« 懐古 | トップページ | 愚痴る »

ホットサンドメーカーについて

 クーリングオフの期間が終わったらパタリと連絡を寄越さなくなる保険屋って、あからさまに正直な姿だよねえ(^^;
 2週間になるのに、領収書も証書も届かないしー。こっちから連絡すると迷惑そうだしー。しかも担当者が申し込んだ時の人と違うしー。

 保険屋さんに限らず、田舎の勧誘系の仕事してる人って、基本的に客のことナメてるよね。客の顔がカネにしか見えんのでしょ。
 ハンコ押させたらこっちのもん。そう思ってるんだろうな。どっこい、あたしゃ金銭的に損してでも気に入らないものはすぐ契約破棄する性格なのだよなあ。かわいそうだから保険会社名は書かないでおくけど。

 話は思いっきり変わって。

 ホットサンドメーカー、というものがありますね。昔からあるのは、フライパンを2枚重ねにしたようなスタイル。電気式のもあるらしくて、ワッフルも作れちゃうらしいぜ。
 どういうわけか私はホットサンドというものに妙な憧れがあり、数年前から手を出してみたかったものの、あんまり高いのは買いたくなくて、安い出物がないかなーと日々ホムセンで物色したりしてる。
 けれど世間では流行が終わってるようで、最近はめっきり見なくなった。やたら重かったけど安かったやつ、買っておけばよかったかな?と後悔しなくもない昨今。

Trame_2

 アウトドア系だとスノーピークから『トラメジーノ』っていうのが出てる。食パン1枚×2面っていう感じのサイズか。現物を見たことあるけど、わりと大きくて重い。なにより高い(^^;
 んー、私には贅沢品だなーという感じで、何度か現品の棚の前をウロウロしたのだけど、結局あきらめてしまった。

Trame_01

 ホットおにぎりサンドかあ。スノピはこういう見せ方が上手だよね。極小サイズのダッチとか、物欲好きを刺激する商品がたくさんあったりして、世の中にスノピ主義者がたくさんいるの、よく理解できちゃう。
 国内ブランド応援派の私としても、スノピの商品は買いたいのだけど、惜しいかな、なにかが欠けてる気がして、いまひとつ手が出ない。その「なにか」は自分でもよくわからんのだけどもさ。

 なにも野営でホットサンドを食おうというのではない。柄を折り畳めなくてもいい。ちょっとホットサンドというものをやってみたいだけなんである。ハマると奥が深そうな世界だが、少し触れてみたいだけなのだ。

 で。我が野営に必須のサーマレストを補修すべく、ホットボンドリペアキットを調達しようと思ったんだが、例によって通販では送料で泣くくらいの単価である。それならついでになんか買うべーと、ふと目についた安いホットサンドメーカーをポチッてみた。

Img_3577_2

 バウルー。その筋ではかなりメジャーな存在のようである。

Img_3600_2

Img_3599_2

 なにやらメキシカンな雰囲気が漂うパッケージである。イタリアっつーより、私には中南米系のセンスのように思えたぞ。

 現物はトラメジーノの半分っていうような大きさで、食パンを二つに切るといいサイズなのかもしれん。薄手ながら丈夫な作りで、これなら短時間の加熱ですぐ作れちゃうねって感じー。
 うん。実はまだ試してない。だってよー、パンを食う習慣がないものだから、スーパーに行ってもパンコーナーに近寄らないのよ。んで帰ってきてから「あー!パン買うの忘れた!」みたいな。
 ライスバーガーこさえて夜勤のお弁当にしちゃうっていうのも楽しい気がするけど、ラテン系のパッケージにライスバーガーはねえよなあ。なにかオシャレなもんでもこさえたほうがいいのではないかと思ったり。

Img_3583_2

 おお。イタリア商事ってえくらいだからイタリア直輸入か?と思わせておいて、製造元が新潟だったりする(^^;
 金属モノは新潟が盛んなので、これでいいのである。燕三条は台所周辺の金属製品を一手に引き受けてるイメージがある。パール金属とかね。

 ちなみにアウトドアブランドのキャプテンスタッグはパール金属の一部門だったりする。実販\1,980のガスストーヴなどは、普通に使っても10年じゃなかなか壊れないっていうくらいのクオリティらしい。
 予備のガスストーヴは、スノピとかやめといてキャプスタにしとこうかと思ってるぜ。

|
|

« 懐古 | トップページ | 愚痴る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

懐かしいものを^^
昔、SPの社長に今度秋田に社員が出向いてデモをするから・・と言われ見に行ったのですが、景品だけもらい買わないで帰ってきました^^/
A&Fから出てる柄の長い焚き火にグサッとさせるのが欲しいです。

投稿: bean | 2008年12月 2日 (火) 21:17

もしかしてワッフルメーカー?
 
そのほかは見つけられませんでした(-_-;)

投稿: ビヨ | 2008年12月 2日 (火) 22:06

おー、自分は、40年近く前に母親が買ってあったヤツを使ってるよ。
たぶん木ノ内で実演販売にはまって、買ったんだろうなと思われるやつ。

キャンプの朝食では結構活躍するんだよ。
ちょっと寒くなった時期はとっても重宝しますよー。

投稿: Tago | 2008年12月 3日 (水) 19:02

木ノ内w
 
パンの耳を落とさないときれいにいかないのだ。普通そうなのかな?
とりあえずキューピーのツナマヨでやってみたよん。
 
ところで。その後は恙無く過ごしてますか?

投稿: ビヨ@勤務中 | 2008年12月 3日 (水) 23:18

実は、7月から勤めてたとこを11月いっぱいで辞めて、今週から新しい職場に出てます。
この一年は、いろいろあったです。。。

コツは、バターをたっぷりメーカーになじませるのと中身には生野菜をたっぷり入れること。
パンの耳は、とらなくても大丈夫だけどな・・・?
はみ出して黒くなっちゃったら食べなきゃいいだけ。

投稿: Tago | 2008年12月 4日 (木) 16:45

某社は肌に合わなかったかあ・・・・。お互い、いろいろ紆余曲折があるけど、流されたくないものだよね。
 
ところで、バター塗んの?生野菜?
生野菜かあ。我が家にはめったにない食材だな(^^;
パンの耳とんないと、閉じた時に圧迫が弱くなって、食う時に崩れてくんのよ。簡単に開いて中身が出てきて。耳切って試してみるぜ。
 
たかがパンとはいえ、メーカーと火があれば暖かいパンを食べられるって、小さな幸せだよね。
そういう小さな幸せをひとつひとつ確認できる野営って、好きだ。

投稿: ビヨ | 2008年12月 4日 (木) 18:47

無理に押さえつけてはさんでも、割と圧着されるかのようになる。
手に持って食べると確かにバラけるので、コールマンの青いお皿は必須です。
ナイフとフォークで食すのですよ。

投稿: Tago | 2008年12月 4日 (木) 19:36

ふ。洗い物が増えるのを気にしない几帳面な男よ・・・。
オラ、洗い物増えるのやだ(`・ω・´)

投稿: ビヨ | 2008年12月 4日 (木) 21:38

あぁ、L.L.Beanだったかも・・^^/

山梨と神奈川の国境付近でキャンプをしてきました。チェンソーと斧で倒木から薪を山ほど作り焚き火を楽しんできました。
朝は-8度(--
R.E.Iのダウン900gを借りていったので暖かかったです。やはり買うなら#2ですな^^
お正月休みは何処でテントを張ってますか~!
大き目のワンポールテントにチラリと目が行く今日この頃です^^

投稿: bean | 2008年12月 8日 (月) 21:20

楽しんでおられますなー。
-8℃って。未体験ゾーンっつーか、体験したくなーい(^^;
正月休みはありましぇーん。通常勤務で、しかも年越しは夜勤っす(ーー;)
 

投稿: ビヨ | 2008年12月 9日 (火) 09:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118262/43290061

この記事へのトラックバック一覧です: ホットサンドメーカーについて:

« 懐古 | トップページ | 愚痴る »