« ごめんなさい | トップページ | いやーん »

現場と中継の違いについて

 うむ。たまたまNHKの地上波で大曲の花火を見とるぞお。ローカル地上波は1週間遅れで放映される代わりに、入賞者が決定して以降の放映なので、自分が観覧した花火の審査結果を知ることができる。

 今年も野村煙火ががんばってんな・・・・。ちなみにNHKでは企業名をコメントできない関係上、個人名で花火を紹介しているが、実は花火会社の打ち上げで、プログラムにはちゃんと企業名が明記されてるし、観覧者もそのつもりで観覧していることを明記しておく。

 さて、BSハイビジョンで全国中継されたらしい大曲の花火だが、テレビと現場じゃ大違いの理由を思うままに列記してみたい。

(1) カメラアングルの問題。仕掛けが派手なので打ち上げ地点はかなり広範囲に設定されており、打ち上げられる花火を待ち受けるTVカメラは漠然とした可能性のある範囲を写している。現場じゃ仰角30~45度くらいの勢いで見上げてるというのに。

(2) 前項同様の問題で、中継に変化をつけるために望遠で部分を切り抜いたような映像を混ぜているが、見ている観覧者は常に全体を把握できる環境にあり、間抜けな部分カットなどなんのフォローにもなっていない。

(3) 昨今は競技の合間に打ち上げられるスポンサード花火も見物になっており、NHKの立場上、スポンサードはスルーして解説の時間に使ったりするため、おもしろい場面を見逃してしまっているに等しい。

(4) 音響が会場へ流れたものを拾った音声のため、創造花火の作者意図やらタイミングが台無しになっており、展開という名のドラマを中継するにはあまりにもおそまつな中継。

(5) 大会提供は、放心してただ涙を流すか、思わず失禁したのにも気がつかないか、あるいはただ興奮して騒ぎまくるしかないほどの感動を観客に呼び起こすというのに、その感動のカケらも中継では伝えきれていない。

 せめてBGM系の音響をダイレクトに放送へ乗せられないものか。そして炸裂の音響も現場付近で拾えたなら、中継を見ている人に少しは臨場感を伝えられるだろう。反響も時間差もないナマの音。
 そして桟敷席よりも前に広角レンズ固定のカメラを設置してみてはいかがだろうか。桟敷席で見上げる迫力というものを、とくに大会提供花火では少し伝えられると思う。

 なにしろ視野のすべてが炸裂する花火になるのが桟敷席の醍醐味なのだ。もちろん音響もストレートである。ズシンと五臓六腑に響く炸裂音など、テレビでは再現できるはずもない。

 というわけで、来年の花火観覧希望者は5月末まで申し出ること。桟敷席は一坪。大人6人とされているが、6人では体育座り必須だ。4人が適度な人数である。
 現場までの移動は面倒見てもいい。けれど宿泊先は各自確保のこと(といっても早めのテントくらいしか手はないが)。ネコの毛だらけで布団と粗末な朝食しかないので良ければ、オフクロの家を提供しよう。
 もちろん深夜までクルマの中にいなきゃならないのは覚悟していただく。

 あの大会提供花火をナマで見たなら、そんじゃそこらの花火はハナ先で笑っちゃうという弊害はあるにせよ、冥土の土産に見ない手はあるまいと断言できる。

 常連さん。いかがです?手配しまっせ!

|
|

« ごめんなさい | トップページ | いやーん »

ローカル」カテゴリの記事

コメント

行きたいけど物理的距離が遠すぎるなぁ。
盆休み明けのタイミングだからなぁ。
残念じゃのぅ。
行ってみたいなぁ。

投稿: ぴゅんぴゅん | 2008年8月30日 (土) 01:30

ほれ、金曜の仕事終わったらそのまま高速で飛ばしてらっしゃいな。キヤノンボールランの速度で。たぶん夜まで間に合うっしょ?(^^;

帰りは寝てからまたキヤノンボールラン。月曜の朝までには帰れるかと。

日本海コースがオススメながら、新潟~山形と山形~秋田の一部が高速未通だからなあ。

投稿: ビヨ | 2008年8月30日 (土) 10:57

20代ならね、、やったかもしれん。
でも、もう無理のきかない中年なの。
死ぬって、そんなのしたら(w
高血圧で薬飲んでるし、、マジオヤジになっちゃってるし。
ああ、、、、

投稿: ぴゅんぴゅん | 2008年8月30日 (土) 12:13

お父さん一人で見に行ったら、家族から恨まれそうだしね!

投稿: ビヨ | 2008年8月30日 (土) 16:01

いや、それは大丈夫です。
普段家族に尽くしてるから(w

投稿: ぴゅんぴゅん | 2008年8月30日 (土) 19:26

オラも見たッス。 ホント、音なんとかして欲しいですよね。
一般人の撮影でないんだから...
アングルも、はみ出したりしても~冷める冷めるw
あと、花火が綺麗でない。光の加減が悪いのすかねぇ?
いい加減、勉強しようよって感じッスな。

投稿: はくちょう | 2008年8月31日 (日) 22:37

 ぴゅんぴゅんさん >
そりゃ子供と仲いいもんなー。でも親心としては、感動は子供にも体験させてやりたくなりませんか?
いや、あたしゃ子供いないんで真のところはわかっちゃいないはずですが。

 はくちょうさん >
家庭用ビデオカメラでお父さんが撮った・・・・、とまでは形容しませんが、日本一の花火を実況するなら工夫してほしいもんです。

投稿: ビヨ | 2008年9月 1日 (月) 18:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118262/42319229

この記事へのトラックバック一覧です: 現場と中継の違いについて:

« ごめんなさい | トップページ | いやーん »