« きのうの続き | トップページ | 泥沼から離脱を図る »

キタよ

 新年度開始に当たり、ドカンと発表してしまおうかと思う。ビヨさん、とうとう県知事選挙の裏方に抜擢されてしまった( `・∀・´)ノヨロシク

 候補者名は書かないでおく。いろいろと差し障りがたくさんある時期なのでな。選挙に向けての宣伝と受け取られると困るのであった。

 選挙そのもののブレーンは、百戦錬磨の立派な専門勇者がいらっしゃるので、私の出番はまったくない。
 だいたいにおいて選挙なんざシロートの私なのである。サンダル履きで投票所に行き、鼻をほじりながらぼんやり投票して、帰宅していきなりプシュっと開けて飲み始めるのが関の山である。
 問題は選挙後の話であり、政策ブレーンとしてお呼びがかかった。

 候補者本人が当選しようがしまいが、今の秋田は待ったなしの状況であり、なにかをやらなきゃヤバい。それは事実なのである。ただ、どうしたらいいのかがわからない。それが大多数の県民の意識かと思われる。

 現状の維持と進展。すなわち地場産業と農林水産業の振興を推し進める政策も必要なものながら、それだけではいつか限界が出るかもしれない。
 一次産業は労多くして益が少ないものである。二次三次と流通が進んでいくと利益が大きくなっていくものだ。生産者としての工夫と努力は、なんぼ頑張ってもいずれ限界が訪れる。秋田県という大きなパイでやってるとそういうことになっちゃう。

 市町村よりも小さな枠組みで、それぞれ特化した生産が必要であり、上部組織である県はもっぱら生産物流通と販促を担当する。
 不器用で情報音痴の秋田県民は、いいモノを作ってもそれを販路に乗せられず、モタモタしているうちに他県にパクられる繰り返しなのだ。それをまず解消せねばなにも始まらない。必要なのはセールスマンなのである。

 でも私はそのセールスマンを担当するわけではない。私のバックグラウンドとして、東京で仕事をしていたことがあり、父の仕事の関係で各地の観光振興の裏ブレーンをやっていたことがある。帰郷してからは地元の観光業者と親しく接し、廃村探索などで山間地なども見て回っている。
 秋田県を客観的に見ることができる感覚を持ちつつ、観光業者の現場を知っていて、あちこちフラフラと出歩いていて、しかもセンスが斜め上というところを買われたようだ。喜んでいいのかよくわからんが。

 つまり秋田の観光産業のアレンジャーとでもいうか、斜め上のセンスで提案する役目のようなのだ。普段からあーせいこーせいと、このバカブログに書いているようなことをやれと。
 「あたしゃサラリーマンやってるし、専従ってわけにはいきませんぜ。」スカウトマンにそう述べてみたら、おめーは夜勤に入ることがあって、平日でも動ける時があるべと。一泊二日の首都圏への出張も可能だべと。うむ、確かにその通りである。よく観察してんな。

 めた朗さんの話もされた。おそがけ新聞の主筆である。彼もサラリーマンなのにあのくらいのバイタリティを発揮している。家庭持ちじゃないし、時間の余裕が彼よりもあって、同じことができないわけがない。
 「いや、私は根っからのインドア派。フットワークがイマイチなので・・・・。」そう言い訳しても、野営したり撮り歩いてるのを指摘されたらなにも反撃できず(;´д`)
 「最近はもう独身の気楽さと中年の老化が重なって、ものすげーいい加減なんですよ。目指せ高田純二ってな具合でして・・・・。」
 おお、それは幸い、そういったセンスが今の秋田には必要なのですよ。あなたには着想だけしていただければいいのです。実行は私どもの担当ですので。

 私は言い訳が苦手だし、ウソがつけない性格でもある。従って、事実を突きつけられると大変に弱い。しかも受け身の立場になると弱気一辺倒。ペコペコしてしまいそうになる。
 最後の砦と思っていた兼業禁止。ところが我が社にはそういう規定がない。逆に自分で責任が取れるならなんぼでも兼業していただいて結構という姿勢だったりするので、もう私には逃げ場がない。
 そんなわけでスカウトマンのペースに乗せられて「ウン」と言ってしまった。数々のセールスや詐欺、あるいは宗教勧誘の類を冷酷無惨問答無用に蹴っ飛ばしてきた私であっても、
自分をすべて把握されてる現実の前には反撃の武器があまりにも少ないのであった。

 やるとなったら肝心のギャラの件を聞き漏らしてしまった。まさかボランティアということはあるまい。などと、稼いだカネをすぐ物欲へ注ぎ込もうとする浅ましさ。
 買い物を無理に踏み止まっている昨今。ちょっとサイフの紐が緩むと大変なことになる。実はきのうも無駄に生活費を散財してきたんだがなorz

 GRD2買うかあ。← 結論はそれかよ

Img10066_2

 

|
|

« きのうの続き | トップページ | 泥沼から離脱を図る »

バカ/モーロク」カテゴリの記事

コメント

今までの知事選は特に興味なかったものですが、この状況下秋田県民として4人立候補者の演説をマジに聞いちょります。誰でもいいやという感情は辞めて真摯に投票しようと思ってますよ。
観光復興でまず秋田に足りないのはまず道路事情でしょうかね。ETC搭載で高速道路が千円で乗れるとしても、本荘由利地区から仙台に行くまでは陸の孤島でして秋田道をいったん北上してから南下して横手から岩手に抜けるか、酒田まで南下して山形道を走るしかねっす。仙台や東京行きを考えると早く酒田までの東北沿岸自動車道が延びてくれればと思ってますよ。以前にビヨさんが散策しようかとあった獅子ヶ鼻湿原や元滝、マイナーではありますが冬師湿原なんかは観光地化になりそうと思うのですが、まずはここまでに辿りつく道路事情が・・・

ん?今日は4月1日・・・エイプリルフール?? まさか・・・(^^;

GRD2は安価になりましたな~、自分も購入欲大です。

投稿: ジン | 2009年4月 1日 (水) 12:39

エイプリルフール?
それともマジネタ?
マジでもイケそうだよね、実際に。
ホントだったら面白いなぁ。
裏話ヨロシコ

投稿: ぴゅんぴゅん | 2009年4月 1日 (水) 18:43

ゴブサタしております。よばれましたメタローです。

実は私も立候補したところでして。4月1日なもので。

私、会社は辞めました。
ウゴポリーを売り出した時、会社にいるのは難しくなりました。
今はいろいろやっている超零細自営業者です。

投稿: メタロー | 2009年4月 1日 (水) 19:54

ジンさん >
私も今回の知事選はシビアに各候補者のマニフェストを検討しましたよ。相変わらず耳障りのいい原資不明の公約を述べてるバカはいないかとチェックしてみたり。
2強対決かな、と思いましたですね。従来型の指示しておしまいっていう公約の候補者じゃ、今の時代は乗り切れません。
密かに私は高速道路反対派でしてね。おかげで秋田に来やすくなったとはいうものの、帰りやすくもなったわけで、地元にオカネが落ちなくなってる構図を知ってますもので。
かてて加えて天邪鬼ですんで(^^ゞ
 
ぴゅんぴゅんさん >
もしかして騙されかけた?んなこたないか(^^;
私のような知性も品性もない人間が秋田の観光の舵取りなんて、そんなもん起こるわきゃありまへーん。
そのへんをウロウロしてヘタクソなカットを撮るのが関の山(^^;
 
めた朗さん >
あいや、書き込みありがとうござんす。会社をお辞めになってたんですなあ。
以前のプロフィール写真のイメージが強くてですね、オフィスでデスクワークしてるとばかり。
自営業なら節税で勝負するしかありまへん。いや、ここだけの話なんですがね、個人業者でオフィスを構えていない場合ですね、ご自宅の(以下略)

投稿: ビヨ@夜勤明け | 2009年4月 2日 (木) 12:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きのうの続き | トップページ | 泥沼から離脱を図る »