« 私なら長野を | トップページ | おお、言われてみればその通り »

ツラの皮の厚さについて

ほれ、言わんこっちゃない。そう素直に私が感じた地味なニュースをひとつご紹介する。

『稲庭うどん 100均の商品「品質悪い」と地元怒る』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080411-00000010-mai-soci

その地元ってのは、秋田県湯沢市稲庭、旧稲川町の稲庭だ。モロにローカルニュースなんだが、問題の100均ってのが首都圏に展開してるローソン系100均なのだから、あながち田舎くせーニュースとは片付けられんものがあったりする。

個人的に声を大にして言いたいのは「7年前に同じ目に遭ってながら、まだ商標登録してなかんかったんかいっ!」である。
たぶん旧ほんたわに書いたことがあると思う。秋田県南部に位置する稲庭とは正反対の県北、大館市にあるという某製麺所が「麺の里 稲庭」というマガイモノのうどんをこさえ、観光地へ大量に納品した話である。
当時の詳しいことを自分でも知りたくて探してみたが、どこに書いたかもうわからん。テキトーにタイトルをつけてた報いで、探そうにもさっぱりなのだ(^^ゞ

地方のちっちゃな製麺所が秋田県産の数少ない特産品のひとつにケンカを売るとは思えず、たしか地元の観光関係業者が焚きつけたんじゃなかったかなーと、なんとなくウロ覚えの記憶はあるんだけども・・・・。
まあ古い話の細かいとこはともかくとして、「麺の里 稲庭」の一件で稲庭にあるうどん製造業者に業界内から大変な同情が集まり、悪いこと言わないから早く商標登録したほうがいいよ、ってみんな助言してたのだ。なのに、まだ商標登録しとらんとは・・・・。

「麺の里 稲庭」事件で、稲庭地区では稲庭うどん製造同業者組合というものが組織されたらしい。
当然の行動である。一業者が商標登録しちゃったら、もうほかの業者は手数料を余計に支払わなきゃ商売ができなくなっちゃう。近郷近在で成り立ってる稲庭うどん業界としては、大手も零細も含めて共存共栄路線でいくしかない。組合を組織して、んで商標登録しちゃえばいい話である。
ところが組合は商標登録をしてないもんだから、ローソンに「稲庭平打饂飩」なんていうものを出されちゃうのだ。

パッケージがまた純正稲庭うどんを髣髴とさせるような雰囲気。絶対に騙される客はいると思われ。
ところが100均だけあってあまりおいしくないらしい。手で綯う手工業製法の製品が100均の店頭に出せるはずがなく、おそらく機械で大量生産しているのだろう。「麺の里 稲庭」と同じパターンでヤラれてるわけだ。
ただ前の事件よりも悲しくなる出来事ってのは、そのローソン100均で販売されてる\100稲庭うどんってのを製造してるのが、組合に加盟してない稲庭の製麺業者なんだとさ。田舎的義理も仁義もぶっちぎりの業者がいたわけなんだね・・・・。

まあなんといっても腹が立つのは「流通の工夫や量、包装を少なくするなどの努力で、良いものを安く提供しお客さまには好評。『稲庭うどん』の認知度アップにもつながり、ブランドイメージを損ねるとは考えていない」と言い切るローソン側担当者だわさ。
「良いものを安く消費者に提供して」れば、なにをやってもいいというものではないと思う。そりゃ商標登録しねえ稲庭の組合はアホを通り越してすでに哀れすら覚える存在だ。それでもローソンのやってることはカタリ以外のなにものでもなかろうよ。
「良いもの」じゃないのだ。粗悪なマガイモノなのだよ。それを知ってて「稲庭うどんでござい」と販売してちゃ、犯罪一歩前だろ。商標登録云々以前の問題でしょうに。道義の問題だよ。

カタリで消費者の味方ヅラされても、そりゃ単なる詐欺でんがな。逆に消費者の敵だろ。法律には触れちゃいないと判断しての愚行だろうけど、確信犯の証拠に、もっと安いコストで作ってくれるところはたくさんあるのに、わざわざ地元の業者に作らせてるとこ。
「粗悪品でおいしくない」という一点さえ除けば、パッケージには稲庭の文字があり、製造元もバッチリ湯沢市稲庭になってるわけだ。これを詐欺といわずしてなんと形容するってのよ?

こういうニュースを地元のローカルニュースで大々的に報道するのが地方局の使命だと私は個人的に思ってる。でもダメよ。ローソンのCMをたくさんもらっちゃってるから(^^;
もー地元企業のCMなんか数えるほどしかないのよ。たまにあってもパチンコ屋のCM。NHKも含め、地元報道は死んでるに等しいレベルなのよね。地元ブランドを守るべく一大キャンペーンを展開するというような矜持は、おそらく髪の毛の先ほども持ち合わせちゃいない。

こうして貴重な地元ブランドはどんどん陳腐化していき、気がつけばネームバリューを失って全国区から脱落しちまうわけだ。
地元企業が育たないと何十年も評価され続けてるこの秋田県の理由を、報道担当各氏は少し考えたほうがいいのではないかね?

1191416959

|
|

« 私なら長野を | トップページ | おお、言われてみればその通り »

ローカル」カテゴリの記事

コメント

つうか
うどんのおかげで稲庭は全国区の認知度をほこる地名なので…
稲庭+うどんじゃたぶん商標登録通らないよ

公共性の高い地名を使った商標のばあいまず商標申請は却下されるからね

ローソンもそれくらい知っててやってるわけだからね
法的に問題なくても阿漕ですよ
巧妙に稲庭で作ってるし(笑


こういうのみるとブランスのACOみたいな機関と法律が欲しいですね
ACOに登録した材料…製法、産地の基準を満たしたしたもののみに「稲庭うどん」を名称使用許可だすみたいな

投稿: ホラガイ | 2008年4月12日 (土) 11:35

この記事は、私も新聞で見ました。
こうした法の網をくぐり抜けようとする店では、買いたくないと思いました。
といっても、ローソンには今までもほとんど足を運んでいませんが(^_^;)

ところで、以前の稲庭うどんのまがい物の記事ですが、1999,10,23の項に書かれていますね。

投稿: kazurin | 2008年4月12日 (土) 12:44

どうも
稲庭うどんは地域振興のための地域ブランド商標枠で組合が申請してたのが却下されたみたいです

知ってたからねらったんだろうなぁ…

しかしローソンにおろしてる業者大丈夫かいな
バレたら地元で商売できなくなるぞ(笑

ローソンは業者をあかしていないが…まさか…実は稲庭で作ってなかったとか発覚しないだろうな(笑


会津の喜多方ラーメンも地域ブランド商標での登録却下されてるから喜多方ラーメンも狙われそうだ

投稿: ホラガイ | 2008年4月12日 (土) 14:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118262/40849616

この記事へのトラックバック一覧です: ツラの皮の厚さについて:

« 私なら長野を | トップページ | おお、言われてみればその通り »