« 本年初野営2009 (5) | トップページ | 旅に出てみたいっす »

話が斜め上に

 カメラ機材系の話を書くことは当分なさそうだな。ふとそう思いました。というのも、次期調達機をすでに決め打ちで狙い定めてるからだったりします。
 「いつ調達するか」だけしか考えておらず、いわゆる「見」の状態でして。俺が使いこなせるのかどうか。自分の撮り方に合っているのか。文句タレずに使う自信が自分にあるのか。
 そういったことを考えつつウンウン唸ってる時間が一番楽しい私なのですね。

 シャドウボクシングならぬシャドウショッピングでやんすね。脳内調達っていうか。脳内シミュレーションもそれなりにやります。それをやっとかないと後から調達しなきゃなんないものが出てきたりしがち。
 後からアクセサリーを調達しようにも、ネットであっても扱ってる店が皆無に近かったり、送料が載って無駄に高くなったりします。
 しかもカード非対応の店しかなかったりすると、平日の昼間に悠々銀行で振込ができる夜勤体制の時しかなかったりします。それならよく調べて一気に必要なものを同じ店から通販で買うほうがいいに決まってますぜ。

 高単価のデジモノは、たいてい通販がかなり安いっすよね。しかもインターネット出現以前の通販業者とはまったく違い、無店舗ほぼ無広告の利点を生かして価格を下げる代わり、できる範囲でお客さんのフォローをしようという姿勢の店が多いように思えます。
 ここ10年くらいで一般の地元店舗はかなり接客の基本をないがしろにするようになったと私の目には写ります。

 当地はおそらく日本一接客態度が悪く、それでも生活のために客は来るので店側は態度を修正しないという、悪循環客商売の典型であり、大手資本にヤラれてしまうワンパターンの理由は、この接客態度の悪さが部分的に内包されていると思うくらいなのでした。
 実際、よそから学業や仕事の都合で移住してきた人は、ほぼ同じことを感じるらしいっす。客を客とも思わぬ態度か、さもなくばイヤイヤやってるのが丸見えのマニュアルなぞり応対。
 マニュアルで済む客商売ならば、ロボットに接客してもらったほーがまだいいと私は感じたことがあります。そのくらいテキトーな土地柄なのではありますが。

 営業+客商売出身の私は見る目が厳しいと思ってるそこのあなた。そうでないのよ。学生さんとか大学教授が口を揃えて同じことを口にすんの。同じ日本のはずなのに、秋田は目立って接客態度が悪いって。
 帰秋組で当地に暮らして15年の私でも、同じことを感じますもん。チェーン店コンビニでさえ腹が立つことあるくらいですから。
 しかも何十年も前から同じことを指摘され続けてるってのに、ほとんど向上することがなく、逆に低下してるってのは、もう県人のメンタリティに理由を見つけるしかありませんね。

 鈍感すぎるバカ県民性についての話はとりあえず置いとくとして。

 田舎で暮らしてると、品揃えと接客が悪い地元店で買い物する気がなくなっちゃうんですよ。たいていは2~5割ほど高い価格ですしね。通販の送料を考えればどーのというレベルにすらないんです。
 地元で買い物するより品揃えが良く、取り寄せに関してもアナウンスしてくれて、アフターフォローも最低限やってくれるとなれば、地元で買うメリットは「現物を手にして確認できる」以外になにもなかったりします。

 こんな部分にもね、地方の商業が衰退していく要因はあるのですよ。努力しなくてもうまくいってる店があれば、努力してもどうにもならない店は確かにあります。でもね、努力せずに朽ちていってんですから、当地の店が潰れてくのは盛者必衰の理でしかないのかなと思います。
 そんなわけで、送料を考えれば地元で買うほうがマシ、という全国チェーン店だけが繁盛すんのは当たり前のことなのですね。

 ああ、いかん。TC-1の話に誘導するつもりが、なぜか客商売の話になってしまいました。どのへんで方向を間違えたんでしょ。
 現行機について書くネタはなにもない代わり、TC-1マンセー話を書く予定だったんですが。スミマセン(ノД`)

|
|

« 本年初野営2009 (5) | トップページ | 旅に出てみたいっす »

ローカル」カテゴリの記事

コメント

ビヨさん、相当きてますね。この秋田の商売の話には私も納得です。以前に日本海側のある都市で日本地図がひっくりかえって秋田側が太平洋に面している地図を見たことがあります。インパクトありました!この時は日本海側からの情報発信と思いましたがでも実情はちょっと違ったようです。先輩から「川が流れる方向が逆なんだよ」と教えられて商売の違いを理解しました。日本海側の商売はもとが京都・近江方面の商売がベースとなってると思います。北上するにあたってマイナーな部分が凝縮されてきているような気がします。
次期導入機種FX楽しみにしています。

投稿: cabu | 2009年5月 6日 (水) 20:28

ご無沙汰しておりました。
実は私、4年前に秋田に移住した者なんです。
秋田は、よい所が沢山ありますが、確かに接客態度には我慢できないものがあります。
私も通常の人と比べると、カメラ等を沢山買う人間で、値段が多少高いだけなら地元(秋田市ではありません)で買おうと努力しますが、現在は、通販がメインです。
地元の老舗店は、ヤフオクなどには安く出品し、地元では高く売るのですよ。
あまり値引き交渉する人がいないからかもしれませんが・・・。

時に、これはサービスのつもりなんだろうなという勘違いもあります。レンズを買ったら、頼んでもいないのに保護フィルターを付け出して、しっかり値段を上乗せするとか。
お断りすると、突然横柄な態度になり、しかもそのフィルターは新品の棚に戻す始末・・・。
これで商品取り寄せなら、通販になりますよね。

追伸:実は拙いブログをやっております。一度見て頂ければ幸いです。


投稿: 6x6 | 2009年5月 7日 (木) 08:15

Cabuさん >
秋田の接客態度の悪さは、一言で表現するなら「そういう伝統」なのかもしれません。先輩や上司がテキトーだから下っ端もテキトー。綿々と続くテキトースパイラル(^^;
地図が逆さまになってるやつは、おそらく元は表日本と裏日本の逆転というような意味合いで作られたものと記憶しております。
大陸側から見たら、日本海沿岸の日本列島が表玄関なのだよ、と。
川の流れが逆だっていう話は含蓄ですね。
 
6×6さん >
実はたまにブログを拝見させていただいてます。私のような馬の骨代表としましては、コメントをつけるにつけられない馬鹿の引け目がありまして(^^ゞ
ところで、秋田で昔から言われ続けてきている商売に関することのひとつに「秋田は形のないものにカネを払いたがらない土地だ」というのがあります。
地元のサービス専業社が育たない理由のひとつで、芸術家が育たない理由のひとつとも言われています。
付加価値、手数料、サービスそのものを売ることが成り立たないとなれば、現代的な仕事は成り立ちませんよね。そのへんにも商業低迷の理由は見つけられそうです。


投稿: ビヨ | 2009年5月 7日 (木) 12:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本年初野営2009 (5) | トップページ | 旅に出てみたいっす »