んでばかりで白血病になり、それでも飲んでばっかりで死んじゃいましたもの。そういう身近なケースがあるもので、ちょっとヤバいかなと。

 疲れが抜けず体力低下が身に染み、挙句に記憶力や思考力が著しく減退していることを自覚しており、もちろん仕事でもドジってばっかり。もう全体的にパフォーマンスが落ちまくりなわけです。
 頼むから健康診断でそのへんの理由を追求してくれよお、と思うものの、毎回健康体であると太鼓判を押されてしまう悲しい私。
 絶対に健康じゃないと思うんだけど。三食まともに食ってない生活だし、なんも運動もしてないし。おかしくなるだろ、普通。肺気腫を患ってる身のどこが健康なんだよ。

 そんなわけで、今回の健康診断は、検査前問診の時点からあれこれと体調不良を申し述べ、担当の女性をてんてこ舞いさせた私。
 おそらくお上品なお育ちで、テキトーに済ませて誤魔化すことができない性質なのでしょ。私が体調不良を申し述べるたびに、熟年と思しき担当のマダムを走り回らせてしまいました。マダムキラー健在ですな(大違)。

 視力検査でも担当の若い女性に質問しまくり。たまたま好みのねーちゃんだったというのもあるけれど、親切に解説してくれるもんだから、調子に乗ってしまいました。あまりの私の熱意に、たぶん惚れられたと勘違いしてるかも(んなわきゃねーだろ)。

 思い起こすに、私は子供の頃から疲れると目に来てたんですね。視野狭窄の逆で、疲れると視野が広がるみたいな覚えがあります。大人になってからはめったにありませんが。
 また、最近は視力の乱高下が激しく、見える時で視力1.5。見えなくなると0.5くらいになっちゃいます。あまりに変化がひどいので、そのへんも気になっていたのですよ。

 でもね、あまり心配しなくてもいいみたい。人によっては天気ひとつで視力が変わることすらあるそうな。確かに年齢と共に安定度は落ちるものの、そんなに心配しなくていいそうです。

 ここだけの話、たまに物が歪んで見えることがあるんですよ。でも若い頃に眼球の表面を削る怪我をしたこともあって、単に身体不調といえないとこもあって。
 四角いものが平行四辺形とか台形に見えることがあるんです。たいていは酔っ払ってる時とか疲れてる時ですが。
 そのへんに撮影時に水平が取れてない私のカメラの構え方の理由を探りたいとこなんですけど、バイクで仕事していた頃に何度も交通事故に遭い、右手首を激しく傷めてるというのもあって、これまた単純に視力の問題とも言い切れません。

 リハビリで旧F-1+サンニッパを振り回したら、すべてのカットが同じ方向に傾いていてガックリしたことがありました。いつも通りにカメラを構えたつもりでも、脳で慣れ切っているはずの構えが、実は手首の角度がおかしくなって斜めになってるというケースでして。
 これが改善されたということはまったくないので、今でもボンヤリ構えるとたぶん斜めになっているはずなのでした。

 また困ったことに、デジタル機は受光部が水平に据えつけられていない個体がチラホラあるというではありませんか。全力で水平を保つべく努力してみても、結果として斜めってるわけです。
 電子水平儀に私が秋波を送ってるのは、肉体的故障によって水平に構えることができないかもしれない不安がそうさせているというのに、受光部が斜めになってたら意味ねえじゃんかよ!

 銀塩時代なら機械的な欠陥で画面が斜めになるなんざ、99%なかったのにですよ。一部のカメラにはそういう欠陥があったものの、撮影後の原版を見れば一目瞭然。なのにデジタルではそのための撮影テストでもやんなきゃわかんないっていう。
 デジタルが当たり前になってから私がイラついてる理由のひとつは、こういった我が肉体に関わることもあったりするのですよ。

|
|

« とりあえず作付け終了 | トップページ | 暇な時期は雨ばかり »

バカ/モーロク」カテゴリの記事

コメント

サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
sdBd7vX1

投稿: hikaku | 2009年6月 1日 (月) 19:40

相互リンクの意図がわかりませんので、お断りいたしまーす。

投稿: ビヨ | 2009年6月 2日 (火) 19:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« とりあえず作付け終了 | トップページ | 暇な時期は雨ばかり »