« アウトバック その12 | トップページ | ペンタコーン! »

販促とオジサンについて

 オジサンは若い女性に弱いのかもしれん。というような主題で長々と書こうかと思ったが、話の展開上、思わぬ告白をしたりすると大変なのでやめとく。

 実は今日、仕事の帰りに、久しぶりに家電屋さんへ行ってしまった。ひょっとすると1年くらい足を運んでなかったかもしんない。そのくらい久しぶりである。
 実は地デジのテレビを見に行った。買いに行ったのではない。あくまで見に行っただけなのだ。
 横長画面のテレビの画面寸法というものが体感できず、私はどのサイズを買ったらいいのかとわからなかったので、とりあえず現物を見に行ってみた。

 うーむ。やはり26インチないとつまらなそうだのう。そんな具合に確認し、とりあえず画面サイズを認識して安心した後は、もう10年くらい不動品になってる我が家のオーディオ系がなんとかならないものかと物色したり、あるいはトラックボールを探してガッカリしてみた。

 そういえば901XにはBLUETOOTHが内蔵されてたっけのう。コードレスでもいいからトラックボールはないものかとウロウロしてたら、複合プリンターっつうのけ?スキャナやらなんやらがひとつになったプリンターのコーナーに迷い込んでしまい。そこで販促のねえちゃんに捕まってしまったわけで。

 別にー、あんたに個人的な興味があるわけじゃなくてー、仕事だから仕方なくやってるわけでー、接客してんの見張られてるしー、ホントは買ってくれてもくれなくてもどうでもいいと思ってるんだけどー、売れればアタシの株も上がるわけでー、ギャラもインセンティブついたりするんでー、こうして口上述べてんだからー、少しは興味あるようにしてくんない?

 そういったふざけた販促アルバイトが多い当地ながら、久しぶりにマジの販促ねえちゃんに出会ってしまった。
 あたしゃ買う気ねえもんだから、目も合わせずテキトーにあいづち打ってたんだが、トークがなかなか鋭く、かつ爽やかなので、ついねえちゃんのツラを見てしまった。あーら、真面目そうなかわいい子じゃないの。

 年賀状作りたいんだけど知識がなくて困ってる肉体労働系オジサンに見せつつ、たまに意地悪な質問を繰り出しても、きっちり返答するばかりか、こちらの機種はお値段が高くなりますがこういった機能がございますと、大変わかりやすく説明してくれる。
 んー、説明されるのが気持ちいい。声といいトークといい、もっと話を聞きたくなってしまうのである。なんて爽やかな販促なんだろ。これは買いたくなってくるよなあ。
 危うくクレジットカードを引っ張り出しそうになった。もっと話を聞きたくなるので、あれこれ質問したくなってくる。

 あ、ヤバい。買いそうになってる。かろうじてそう気がついた私は、なんとかカタログを手渡される方向へ話を持って行き、「カタログでいろいろ勉強してみます」と逃げたのだけども、ありゃプロになれるぜ。接客業向き。
 10年前なら間違いなくスカウトしてるね。名刺渡して「期間が終わったらウチに来てみませんか?」と誘ってる。ああいう人材が部下にいたら、どれほど安心できることか。

 接する人が爽やかな気分になってしまう雰囲気は、簡単に身につかない特技である。不愉快になってくる人材が多い昨今の販促なのに、あの爽やかさは貴重であった。買う予定ないのに買いそうになっちゃったもんなあ。
 彼女のトークに負けそうになったのか、それとも単に若い女の子に弱くなってるだけなのか、そのへんはどんなもんなんだろーかと、帰宅してから考えてたのだけどもね。

 職場の忘年会恒例で、コンパニオンの姉さんが来場した。ほとんど女性と接点がなくなって久しい私は、もう女性を見ても年齢が推測できなくなってるし、スーツなんぞ着ちゃってビッと決めてるコンパニオンの姉さんなんかは、もうわけわからん。
 けれど自分がオッサンになってると自覚してるせいか、ある程度年齢が離れてるとわかれば、逆に平気でトークできるようになってんのね。

 相手は下手すりゃ自分の娘くらいの年齢である。若い頃に種付けしてりゃ、いてもおかしくはない私の子供っていう年齢だ。年齢が離れてるからこそ平気ってのは我ながら意外なことだけど、これを世間では「開き直り」っつーんだと思う(^^;

 何度か膝をグイグイと押し付けてくる姉ちゃんがいたりして、何人かとちょっとだけ仲良くなってみたりなんかした。
 珍しくモテるなーと思ったら、いつもと私の姿が違うんだわ。実はものすげー髪の毛を伸ばしつつあって、そのまんまじゃ職場で顰蹙だから髪を上げてんのよ。言うこときかない髪なので、DEPでガッツリ固めて。

 ええ、水商売系にはなぜか評判がいいのですよ。年齢なりに髪を短くしときたいのに、周囲の異性からは不評なんですな。文句タレるのはオフクロくらいのもんで。
 これぞ不良中年っていうヘアスタイル。この場合の「不良」は、ツッパリってーことでなくて、不良品の「不良」な(^^ゞ

 枕のつもりで書いた話が、ちょっと長くなっちゃったね。某Kizaoさんからネタをご提供いただいてるんだけども、次エントリーにて勘弁願いたい。ヒントは↓ね。

Img_1957_2

 

|
|

« アウトバック その12 | トップページ | ペンタコーン! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

レンズ貰ったのね。
それもペンタで使えるやつを。
え、違う?

投稿: ぴゅんぴゅん | 2008年12月15日 (月) 18:18

色々と同級生がらみでご厄介を・・・
おねーちゃんつながりってことでお許しをm_ _m

さて、この1年ほど同級生との飲み会ってか、毎月、後輩の歯科医のホームパーティーに行っていて、同級生のおねーちゃん(というよりも年齢的にはおばさんってのがね^^;)と話していて感じるんだが、やっぱりおかれている立場で若いままかおばさん化しているか別れるような気がするね。
おいらも、最近は、イヤーカフスで楽しんでいたりする(笑)

投稿: くれーん | 2008年12月16日 (火) 10:19

ぴゅんぴゅんさん >
鋭いなー。そういうわけで次エントリーなのでした。
 
くれーんさん >
まあ、ホームパーティーですって。奥様、聞きました?毎月ですって。
やっぱりお医者様って優雅よねえ。アタシも普通のサラリーマンなんかといっしょにならなきゃよかった。やっぱりお金持ちよねえ。
ウチの亭主ったら、リストラに遭いそうだとか、すごく不安になるようなことばかり言うのよ。最近は売り上げも少ないらしいし。
アタシもパート辞めなきゃならなくなるかも。どこかいい勤め先ないかしら?
 
そんな愚痴が頭に思い浮かびましたが(^^;
 
地球が太陽の回りを一周することを基本にした時間の流れと、肉体内の時間の流れは必ずしも同一ではないですからね。
いつまでも「汚れてない」人ってのは、ひとつの魅力だなと、最近気がつきました。世の中と取引などせず、自分を保持するために努力してる人っていう意味で。

投稿: ビヨ | 2008年12月16日 (火) 12:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118262/43419673

この記事へのトラックバック一覧です: 販促とオジサンについて:

« アウトバック その12 | トップページ | ペンタコーン! »