« 久しぶりに使う? | トップページ | ソロテント考(6) »

撮りに行きてーな

 たびたび更新をサボってすんません。暑くてダレちゃっててねえ。西日本、および首都圏に在住の方には申し訳ないが、気温が30℃前後のくせして北国の人間はダレてんですよお。

 おお、そういえばきのうは東京で下水のマンホール作業員が流されたっけねえ。仕事の帰りにクルマのラジオで聴いてて、他人事ではないなーと思った。
 たまたま今週はほぼ毎日マンホールなのよ。ただ私の職場ではマンホールの下に長時間潜ったままという状況は考えにくく、せいぜい長くても15分。空が広い田舎だから、空模様がヤバくなってきたのはすぐわかるし。

 っていうかね、突発的な豪雨以前に、いきなり大量の下水がなぜか流れ込んでくることがあって、たぶん上流のポンプが動いたとかなんかだと思うんだけども、そんな時は少し焦る。
 だって潜ってる理由って、たいがいはゴミ受けカゴのゴミを取り除いてる時なんだもん。水があると除去しづらいところへダーッと流れ込んでくるから、作業できなくて悲しくなってくるんよ。

 もっと悲しくなるのは、マンホールへ潜る時に着てる合羽の下半身がSサイズだった時。中でしゃがむと脚のスネが外に出て、合羽着てる意味ないじゃーん、みたいな。
 ただでさえ夏場のゴム引き合羽で汗だくになってるのに、下水を浴びて合羽の下までグッショリってのはいただけない。
 そうやって学習して、自分が乗る作業車に搭載されてる合羽の寸法は常にチェックするようになるのだった。今日の合羽はLLサイズ♪

 きのうの事故のニュース映像見てたら、東京は分離式下水? 下水って、雨水と汚水に分けられるんだけども、当地では合流式といって雨水も下水もいっしょに流れてくる。だから豪雨があるとアタフタするハメになる。
 これが分離されてると、雨水は雨水で専用の流路に流れてくから、人間が処理すんのは純粋な下水汚水だけってことになる。下水の豆知識(^^;

 話は変わって。

 今週に入ってから、当地は抜けるような青空になり、いよいよ夏本番といった感じながら、どうせ盆前にこの夏は終わる。盆が過ぎれば夜はいきなり涼しくなり、Tシャツのまんまバイクに乗るってのは厳しい感じだ。
 木々の緑もすでに秋への突入体制に入っているようで、この時期の緑は最盛期を過ぎた色になってしまっており、緑としての魅力は感じない。
 むしろ水田のほうが青々とした緑であり、これから実が成って水田は黄色い海へと変貌していく。そのほうが木々よりもずっと美しい。

 田舎は帰省する子供や孫を待ち受ける雰囲気になり、なんとなく華やいだにぎやかな雰囲気になる。夏の光線もあって、人の暮らす範囲はなんとはなしににぎやかに見えるのだった。
 そんなわけなので、今週の週末は旧若美町か、あるいは旧琴丘町の鹿渡あたりに出没したいなーと考えている。

 盆の前後は山の中に突撃するより、人の暮らしがある場所のほうが被写体はずっと拾いやすい。
 若美か琴丘かってのは、単に仕事で往来することが多くて目をつけてる景色ってだけ。深い意味はなんにもない。
 もうちょっと秋田市に近い土地なら、最初っから最後までチャリという手もあるのだけど、おのれの体力その他を意識するに、若美と琴丘は無理(^^ゞ

 若美と琴丘なら森岳のシブいキャンプ場を利用するつもり。また、廃村関連で大森から東由利へ駆け抜けた場合には、その勢いのまま金浦の飛の崩へ行くと思う。
 内陸線方面は盆以降ということにしてしまい、どうやら森吉山の山麓に大変シブいキャンプ場があるようなので、そこを探索しながらの野営活動になる。

 ただし、そのくらい派手に動き回るとガソリン代も激しく使うことになるので、上京作戦は限りなくキャンセルに近くなるで。

 

|
|

« 久しぶりに使う? | トップページ | ソロテント考(6) »

ローカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118262/42088039

この記事へのトラックバック一覧です: 撮りに行きてーな:

« 久しぶりに使う? | トップページ | ソロテント考(6) »