« リバーサルやめっかな | トップページ | 足の早さについて »

ナルト巻きについて

 自分自身でなにか変だと思うことを発見したので、読者の皆様に問いたい。

 私は子供の頃から「ナルト巻き」に妙な好奇心というか、やたらありがたがる習慣がある。ラーメンの丼にナルト巻きが乗ってると、とりあえず横に寄せておいて、後半にタイミングを狙ってパクッといくのである。

 この食べ方は煮玉子系も同じで、ゆで卵関連はおでんだろうがラーメンだろうが、とりあえず後半戦のメインである。
 好物の食べ物をいきなり食うか、あるいは寄せておいて後から食うかで、いろいろと心理診断っつーか、精神的な構造が明らかになるところはあるようで、私は明らかに好物を後半戦に回すタイプである。

 でもゆで卵系なら共感する人が少なくないことは予想できる。これがウズラの卵であっても、たぶん共感する人はいるだろう。
 なのにナルト巻きってどうよ?と自分で思うのでありますね。

 ホイップクリームが死ぬほど好き、という同僚が在京時代にいた。彼はパチンコ好きであったため、大勝ちした夜にすべてをパチンコ屋に置いてあった「ホイップクリームの素」に交換した。そういう景品があるパチンコ屋ってのもすげーけどな(^^;

 んで彼は帰宅してまず大きめのボールを用意し、そこに作れるだけのホイップクリームを作り、堪能した。大変に満足したという。
 ボールで満足したのだから、もっと大きな器で作ったらもっと快感が得られると考えた彼は、翌日の夜に洗面器を持ち出してきたらしい。洗面器一杯のホイップクリームを彼は食らった。これまた満足であったと本人談。

 だが、心のどこかで「このままエスカレートしたら、次は風呂桶か?」と自分なりに危惧していたところはあったし、夜な夜なホイップクリームを食い倒してる自分もどうなのかとは少し考えたらしい。
 3日目の夜、彼はまたしても洗面器でホイップクリームを作った。そしてそれを食らったが、全部食べきれなかったという。
 夢にまで見たホイップクリーム天国が、一転してホイップクリーム地獄に変わった瞬間なのであった。

 そういった他人様の教訓を脳裏に刻んでるせいか、私は好物の一気食いというものを避けている。実はウニの刺身が大好物なんだけど、年に1回食うか食わないかという現状だ。
 過去にウニの一気食いをしたことがあるからである。前女房との新婚旅行先の函館で、やたら安いウニの船盛りを発見し、私はチャレンジしたのだけど、最後には食いきれずに泣きそうになった。
 年齢のせいもあるが、今の私のスタンスは「うまいものは年に1度か2度でいい。それも極上モノを少しだけゆっくりと食べられればそれでいい。」なのである。徳川家康を頭に浮かべた人は歴史通だな(^^;

 そんなわけで今日まで私はナルト巻きの一気食いをやったことはなく、スーパーの店頭で買い求めることさえなかった。つい先日までは。
 カマボコじゃあまりありがたくない。そりゃ夏に食うイタワサはうめえよ。でもカマボコの一気食いは楽しくなさそうだもんなあ。ニャンコじゃねえんだし。

 気持ち遠慮がちに鍋物へナルト巻きを添えてみたのだけど、基本的にナルト巻きってのは鍋にひとつ浮かんでる姿だべ?大量に浮かべる気になれないジレンマがそこにあるのだなー。
 そうやってケチってるうちに、冷蔵庫の中で腐ってしまったナルト巻きの悲劇ったら、もう例えようがない。

 あの独特の姿に私はヤラれてるのだろうか。それともカマボコとは一味違う微妙な味にヤラれてるのだろうか。あの孤独にスープの上に浮かんでいるストイックな姿に魅せられているとでもいうのか。
 依然として私のナルト巻きフェチ状態に対する解答は得られていないのであった。

|
|

« リバーサルやめっかな | トップページ | 足の早さについて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私もナルト好きです^^
スーパーで見つけると、買いませんが必ずじっくり見つめてしまいます。
一度だけラーメンを作る時に一本買って帰ったことがあります。何枚もナルトを載せられると思うと嬉しくて嬉しくて。
でも厚切りにして何枚も載せたラーメンは、なんだかなあ・・・でした。
やっぱりナルトは一枚が^^/

煮卵作りました!酒と醤油とめんつゆ、生姜とにんにくを卸して入れたものに一晩・・^^/

投稿: bean | 2008年11月 4日 (火) 22:03

私も好物は後で!ってタイプですね。
苦手なものを先に食います。

ホイップクリームの話で思い出しました。
18歳の冬にケーキ屋でアルバイトしました。
作るほうね。
ここではケーキを焼いたら上と下をスパッと切って中だけを
商品にするんで、作業場にはたくさんケーキにならなかった
切れっぱしがあるわけ。
むろん生クリームも山ほどある。
好きに食べていいと言われた私は。
18センチのホール(上と下の切れっぱだから薄いけど)に
たっぷりの生クリームとイチゴをサンドして
ウィンナーコーヒーまで作って食べましてね。

もう、、すごい胸やけ、人生初の。
次の日に生クリームのにおいで吐きそうになって。
翌日のバイトはきつかったですよ、そりゃ。

今はまたケーキ大好き男ですが。
過ぎたるはなんとやら、を身をもって知った夜でした。

投稿: ぴゅんぴゅん | 2008年11月 4日 (火) 22:33

ラーメンのなると、チャーシュー、玉子は、もったいぶって後で食べる方が、汁で暖められて、なおかつ、味もちょっと入って、美味しいように思います。映画たんぽぽでも、チャーシューは箸でスープに沈め、「後でね」と優しく声をかけておいておくなんて、食べ方講座をやってましたね。
で、なると。袋入り5パックのラーメンで食べきれなかった分は、短冊に切って、キュウリも短冊に切って、戻したワカメと一緒にサラダっぽくして食べちゃいます。ちょろっとドレッシング何ぞで味をつけて。ただ、それでも一度で食べ切るのは難しいので、カツ丼の具に、どさくさにまぎれて混ぜてみたり、細かく刻んでチャーハンに混ぜてみたり。これが、ところどころ赤いのが見えて、そこんところが「萌え」だったりします。ま、そんなこんなで、大量消費できるメニューを考えるのもまた楽しいのではないかと。

投稿: Nori | 2008年11月 5日 (水) 00:46

やや。おもいのほかコメントがつきましたねえ。
 
beanさん >
ナルト巻きへのこだわりって、ラーメンと切っても切り離せないのかと思ってました。
中華そばってば必ずナルトが乗ってたもんで、あの1枚きりっていう希少感が発端なのかと。
んで、そういう体験が色濃いのは、まだまだ庶民家庭が贅沢できなかった世代の育ちだからかとも(^^;

ナルトは謙虚に1枚だから価値があるのかもしれません。でも2枚入ってると「お!当たりか?」なんて喜んだりするに決まってますが。
 
ぴゅんぴゅんさん >
死んでから地獄に落とされてみたら、あーら大好物がたくさんじゃないのよ~、と喜んだのも束の間、実は永遠に大好物を食わされるという、生クリーム地獄(^^;
嫌いなものを先に食うのは私も同じ。でも仕事に関しては片付けやすいとこからとっとと処理してましたね。時間節約で。
嫌いなものを先に食う感覚と、仕事を片付ける感覚が似てるという人もいますが、業種によりますよねえ。
 
Noriさん >
おおっ。そういえばカツ丼に入ってるの、見たことありますよ。チャーハンでお目にかかったこともありますねえ。
開封しちゃったナルトって足が早いんで、サクサク処理しなきゃなんないとするなら、応用利かせなきゃいかんですね。
 

投稿: ビヨ | 2008年11月 5日 (水) 07:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118262/43011038

この記事へのトラックバック一覧です: ナルト巻きについて:

« リバーサルやめっかな | トップページ | 足の早さについて »