« 旧友 | トップページ | へえ~ »

朦朧として寝言を書く

 ブログを2日分のみ表示に設定してみたら、トップページが寂しくなっちゃったので3日分表示に戻してみた(^^ゞ

 夜勤明けで若干朦朧としてるし、どうも疲れが溜まってきてる悪寒がするので、今日明日は静かに過ごしてみる。んで、次の明け番は泊まりで予定が入ってる。よってたぶんしばらく出撃はしない。
 気温も平年並みになってきたしねえ。気温が上がれば上がるほどカメラ片手に出撃したくなってくる私としては、いささか気持ちが削がれる平年並み気温ではあるよ。

 このところ野営づいてる私だが、偽アウトドア野郎という立場から、野営をメインにした動きはしたくないと今でも考えてる。
 飛の崩だけは野営のためだけに出かけてもいいと思ってるくらい気に入ってるロケーションだし、テントのテストのために岩見の某公園へ出かけることはあっても、基本的に野営は夜を現地でやり過ごすための手段という位置付けを崩したくないと思ってる。

R3963i900

 っていうか、最近野営づいてる状態の始まりってのは、内陸線沿線を撮りに出かけて、秋田市から走ってって翌日も撮りたいのにまた秋田市へ帰るのか?という残念さがきっかけになってる。
 無駄にガソリンを2往復分使ってるコスト感覚もあれば、内陸線沿線の気軽に使える宿を知らないというのもある。
 あっちに撮りに行くと1日で200~350kmくらい走ることが多いんで、秋田市との往復を考えれば、ガソリン代とバーターで安い宿に泊まれる算数にはなる。その安い宿ってのが、あることにはあるんだけども、どうも私は好きになれなくて利用したくない。かつて泊まったことがあるのでね。

 内陸線沿線にはキャンプ場がわりとある。もちろんピンキリだが、沿線のどこにいても30分圏内でキャンプ場へ到達できる。それに気がついた時に、これは野営というオプションに備える必要があると思った。んで試してみようかと。
 試してみたら使える手段だったわけで、不満点その他を解消しようという行動が、最近の私のアウトドア方面物欲になってる。納得のいく装備になったらそこで物欲は止まり、あとは使い方へ集中していく。

 と思いたいが、私のオタク気質からしたらたぶん止まんねーな(^^ゞ

 今期は細々とした小物を調達して、大きいとこはソロテントと夏用軽量シェラフの調達で終わる予定。
 ソロテントはたぶんまた舶来モノに走る。良いものは出費度外視で買う、という感覚は私に皆無で、分不相応な買い物を避ける傾向が強い選択だ。でも明らかにガッカリするのが目に見えてるものも買いたくはないわけで、そのへんの落としどころを探ってくと、どうしても舶来モノに落ち着いてしまう。
 ほれ、身長という縛りがあるべよ。それだけでかなりの国内メーカー品は候補から落ちる。

 んで夏の夜の寝苦しさを感じるような場所で野営してることが多いんで、夏場を考慮した選択にすると、国内メーカー登山系テントも候補から落ちる。
 北米のバックパッカー系、しかもリーズナブルなところに落ち着くはずだ。フライはポリエステル系でなくてはいかんと信じてる私でも、軽量さを求めるとこだわっちゃいられない。リーズナブルな選択なら、仮にフライが簡単にダメになっても諦めはつくでしょ。

 バックパックに全部詰めたいという欲求さえなければ、私の使い方にベストなのはモンベルのムーンライトだってのはわかってる。
 伊達にロングセラーになってるわけではない。ムーンライトは日本の気候を考え抜いて作られた説得力があるテントだ。
 けどムーンライトは基本的に重い。軽量仕様があれば選ぶ人は少なくないはずだ。とくにムーンライト1と2はあと500g軽ければ選ぶ価値があるのではなかろうか。

 ストーヴに関しては今期に大きな動きはなし。ガス器具オンリーで試してみることはしてるが、これとてガス燃器具の実際を把握したいと考えてるだけで、将来的には白紙。
 好きなのはガソリン器具だけど、実用的なのはガスなのか?という自分の疑問を解消せねば気が済まない。そういうことである。

 なんやかんやとこだわりはあるものの、基本は撮影行の宿泊手段としての野営、という線を私は崩したくない。私の行動の根源は撮ること。それをキープしときたいのだった。 

 

|
|

« 旧友 | トップページ | へえ~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118262/41121188

この記事へのトラックバック一覧です: 朦朧として寝言を書く:

« 旧友 | トップページ | へえ~ »