« 空回り、もしくは挫折について | トップページ | 行ってはいけない沼について »

空回り、もしくは挫折について 2

Img_3827_2

 昨日はこんなカットを掲載したのに、今日はもういきなり真冬に逆戻りだ。

Img_3863_2

 アパートの玄関から出たら、いきなりこれだぜ。

Img_3865_2

 今日は外回りで、たまたま運転手じゃなかったので、こんな地吹雪スナップを撮ったりしているが、運転してるほうはたまったもんじゃないくらいの強風であった。
 ダブルキャブの4WDトラックが簡単に4輪ドリフト状態。風が強く路面が凍結してるからなのだ。
 気温はもちろん終日氷点下。時間が経過していくほどに気温も下がり、夕方の時点で気温は-4℃に達していた。

 さて、きのうの話題を続ける。

 小雨に降られつつ祭り会場へ向かう私の目に、高い気温と降雨によって崩壊した祠の雪像が入ってきた。
 その時点で「今年はハズしたな」と腹を括った。間違いなく私はタイミングを誤ったのであった。ハズレの年に来てしまったのである。

Img_2179_2

 おお。いぬっこ祭りなのだから、ワンコがいなきゃ話にならない。めんこい秋田犬の仔っこがいた。

Img_2180_2

 僕、まだ帰りたくないの。もうちょっとここにいるー。食い物屋の前で粘る素直な気質の仔っこなのであった。正直な姿勢でめんこい(*´∀`*)

 会場へ行っても雪像は降雨で形がなくなっているであろう。簡単に想像できるくらい雨が降っている。
 やがては雪に変わるはずだという天気予報を信じた私は、傘なんていう軟弱なものは用意してなかった。だいたい、傘を差していて撮れるわけなかろう。そういう思想なのである。
 なんぼ小雨とはいえ、1時間もウロウロ歩いてりゃかなり濡れる。祭りの露店スナップを撮ろうかと身構えたのに、雨のせいか客はあまり露店に寄り付いていないご様子。何カットか撮ったみたけどネ。

Img_2189_2

 ほれ、見れ。なんの雪像だかわけわかんなくなってる。このくらい雪像が融けてしまってるのだった。
 どうせ来るなら祭り初日の午前中を狙えば良かったんである。音楽CD12枚を強奪しに来たヤツを待ってボンヤリしてる場合ではなかったのだ。「僕、撮影の予定があるから」とぶっち切ってしまえば良かったんだよなあ。
 嘆いてみても後の祭り。シャレにもなんねえな・・・・。

 会場でも何カットか撮ってみたが、とにかく雨が気になって仕方ない。やがて私の身体も冷えてきた。頭髪に降り注ぐ雨で頭が冷え、カメラを持つ手が冷えてきて辛くなってくるほどであった。
 耐寒重武装のわりに頭髪は濡れて逆立ち、カメラ片手に会場を一人ノシノシと歩く背の高い中年は、イヤでも目立つようだ。暇そうな露店スタッフの視線が背中に突き刺さる。
 不良中年リーゼントにして来なくてよかったよ。雨に降られることを覚悟して整髪料をスルーしたのだった。

 どうにも絵にならない雪像と降雨に泣きつつ、とりあえず数カット撮ってみたが、レンズ表面が濡れて(実際は保護フィルター越しだが)絵がウルウルしてるのを認知していても、拭いたところでどうせまたすぐ濡れる。そんな諦め境地では、まともなもんは撮れねーわな。
 それでも今回は個人的に「撮る練習」である。まともなもんを撮ろうとは思っちゃいない。自分の腑抜けた撮影感覚にキックが入りゃ、それでいいのである。

Img_2198_2

 会場に響く音響に釣られて赴いた会場では、いわゆる「ヨサコイ」の発表会らしきものをやっていた。かっこよく表現すると「演舞」。地元のヨサコイチームらしい。
 暴走族と紙一重みたいなノリがあるヨサコイって、私はあまり好かないノリなのだけど、被写体としてはおもしろいものがある。とりあえず見物してみる。

Img_2202_2

 やってるほうは真面目にガンガンやってる。その姿勢に敬意を表してこちらも真面目に撮ればいいのに、収穫が少なくて消沈している身に気合は入らず、こんなトリミングしたカットで終わってるのが申し訳ないのであった。
 久しぶりに動きのある人物を撮ってみて、やはり自分は撮る能力がものすごく劣化していると実感するのでありますね。
 どうせISOを上げてカバーできるデジタル機なら、望遠ズームを用意してもよかったのかもしんない。タムロンの例のズームをさ。

 雨がやたら冷たくなったと思ったら、気のせいではなく濡れ雪から普通の雪にすぐ変わった。気温が急降下している証拠だ。天気予報通りである。
 しかし私の頭の中では「湯沢でなんも収穫がない → この調子だと横手のかまくらも形が変わるくらいに融けてるに違いない → このまま気温が下がって雪が降ったとしても、変形かまくらに雪かよ」といった感じで、基本的に帰るモードに入りつつあった。
 クルマを停めた場所まで濡れネズミのまま歩いていく気にはなれない。私は素直に市内循環バスに乗った。祭り期間中のみ運行のシャトルバスだ。

Img_3841_2

 どこまで乗っても\100のわかりやすいシャトルバスである。会場近くの乗り場からグッタリしつつ乗車。

Img_3835_2

 ちょっと変なスナップを撮ってみたくらいにして(^^ゞ

Img_3844_2

 うむ。来年はシャトルバスを有効に利用して撮り歩いてやる。しかも一人で来るのはやめておこう。寂しすぎるからな(^^;

Img_3852_2

 用意したのになあ。完全に機材に気合が負けてた。ヘタレてんだもの。28Tiはなんにも撮影カウンターが進まなかった。たぶん3カットくらいしか撮ってない・・・・。

 天候は予報通りに雪となり、もちろん気温も低下の一途。湯沢から横手へ向けて移動するにつれ、山の中から平地へ移動するがごとく、気温は徐々に上がり雪も濡れ雪になりつつある。
 だが私はもう横手を歩く気をなくしかけている。かといってここまで出張して来て帰るのもつまらん。
 というわけで十文字のラッキーへ寄り道。ここには昔からアウトドアショップが入ってるのだ。昔から「ブランド無視の一律値引き」で有名な店があるのだ。通販で買うのもアホらしい小物を買い求めてみるというのはどうだ?

 だがいつの間にかアウトドア色が薄くなり、釣具とウィンタースポーツ系が台頭してやがる。季節的なものだろうか。
 ヨソじゃなかなか置いていないものがあるのは変わらないが、アウトドア色は明らかに薄くなっている。
 しかも、勇んで買い物しようとしたわりに、私の財布の中は予想外に軽かった。そうだ。緊縮財政に移行したんだっけ。忘れてた。

Img_3861_2

 モンベルのインナーグローブと、舶来のヘアバンドを買ってみた。インナーグローブなのだが、私は普通の手袋として使うつもり。
 撮影用のグローブが欲しかったのだけど、これはどうかと思った釣り用のグローブは左右共に指3本が指抜きだ。左手は抜けてなくていいんである。右手だけ抜けてりゃなーと思ったものの、そんなハンパなグローブなんざ商売になるわきゃない。
 そこで指抜きの発想を捨て、普通のグローブにし、指先の感覚を奪わない程度で保温性がありそうなものとして探したら、これになったという次第。

 ヘアバンドはなかなか秋田みたいな田舎じゃ売ってない。二つ折りにして使えばヘアバンド。広げて使えばヘアカバーってな具合になる。
 Coolmaxとかいう冷感素材を使用しており、主に夏場向けの商品ながら、私は今までバンダナ以外の対応を知らず、こういった商品を初めて手にしたのであった。
 伸縮性のある素材である。柄のセンスの無さは責めないでおくれ。こういった小物は派手好みなのよ(^^ゞ

 で、十文字で寄り道しただけならともかく、ほかにも余計なことをしながら国道をダラダラ走って帰宅した。
 横手のかまくら?横手も来年にリベンジを回すわ。私のハシゴ行に着いて来れる人材がいればいいんだが、いなきゃまたどうせ単独行なのだ。わはは。

|
|

« 空回り、もしくは挫折について | トップページ | 行ってはいけない沼について »

ローカル」カテゴリの記事

コメント

BBSから連続で入り込んですみません。
秋田県に住んでいながらなかなか冬の祭りに
足を運ぶ事が少なくなりましたので、
一度ビヨさんとハシゴ行ってーのもいいかも?(笑)
しかし先週迄とは違い今日の雪もすごいね、
あ~帰宅時、車を脱出するのが難儀だ・・・・

お散歩用としてニコンD40にコシレンのウルトロン
40mmF2をずっと狙っているのですが、
カラースコパー20mmF3.5が出るらしいですね。
しかもFマウントとKAマウントととして!
まだコシナのHPに製品紹介が無いのに、
フジヤカメラやマップカメラ等に
予約受付が出ております。
ビヨさんから見てこのレンズどう思われますか?
銀塩ならまだしもデジタルには使えん!
なんて言わないでよん。

投稿: ジン | 2009年2月17日 (火) 12:28

今日は会社のトラックを脱輪させて、側溝にハマって大顰蹙でやんした。またバカ呼ばわりされるな・・・・。
 
勉強不足の私はD40にコシレンの組み合わせといっても、具体的に想像ができない体たらく(^^ゞ
私が気にするなら、ちゃんとデジタル向けのレンズなんだよね、という部分と、いわゆる焦点距離換算で自分の使いやすい画角になってるのかというところですね。
いわゆる1.5倍換算なら、40mmは60mm換算で私には苦手です。20mmでほぼ30mm換算。私が選ぶなら20mmレンズでしょうね・・・・。

投稿: ビヨ | 2009年2月17日 (火) 18:43

雪祭りお疲れ様でした^^
終わったら雪がふってきましたね。
土曜は私も旧西木村のマイナーな門屋のかまくらと言うのを見に行ってみようと思ってたのですが、くしゃみ・鼻水が止まらず断念しました。

投稿: bean | 2009年2月17日 (火) 21:28

誕生日にMailしよかと思ったけど、おっさんからHappy Birthday! なんて言われても大してうれしかないべか?

モンベルのインナーグローブは、とても良いですよ。私も愛用してます。
暖かいだけじゃなくて、少しくらいの細かい作業ならグローブ脱がずにできちゃう。

投稿: Tago | 2009年2月18日 (水) 13:04

old-beanさん >
門屋のかまくらっすか?不勉強にして知りませんでした。
私の場合は、秋田の冬祭りってば、ナマハゲ柴灯祭りと大館のアメっこしか知らなくて。
メジャーどころをまず押さえようと思ったんですが、なにもハズレの年に行かなくてもねえ(^^ゞ
 
Tagoさん >
いやいや、お気持ちだけでありがたいもんです。だーれも祝ってくれなくて当たり前のチョンガーっすから。
モンベルのグローブはクリマプラスのやつにしようかと思ったんだけど、カメラ操作用なら柔らかい素材のほうがタッチがいい気がして。
ラッキーの店頭であれやこれやと手にハメまくった結果でやんした。

投稿: ビヨ | 2009年2月18日 (水) 18:17

すみません。ちょろすな163に今頃気付きました。
練習カットなどと謙遜してらっしゃいますが、
中々どうして、ビヨさんの腕前はまだまだ鈍って
ないと思いますよ。とても良い刺激になりました。
いつもながら、m(_ _)m

投稿: Kizao | 2009年2月21日 (土) 00:03

駄作の群れの中から、比較的マシなものを羅列したに過ぎません。頭の中でイメージしてたカットには数段及ばなかったのでありますよ・・・・。

投稿: ビヨ | 2009年2月21日 (土) 16:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 空回り、もしくは挫折について | トップページ | 行ってはいけない沼について »