« 今度は | トップページ | ごめんなさい »

精神的右往左往

 むはは。キヤノンがカメラ販売から撤退するなんて、ちょいとワル乗りしたことを書いちまったね。
 全世界にユーザーがいるまともなカメラメーカーなら、そう簡単に撤退はできねーわな。ニコンさんとキヤノンさんじゃユーザーの面倒見に雲泥の差があるのは事実だけども、だからってな、あの会長さんの鶴の一声でカメラから撤退っつーのは、まだ考えにくい。

 ただし、ニコンよりもキヤノンのほうが撤退が早いだろうとは個人的に思ってるよ。エ○ゾーさんからEOS5D後継機の噂を聞き、その後継機がD700に太刀打ちできないってなことになったりしたら、さあてどうなることやら。
 カメラ雑誌は一生懸命に提灯記事を書きまくるだろうから、カメラ雑誌頼りのユーザーさんはキヤノンから逃げないだろうけどもさ。
 それでもD700との比較記事になれば、印刷媒体上とはいえ、少なくとも同条件で印刷されるわけだから、かなり比較はできると思うよ・・・・。

 個人的にデジタルは画素数勝負ではないと感じているので、カタログスペックだけでキヤノン新商品から攻められても、私はピンと来ないけどもねえ。
 なんつっても400万画素のパワーショットG3をつい最近まで部屋撮りに使ってたくらいの私である。G3なんて500万画素超が当たり前の市場にポンと出てきた400万画素機なのにね。

 それにしても、ニコンさんはなんで私に乗り換えのきっかけを何度も与えてくれるのだろうか。F3、F4、F100・・・・。そしてD700ってか。
 実はF100でも少しフラリと来てたのはここだけの話だ(^^ゞ

 話は変わる。

 この週末はひとつ泊りがけで出かけてみようと前々から考えてはいた。内陸縦貫鉄道方面か、そうでなければ大森町~東由利の廃村コンプリートコースか。変化球なら県南の湯沢市をほっつき歩いてもいい。
 その相棒にはコンタG2か、さもなくば久しぶりにライカM5ってのはどうかと。なーに、写欲が亢進しているわけではない。M5の露出計がまたズレてんでないかと気になってるだけ(^^;

 あいかわらずAEでライカMマウントを使いたい欲求はあるのだけど、私の手荒い扱いに追従する距離計はやはりライカくらいのものではないかと思い至った。
 というのも、コシナのベッサRが発売されてすぐ私は手を出し、度重なる距離計のズレに閉口して、このカメラは置物だと決定したのだ。

 あの程度の耐久性のままR4までリリースされているとするなら、AEレンジファインダー機は距離計不要レンズ専用機と化すであろう。
 かといってツアイス・イコンブランドのボディなら違うかといえば、おそらく耐久性に関してはなにも変わるところがなかろう。もちろんライカM7を買えるような立場でもないし、仮に入手できたとしても、あの狭いスイートスポットでは私には使いこなせないと思う。

 は?T90で部分測光+AEには慣れてるはずだろうって?一眼レフとレンジファインダー機じゃちょっと感覚が違うのよ。一眼レフならレンズを交換しても視野の中で測光エリアを判断できるけど、レンジファインダーだとレンズごとに測光範囲が変わるべ?あれについていけない気がしてるんである。

 そういった意味では、全面測光のミノルタCLEのほうがまだコントロールしやすいのかもしれないと、やっとそこへ考えが至った。
 ダイヤルでチマチマと露出補正するのが当たり前のAE機を使うくらいなら、追針式の露出計で素早く調節したほうが早いのだけどもね。そう決め付けてしまうと私のAEレンジファインダー機調達計画は頓挫してしまうからさあ(^^;

 いや、頓挫してもいいんである。考え抜いて選んだM5は、外見的にあまりおいしくないことを除けば、やっぱり使いやすいカメラなのだもの。

 というわけでM5のテストをしようかと企んでいたのだけど、明日の当地は例の前線のおかげで荒れた天気になるらしい。日中は小康状態になるみたいだが、朝と夜はかなりのもんらしいぜ。野営どころではない勢いみたい。
 かてて加えて、明日の夜は高校のOB会に出席することにしたので、泊りがけは無理なのであった。

 珍しいよな。私がそういった会合に出席するなんて。3期下のみなさんとなぜか仲が良く、そっち方面からお誘いいただき、普段の私なら「そんなヌルい集まりに出席してられっかよ!」となるところなんだが、なぜか出席することにしちまった。
 出席したまではいいが、同期で知ったツラがないと寂しいので、20年ぶりに連絡を取って、在学時に仲が良かった同級生を誘ってまでである。

 ひょっとしたら、単に寂しいだけなのか?なんて自己診断してみたりしたのだけど(^^ゞ

 ああ、高校で3期下って、在学中は顔を合わせてない。なのになんで誘われるかというと、かつての私のお客さんであり、かつ遠縁の親戚である某氏が3期下だからなのだった・・・・。
 某氏の同期とも少しだけ仲良くさせていただいてる関係で、誘われちゃったからちょっくら行ってみんべー。そんな感じー。会場が近所だしね(^^;
 ま、私がそういう気の迷いを起こした時には、必ずなにか事件が起きるのが法則であって、一抹の不安がないわけではないのだけどもよ。

 おお、嵐を呼ぶ男としては、やはりここは「頭脳は子供、身体は大人どころかすでにオッサン!」の迷探偵として、おそらく発生するであろう事件に(以下略)

Art07



|
|

« 今度は | トップページ | ごめんなさい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ミノルタがまだ健在だった頃、シャッタースピードが最大5段くらい狂うが基板払底のため修理不能と言われたCLEなんだけど、よかったら使ってみませんか?
光に応じてシャッタースピードは変化しているみたいだし、ネガで使ってみてもそんなに狂っているとは思えないんだけど・・・
ハッキリ言ってジャンクなんだけど、そばに置いてみてもいいと言ってくれるなら、送りますよ。

投稿: kazurin | 2008年8月29日 (金) 21:20

ベッサの距離計のズレというのは、
二重像の縦ズレのことでしょうか?
それとも、測距がズレると言うことでしょうか?
私 ベッサTを使っていたんですが、測距がズレることがありまして、広角専用にしていました。

投稿: しげ | 2008年8月29日 (金) 23:06

少し前に、BESSA R2の二重像の上下ずれを自分で調整したことがあります。
BESSA Rに応用できるかどうか分かりませんが、参考までに書いておきますね。

 1.ホットシューの黒い板バネを外す。
カメラの裏ぶた方向から見て、板バネの奥側のサイドに精密ドライバー(マイナス)を滑り込ませて、板バネを上に持ち上げながら手前にずらすと外れます。

 2.プラスねじが3本現れるので3本とも外し、ねじで留められていた板も外す。

 3.新たに現れた小さな穴のなかにあるマイナスねじを少しずつ回して、上下ずれを調整。

投稿: ビールマン | 2008年8月30日 (土) 09:59

kazurinさん >
ニコイチの候補としてキープされてはいかがですか?
ジャンクとなれば、申し訳ない気持ちがいくらか薄れるのは事実なんですけども(^^ゞ
電気カメラじゃニコイチなんて意味ないのかな?


 しげさん >
縦ズレでなくて、距離計そのものが狂ってる状態でした。
コシナさんは気前良く無料で修理してくれたのですけど、その後もどうやらまたズレたようで、それ以来置物っす。
使うとしても距離計非連動のワイドヘリアー用ですがな。


 ビールマンさん >
おお。上下ズレは自分でやれるんですね。ベッサなら自分でやる気になれるなあ。
距離計そのもののズレは自分で直せないもんなんですかね(^^;

投稿: ビヨ@寝不足 | 2008年8月30日 (土) 10:52

2000,7,28の「今週のたわごと」に縦ずれと書いてあったので、それかと思いました。

距離計はマウント上部のコロとつながっていて、コロの真中のマイナスを回すとコロの定位置が前後して、(カワサキ車のチェーンテンション調整みたい)レンズのヘリコイドとのあたり具合が変化する仕組みになっています。
これを利用して距離計ずれを補正できると思うのですが・・・。

無限遠で確認するには、レンズをつけてははずすの繰繰り返しになりますので、上下ずれの調整より煩わしいことになると思います。


投稿: ビールマン | 2008年8月30日 (土) 12:00

ずいぶんと前の記事で、探しました(^^ゞ

縦ズレは買った時からだったのですよ。その後に距離計が狂いましてねえ。
ネジロックとかでガッツリ固定したりするとまずいのかしら。

投稿: ビヨ | 2008年8月30日 (土) 16:00

調整ねじの緩みが原因で狂いが発生しているのであれば、ネジロック作戦は有効だと思います。
それ以外が原因だとしたら、調整ねじを固定してもまた狂いが出るでしょうから、ネジロックを使用するなら高強度のものよりは低強度のものの方が、再調整に便利でいいかもしれません。

ネジロックは空気中では固まらずに、ねじのピッチに塗りねじを締めこむことにより、空気が遮断されて固まるタイプと、空気中で溶剤が揮発して固まるタイプがあります。

前者は、ねじを完全に外して塗る必要があるので、カメラの調整ねじのような、ある程度組み立てた相手に使用するのは、不向きだと思います。
後者の方をねじの頭と土台にかぶせるような感じで塗るのが良いかと思います。

うまくいくといいですね。

投稿: ビールマン | 2008年8月30日 (土) 19:40

遅くなりましたが、御出席有り難うございました。
突然の解散で面食らったかもしれませんが、私としても限界寸前(ほろ酔いどころではありませんでした)でしたので、どうぞご容赦下さい。
※幹事担当は九年後になりますので、準備するには十分な時間かと思います。ちなみに一期下には私の義兄も居ります。

投稿: はも | 2008年9月 1日 (月) 15:57

 ビールマンさん >
ネジロックって単純なもんかと考えてましたが、奥が深いもんなんですね。みんな同じだと思っちょりましたよ(^^ゞ

 はもさん >
いや、足腰立たなくなるまで飲んだオッサンを放置して帰るのは、最近の世間のノリからしたらデフォルトかと(^^;
っていうか、同期の中にオッサンが混じってた不自然さをひたすら反省中。
みんなせっかく集まったのに、オッサン混じっててたまんなかったろうに。

やはり俺は孤独が似合うのよ。ちょっと寂しかった(実はメチャクチャ寂しかった)んで混ぜてもらおうと思っただけ。悪く思わないでおくれでないかい?
しかもキャラが単なるスケベ親父になってると自覚したぜ。いつの間にかそうなってしまった・・・・。

やはり俺はひとりで体育座りしてるのがよく似合う。

投稿: ビヨ | 2008年9月 1日 (月) 18:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118262/42318545

この記事へのトラックバック一覧です: 精神的右往左往:

« 今度は | トップページ | ごめんなさい »