« 回帰と酔眼について | トップページ | また野営をサボったことについて »

勘違いビビリについて

 「どうやってインストールしたんだっけ?」とか「なんでVBをインストールできんの?」などなど、基本的に疑問符だらけのまま、新母艦にて更新してみる。

 旧母艦と同じ環境を作り上げたいというのに、なかなかままならん。動かないソフトが多いことに閉口。もー。仮想マシン化してパパWIN98SE動かしちゃうぞ!なんちゃって。

 話は変わる。

 地元で出回ってる粗末なミニコミ誌。1枚っぺらだから「誌」というよりも「紙」か。新聞を定期購読しない主義の私は、逆にミニコミ誌やフリーペーパーを熱心に読む。地元の親方日の丸新聞が、あまりにも地域の小ネタに弱く、むしろ読売の地方面やフリーペーパーに情報フォローの軍配が上がるという理由もある。
 また、掲載される写真カットが読売は上手であるけれど、地元紙は写真部を抱える意味がまったく存在しないのではないかというくらいヘタで、かなりシラケる紙面ではある。

 地元新聞を貶める話ではなかった。閑話休題。

 夜勤の合間にフリーペーパーを丹念に読んでたら、銃刀法改正の話題が載っていた。記事の趣旨としては、地域住民に刃物の警察提出を勧めることなのだったけれど、規制される刃物の寸法を見てあたしゃちょっとビビった。
 『刃渡り15cm以上の剣が所持禁止 → 5.5cm以上の剣が所持禁止』らしい。剣?そんなもんブラ下げて歩いてるヤツなんて、ベルサイユの薔薇くれえのもんだろ。

 意図的にあいまいな表現であちこちの媒体に紹介される今回の銃刀法改正は、基本的に両刃のダガーナイフの類について長さを規制してる。片刃は従来通り15cm以上が規制の対象である。
 あいまいな記事を読むと、刃渡り5.5cm以上の刃物を一律規制するように受け取れるケースがかなりあり、キャンピングナイフで捕まんのかと誤解したくなった私はちょっとビビったのであった。

 たぶん秋葉原で暴れた例の事件で両刃の刃物を規制することにしたんだと思うが、ダガーナイフじゃなくたってねえ。スパイクで急所を突くっていう手があるし。片刃でも刺すんじゃなくて切り開けばね、あっという間に出血多量だべさ。
 もっとも、子供の頃に危ないからという理由で刃物を触らせない日本の教育じゃ、お上が取り締まらなきゃ刃物ひとつ危険性を認知できやしない大人ばっかりになってんだろうねえ。
 火と刃物の使い方を知って、初めて大人の男と呼ばれる時代が人類は長かったってのにねー。

 片刃が規制されないんなら、とりあえず私には関係ない。包丁代用として使うため、スイスアーミーのけっこう大きなサイズを愛用してる。
 クルマの中には薪割用の斧も入ってるし、刃物規制の話題を耳にするとビビるんであるよ。斧と鉈とキャンピングナイフくらいは規制しないでいただきたいものだ。

 と思ったら、我が灰色の脳裏からにわかに記憶が蘇える。テクナのブーツナイフが我が家のどこかにあるぞ。両刃のやつ。昔、かなり流行ったモデルなのだ。
 ナイフとしてより工具として使い倒していたんで、もはや切れ味は鉈にも劣る程度になっているはずだが、処分した記憶がないぜ。

Tekna_b

 これこれ。米国から画像をかっぱらってきた。こういう特殊部隊風のケースじゃなくて、私のやつは皮のスリムなシースに入ったやつだった。

 半年間の猶予期間内に捜索したほうがいいのだろうか。それともボロボロの刃で殺傷能力皆無だから規制外に該当するんだろうか。刃がナマクラでも研げば殺傷能力アリってなことになっちゃうか・・・・。

|
|

« 回帰と酔眼について | トップページ | また野営をサボったことについて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

VBについては解決策を提示できなくて申し訳なく思ってます。
ナイフについて、みだりに携行したり・用なく携行するとパクられます。
車内に放置している場合も同様。
少なくとも用がある場合に、人目につかぬ所へ(工具箱等へ)格納するのが吉。
ちなみに、いわゆる十得ナイフもポケット等で携行するとパクられる可能性大(実例あり)です。
※銃刀法よりも軽犯罪法の方が幅が広いですから要注意

投稿: はも | 2009年2月 2日 (月) 16:21

ナイフね、私も持ってますよ3本。
スイスアーミーナイフと安来鋼のシースナイフとステンレスのシースナイフですね。
でもキャンプでも包丁持っていくんでほとんど使ってません
アーミーナイフは重宝することもありますけどね。

投稿: ぴゅんぴゅん | 2009年2月 2日 (月) 22:05

はもさん >
フフフ・・・・。VB6に関して諦めてみたら、作業がサクサク進んでいい環境になりつつあります。「ムフフフ」とほくそえみたくなる感じでやんすよ。
ナイフの件は、以前にも忠告されたっけね。軽犯罪法の絡みで。
薪割り用の斧を工具箱の件、早急に検討したいと考えちょります。
 
ぴゅんぴゅんさん >
オピネルの炭素鋼刃なんてシブいという伝説がアウトドア方面にはしつこくあるようですが、あたしゃシロートの研ぎしかできないので、ステンレス鋼主義。
包丁といえば。京セラのセラミック包丁に興味を持って早数年。実力はどんなもんなんでしょうね。
 

投稿: ビヨ | 2009年2月 3日 (火) 08:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 回帰と酔眼について | トップページ | また野営をサボったことについて »