« ソロテント考(11) | トップページ | 防砂林の威力について »

夜行列車について

 とうとう東京発着のブルトレがなくなっちゃったんだね。富士・はやぶさというダブルネームの列車が最後であったようだ。

 首都圏と九州を結ぶ伝統の長距離夜行列車が廃止になった。航空機路線に負けたともいう。現代人の時間間隔に負けたのかもしれんよね。「早く現地に着いたら便利」ってか。
 このへんは考え方ひとつなのだろうけれど、夜間の寝てる時間に移動できたら便利、という考え方も世の中にはある。ブルトレが廃止になっていく一方で、夜行急行が健在なのはそういう理由があるのだ。

 「夜行急行」ってとこがミソで、乗車券のほかに急行券があればいい。リーズナブルに済ませられるクラスである。
 そのへんをJRもよく理解していて、寝台車は使わないけれどもカーペット敷きのスペースを用意して、ほんの数百円の追加でカーペット席を利用できる。あとは持参のシュラフを展開するなり、好きに横になってたらいい。
 首都圏と九州や北海道という遠距離を結ぶ路線ではなく、例えば東北から関東とか、九州から大阪圏といった距離なら、急行で十分でもある。なにしろ夜は長い。急いで終点まで走る必要はない。

 ブルトレのネックは、慣れないと寝心地があまりよろしくない、という点かと思う。レールの継ぎ目を刻むリズミカルな音は睡眠を誘うとはいうものの、けっこう揺れるんだな。
 ここに着目して、あまりスピードを出さない安定性の高い車両を採用し、長距離夜行バスに倣って、普通の座席車を改造してリラックスシート仕様にしてみてはどうか。プライベートに配慮しすぎて個室化するより賢明であると思うが。

 実は貧乏学生の旅の手段として、依然夜行列車は利用されている。興味のある方は「ムーンライト」で検索していただきたい。そこに夜行列車復活のヒントが隠されているように思えるのは私だけだろうか。
 鉄道には独特の時間があると思う。短時間で移動するのではないからこそ、列車の中で過ごす時間にも思い出や価値が生まれる。
 速度重視の国内旅客機路線というのは、路線バスとたいして変わらない時間間隔のように思えるのだ。移動距離こそ大きいけれど、単に移動するだけの意味が大きい。そこが鉄道と一番違う点かと思う。

0059_1

|
|

« ソロテント考(11) | トップページ | 防砂林の威力について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

バックパックかついで鈍行列車の旅。
贅沢ですよね。
したくても、出来ないし・・・
やはり時間の壁。

リストラになったら考えます^^

投稿: ガキ | 2009年3月15日 (日) 12:10

私らの年齢でリストラ食ったら、きついでっせ~。再就職のアテがあるなら話は別ですが、経験者としてはとても鈍行の旅などに出る心境には(^^;
 
でもあの頃に野営道具があったのなら、間違いなく私は出かけてましたね。どこか遠くに。

投稿: ビヨ | 2009年3月15日 (日) 18:46

夜行列車には乗ったことないけど。
寝台列車は一度のりました。
日本海1号!で大阪から青森まで行って帰りました。
青函連絡船に乗る!という目的のために。
秋田もその時通過は、しました。
旅気分で友達と喋っていたので
あまり寝てませんが。
時折泊まる見たことのない駅が旅情を誘って
なかなか楽しい思いでになりました。
また乗りたい気もしますねぇ。

投稿: ぴゅんぴゅん | 2009年3月15日 (日) 23:18

ふと思い起こしてみたら、国内旅行で一番遠くへ行ったのって、高校の修学旅行だったりします。
定番の奈良・京都・・・・orz
 
「日本海」はまだ健在のはず。たまに遅れたり運休になってローカルニュースで流れますけん。
長距離移動を航空機と争うより、中距離を夜のうちに寝ながら移動できる手段として、夜行パスとは違う方向の路線網で生き残れないものですかね。夜行列車。

投稿: ビヨ | 2009年3月16日 (月) 17:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ソロテント考(11) | トップページ | 防砂林の威力について »