« ネタ2本 | トップページ | ソロテント考(11) »

夜勤づいてる件について

 休日出勤の帰りにATMへ立ち寄り、なにげなくオカネを引き出してみたら、千円札でゴッソリ出てきてひっくり返るとこだったよ。サイフがブ厚くなって金持ち気分!(大きな誤解)

 すってんてんになってから預金を引き出す習慣があるセコい私は、千円札をいくつか用意したいがために、たいてい引き出し指定金額に端数がつく。本日は3万5千円であった。
 つまり35枚の千円札が出てきて、一瞬「へへへ。ATMめ、とうとう間違いやがった(^o^)」と35万円が出てきた手の感触だったのに・・・・。
 ひょっとしたら「3万5千」ではなく「35千」とかキーを押しちゃったのかもしんない。千円札ばっかりで引き出すキーの押し方があるって前に聞いたことあるぜ。

 危険である。千円札ばかりなので、自分が正確にいくらの現金を持ち歩いているか把握できない。小さな金額に抵抗感がなくなりやすい。
 まさかカメラなんか買ったりはしないが、ホムセンでふと見かけた安物短波ラジオなんざ、あまりの安さに前後不覚になる可能性が高い。「こんなに千円札があるんだもの。3千円くらいたいしたことないよね」なんてことになりかねなく、大変危険である。
 また、サイフの中が千円札ばかりというのも、なにやらパチンコ好きのオッサンみたいであり、ちょっと見られたくないサイフの状態だなあ、なんて思うのだ。

 話は変わる。

 実は再来週からまた夜勤体制だ。中1ヶ月の登板である。夜勤体制に入ったらたぶん2ヶ月は続くから、ゴールデンウィークは見事に夜勤体制の真っ只中だ。去年もそうだったよなあ。
 長く連休が続いたとしても、どうせ「どこに行っても人ばかりで混んでて無駄な時間を浪費するんだろうな」なんて決め付けて、飲んだくれてるような気がしないでもないので、逆に祝日出勤の手当で稼ぐほーがいいか。そう思わなくもない。

 だいたいにおいて、再就職運動期間を除けば、社会に出てから私はまともにゴールデンウィークを休んだことなど一度もない。だからなにをやったらいいかよくわからんというのもある。
 世間が休みでもなんでもないというのなら、ETCをクルマに装備して割引料金を期待しつつ、あえてフラフラと東北を彷徨うのも手ではある。ガソリン代の都合さえつけば、こっちには野営という節約手段があるからなあ。

 連休期間に出社して変に稼いだカネは、かなりの高確率で物欲に消えていくのはわかりきってるものの。
 その一方で残念なのは、リストアップしておいた地元の祭りをかなりフォローできなくなってしまったこと。
 例年お馴染みの星辻神社例大祭はもとより、ゴールデンウィーク前後はほぼ全滅である。かろうじて5/5が休みなので、いくつかの祭りのうちのひとつに出撃できる可能性はある。

 夜勤体制の時に利点となるのは、まるで仕事をしなくてもいい人のような様子で平日から出歩けることだ。
 夜勤明けの翌日は必ず休みになるので、寝不足さえ考慮に入れないなら、まるまる2日動けるに等しい。休日の次の日勤を有給休暇とするなら、その翌日は夜勤なので、ほぼ3日半の自由時間が作れる。3泊4日に等しい。

 これが5月後半から6月にかけてなら、ものすごく都合がいい。当地では好天に恵まれ新緑を楽しめるチャンスが多いのである。
 山の中で一晩を過ごしてくる価値がこの上なく大きい。森の中で朝を迎えるのが気持ちいい時期でもあるのだった。

 でもその頃には週休二日の日勤に逆戻りだろーなー。誕生日に休日出勤を当てられ、お返ししなきゃなんないホワイトデーも休日出勤だものなー。
 んでETCの大幅割引が始まる前日から夜勤に組み込まれ、土日祝の割引だというのに、夜勤やってるとめったに土日祝には休めないわけで。なんだか裏目だよねー。

 まああれか。平日も土日祝もろくに休めなかった写真業界よりもはずっとマシか。そう思うことにしよう。あの業界は残業も休日出勤もすべてボランティアだったしね・・・・。

 

|
|

« ネタ2本 | トップページ | ソロテント考(11) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネタ2本 | トップページ | ソロテント考(11) »