« フィクション | トップページ | その後の自作ストーヴ »

その後の901X

 オッサンには似合わぬ白ボディ。悔しいので周囲の女性に見せびらかしてるぜ。どう考えても白ボディは女性に似合うってもんだよねえ・・・・。

901x

 特殊な仕様である901X。私は承知の上で使ってるからいいんだけど、これメインマシンとして使うとなると、ものすごく手間かかるよね。
 たった4GBのCドライブは常に空き領域確保に留意する必要があるし、かといって油断してると8GBのDドライブもすぐ一杯になっちゃうかもしんない。Windows側から見たら正味合計12GBないしさ。記憶容量との戦いですな。

 私はEドライブとして16GBのSDHCを使ってて、通は仮想HDD化しちゃうんだろうけど、そのまんまリムーバブルメディアとして使ってる。
 DOS並みの軽量ソフトは可能な限りSDHCから起動させ、データフォルダの類もEドライブで済ませている。そのおかげもあってSSDの容量に悩むことは今のところはない。

 ただ、901Xをデジタルカメラのストレージ兼RAW現像機、そしてアップロードできる大きさにリサイズまでしちゃおうとすると、圧倒的に記憶容量が足りないことになる。
 ソフトについて投資するつもりがない私は、カメラにくっついてきたキヤノンの純正ソフトをRAW現像に使うことになろうし、リサイズにはできればフォトショを使いたい。でも入らないんだよねー。容量不足で。

 そうなるとDドライブの容量を増やすしかなく、市販の16GBだの32GBという専用SSDを使わねばならなくなるが、そこまで901Xにカネをかけるつもりもなく。カネかけるんなら母艦を更新するってーの。
 SSDのソケットがよくあるフルサイズのソケットではない。かといって専用品は高価。そういう法則なのである。繋ぎの存在として調達した901Xだからオカネかけたくないの。

 901Xの個人的泣き所は、ビデオメモリが小さいこと。DVD再生はできるらしい(まだ試してない)が、グラフィック系が弱い。
 CPUは思いのほか速いアトム1.6だし、メモリは2GBを奢ってるんだけど、ビデオメモリの小ささがたまに動作の邪魔をしてる感じ。
 そういった仕事をさせる機種ではないと承知の上ではあるけれど、デジタル機のストレージとしては、SDHCに撮影データを落としてやるくらいしかできない。

 ああ、久しぶりにドライバのアップデートでトラブルというのを経験したよ。なにかが引っかかって無線LANをシカトしやがるようになった。どうやら無線LANだと認識してないらしい。
 ドライバの入れ換えで簡単に済んだけれど、接続設定までみんな吹っ飛んだのは面倒だった。AEPの暗号を手動で入れ直すのは手間なんだよな~。

 今の市販のパソコンって、いろいろ手間かけたりってことないよね。かつて愛用してたIBM機を思い出したよ。1年くらいあれこれ手を入れて、やっと普通に動くパソコンになったっけもんねえ・・・・。
 それでもかわいいパソコンはかわいいから仕方なかったのだ(^^ゞ

 そんなわけで、更新関係とデジタル原版は今でも母艦に集約してる。ネットサーフィン(死語)とDOS系ソフトは901Xっていう使い分け状態をキープしてるよん。ここから一歩踏み出すには、SSDの換装しか手がない。

 Webブラウザもいろいろと軽量なものを求めて試してみた。最初は使い慣れたDonutシリーズのDonut Q。次にLunascape Lite。Operaも試した。Opera miniが使えたらどうだったのだろう。
 今はGoogleのchromeをテスト中。あまりにもシンプルなインターフェイスで不安になるくらいだが、これってFirefoxベースなんだろうか。だとするとFirefoxも入れておかなきゃならんのだろうかね。節約にはならんのかなあ。

|
|

« フィクション | トップページ | その後の自作ストーヴ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118262/43119172

この記事へのトラックバック一覧です: その後の901X:

« フィクション | トップページ | その後の自作ストーヴ »