« 廃村と分校跡4つ | トップページ | でたらめな計算ながら »

結局コンプリートしてねえのな

 いやー、天気悪いね。いよいよ当地でも梅雨本番なのだろうか。今週末は、まだやる気があるうちに廃村をやっつけようかと思ってたんだが。
 野営は不可ではなさそうな按配だが、それでも選んだ野営地の状況次第。翌朝の雨の停滞がなさそうだという救いだけで、場合によってはぬかるんだ野営地ということもあるくらい当地では局地的に雨が降ったようだから。

 梅雨時のわりに天気が良すぎたもんなー。こりゃ色温度は6500Kに間違いなかろうというくらいの燦々と降り注ぐ日光だったからして。たぶんリバーサルを使うとバリバリの色バランスになったんでないかと思うくらい。
 ああ、ぶっちゃけておく。ヘキサーのフィルムカウンターはまだ13。GR21に至っては逆算式で33とか表示してる。もちろん両方ともサブロクを装填してんだけどもな!(^^;

 ダラダラ話を続ける。

 村木集落から廃村金山へ移動する私は、金山が東由利だという先入観から、R107から山へ入ろうとしていた。東由利=R107というのも先入観なんだが。

 前エントリーへのコメントでネタバレ。内容は重複するが続ける。

 R107から由利の前郷地区へ抜ける林道沿いに金山はあるはず。ただし金山は私の脳裏に意識がなく、ナビに登録されていたから向かったのだけど、登録した記憶も薄く、どういう立地の廃村なのかを思い出せないままの突撃であった。
 それが敗因の元凶であり、R107側から入ると不必要に険しい林道を越えなければならず、サミットを越えたら舗装道路になっていやがった(ーー;)

Img_1427_2

 私がナビにプロットした地点はこのサミットを越えた付近であり、小さな神社を発見した時点で私は「この付近が怪しい」と決め付けてしまった。
 廃村に関するヒントは数々あれど、神社と墓地もひとつのキーワードなのだ。付近に人が住んでないのに神社や墓地がある場合、そこには人の暮らしがあったパターンが多い。

 金山に関しては基本的に先入観と思い込みが優先している。そのために位置を特定できなかった。たぶん前郷側へもうちょっと行った位置なのだと思われる。
 けれどバイブルから10年以上が過ぎている経年変化を意識しすぎ、こんな風景をとりあえずメモっておいたりした私である。

Img_2215_2

 金山で空振り感が強かった私は、帰路で考え事をしていたのだろう。林道の分岐を勘違いしてひたすら山奥へ入ってしまった。それも下り坂になってるんで安心して前進していたんだが、来た時にこんなに砕石を路面に敷いてなかったべ?
 気がついてナビを確認したら、とんでもない方向の山奥へ入りつつあった。あぶねーあぶねー。林道は一本道だと油断してらんねーよ。

 気が済んだら帰ろうかと思ってたのに、やはり消化不良感が強い。私は大森町の廃村へ向かった。ターゲットは杉ケ沢と吉ケ沢である。
 大森町と旧雄物川町の境界付近に土地鑑のない私は、前日とまったく同じルートを走っていた。

Img_2123_2

 はい、毎度登場の鉄道由来トンネル。東由利の老方から旧羽後交通線を県道化した県道48号線を通って、途中から県道よりもずっと立派な農道へ下りて杉ケ沢へ向かう。

 もう雨が普通に落ちてきていて気が焦ったのだろうか。早めに農道へ下りようとして変な脇道へ突入してしまい、極狭林道に入ってしまった。
 その狭さを表現するカットはない。クルマから降りる余地すらない狭さだったからである。しかもその林道のアプローチは、アウトバックが渡れるかギリギリの小さな橋を渡ってすぐ右折、右折したらいきなり極狭で転回の余地もナシ。

 久しぶりににっちもさっちもいかない場面に出会った。つまり、私はバックギアへ入れて後退しつつ、狭い右曲がり角を通ってギリギリ寸法の橋を渡らなければならない状況になっていたのだった。
 ジムニーならな、なんの心配もなく普通に後退したら済む場面が、アウトバック号の大きさが仇になるとはな・・・・。

 県道48号から鋭角に降りる道で農道に下り、武道集落へ向かうルートへ入る。武道集落もかつては山奥の集落だったはずだが、今は立派な農道が通っている。

Img_2229_2

 えーと、杉ケ沢はここかと思ったけど、帰宅して確認してみたらどうやら違うらしい(^^;

Img_1437_2

 吉ケ沢は勘で大森町方面から突撃した林道がビンゴ。途中の小さな道路標識に吉ケ沢の名があった。

Img_1435_2

 付近には立派な墓地があり、不謹慎とは思いつつ数カット撮ってしまった。今でもきちんと墓地が現役である。麓からさほど山奥というわけではない立地が、かつての住民の方が通いやすい理由だろうと推測できる。
 集落内に立ち入るのは遠慮しておいた。強くなりつつある雨にやる気をなくしてきたことと、すでに16時を回って時間切れの観が強かったから。いずれ再訪することと思う。

 というわけで、ゆっくり落ち着いて調べてみたら、廃村は2ヶ所空振りで1ヶ所再訪といったところであった。コンプリートできなかったのう。
 次に県南の廃村を巡る時には、吉ケ沢~杉ケ沢~金山というルートになるのだろーなー。気分が乗ってたらリベンジ対象の日照坂にも立ち寄るかも。そんな感じー。
 春先なら牛ケ沢にも立ち寄ることと思う。あそこの桜の木と溜め池はいい被写体になる気がしてる。

 なお今回は閑村として分校を探しに高畑集落も訪問してはいるが、得るものがなにもなかっつため話題としてはスルーしている。


 

|
|

« 廃村と分校跡4つ | トップページ | でたらめな計算ながら »

ローカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118262/41734963

この記事へのトラックバック一覧です: 結局コンプリートしてねえのな:

« 廃村と分校跡4つ | トップページ | でたらめな計算ながら »