« 遊んできたのに疲れてる | トップページ | 六郷へ行ってきた話(2) 町民の森 »

六郷へ行ってきた話(1)

 仕事から帰ってテレビをつけて、番組を見てから「ああ、今日は日曜だったのか」と気がつく昨今、皆様はどうお過ごしだったろうか?(^^;

 そんな生活も来週後半で一時停止。また週休二日の日勤に戻る。そうやって夜勤チームは交替制になってるのだ。また何ヶ月かしたら私は夜勤に入るっていう寸法。
 ずっと夜勤ばっかりってのも、身体と寿命を削ってる状態が続くキツさはあるけれど、キツいなりに身体のリズムが4日サイクルになるから、みなさんが思ってるほどキツいわけではない。なにより夜勤手当っていう収入があるからね、それで報われてるところがある。
 それがたまにしか夜勤に入らないってなると、普通の生活と夜勤を行ったり来たりになり、それはそれでキツいもんはある。ずっと夜勤なのと断続的に夜勤なのと、どっちがキツいんだか、まだ私はわからんけど。

 話は変わっていつものダラダラ話へ。

 今回のターゲットは旧六郷町であった。合併で現・美郷町と名乗りは変えているけれど、古くは栄えた町である六郷は、やはり地域の中心地であり、歴史を語っているかのような町並みが密かに魅力である。

 かといって古い屋敷が立ち並んでいるといった風情ではなく、こじんまりとした旧町内の風情が、なにやら歴史の匂いを漂わせている微妙な雰囲気。
 だから観光地だと思って六郷を訪問してはいけない。湧水の里として有名になりつつあるため、観光地っぽく変身しようという意図が見え隠れする風景ながら、寺町通りなどをゆっくりと散策すると、スローな時間の流れが巨木の木蔭に感じられたりする。

 思えば、無職時代にコンタックスG2Dを携えて夏の六郷を訪問している。XP1だったかな。ポートラB/Wだったか。ポートラかもしんない。
 湧水の横で近所のネコとたわむれる婆さんを撮った記憶がある。B21mmで。どっかにあのカットねーかなと探してみたけどさ、無料で貸してくれてた例のディスクスペースは事故でぶっ飛んじゃってるし、バックアップで使ってた私の外付けHDDも飛んでるんで、どうやら残ってないらしいよ。

 かろうじて残ってたのがこんなカット↓。原寸だ。クリックしても大きくはなんねーぞ(^^;

P9954b21p_1

 比較的安全な保管メディアはMOだけども、一番大きなメディアで1.3GB。ものすごい量のMOディスクが溜まってくのは目に見えてる。でも安心なのはMOだよな。
 とくに私のように一度スキャンしたら二度とスキャンしないようなモノグサ人間にとって、デジタルデータの保全はわりと切実(^^ゞ

 話を元に戻す。野営のみの目的で出かけるのは避けたいと思ってる私は、5年ぶりに六郷の町をチャリで流してみようと考えた。
 とても緑が多く、見上げるような巨木が多い町内であり、当地は新緑の季節でもある。さぞや緑だけで誤魔化せる絵が撮れるであろうと(^^;

Img_2033_2

 んで、野営地として狙ったのは、前回の野営で敗退した「いこいの森」。「町民の森」とか前に書いたっけか。正式にはどういう名前なのか。
 美郷町の公式サイトじゃフォローしてくれてねえみたい。現地の看板によると、あくまで「町民の森」だ。六郷町時代のまんまなのね。まあいい。「町民の森」で押し通させていただく。

 この町民の森の野営地からは、旧大曲市周辺の夜景が堪能できるという噂なので、ぜひとも攻略してみたいと狙っていたが、山内村方面へ抜ける超マイナーな峰越ルート沿いで冬季閉鎖されていた。それで前回は泣く泣く撤退して、5月23日という開通日のみを記憶していた私である。

 ちなみにこの野営地のネタは、いつものサイト、温泉とどのホームページからゲットしている。感謝感謝。

 町民の森で野営して、六郷の町内をカメラ片手に流す。そういうアバウトな予定だけ頭にあって、あとは天気との相談。金曜は晴れ。土曜は午前中のみ晴れとの予報。
 内陸部はあまりアテにならないのが常の天気予報ながら、まさか雨が降ることはあんめいとタカをくくり、いつもの明け番のように15時を回ってからモタモタと出撃準備をする私であった。

 以降、次回へ続く。

|
|

« 遊んできたのに疲れてる | トップページ | 六郷へ行ってきた話(2) 町民の森 »

ローカル」カテゴリの記事

コメント

どもです。

これは、御台所清水ですね。

投稿: メタロー | 2008年5月25日 (日) 21:31

うひょー。メタローさんからまたしてもコメントが(^^;

ご指摘通りです。ここでワイドレンズで近所のバ様と世間話しつつ撮ったカットがあるんですけど、保管してあったHDDが吹っ飛んでそのまま(^^;
ネコをかまってる近所のバ様がカメラ目線っていう、私としてはおいしいカットでした(そんなに惜しいならスキャンし直せって)。

それにしても。おそがけさんからコメントをいただくとは。
すっかりマイナー化した当サイト(&ブログ)的には恐縮なのですよ。

投稿: ビヨ | 2008年5月25日 (日) 22:02

どっかで見た写真だと思ったら。
随分昔に?スナップで顔が写るのはあり?って
話しの時に後姿の作例として使ってなかった?
なんか、そんな気がした。

投稿: ぴゅんぴゅん | 2008年5月26日 (月) 22:00

嗚呼、なぜに書いた本人より読者の記憶が上なのか(T_T)

投稿: ビヨ | 2008年5月27日 (火) 16:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118262/41316829

この記事へのトラックバック一覧です: 六郷へ行ってきた話(1):

« 遊んできたのに疲れてる | トップページ | 六郷へ行ってきた話(2) 町民の森 »