« モンベルSSバロウバック | トップページ | 暖色LEDライト・補足 »

また企業誘致ですか?

あまり仮眠をとれなかった夜勤明けというのはやたら腹が減るもので、朝からラーメンをやっつけてきたぞ。背脂チャッチャ系のやつ(^^;

ラーメン屋や定食屋では、とりあえず新聞を読みながら食べる行儀の悪い姿が私の定番。スポーツ新聞がなかったので地元紙を読んでたら。またそれかよって感じの記事。

県内過去最大級の誘致企業工業団地を秋田県が造成するつもりらしい。そんな予算があったら、少しでも地元産業保護とか地元企業育成補助に使うべきだと私はいつも思うんだが、基本的に秋田県のお役人様は他力本願のようである。
全国でも有数の高齢化県で、早いうちに将来的なビジョンを組み立てねば全県的に限界集落状態になるのが目に見えているというのに、先方の都合でいつ撤退されるかわからないあやふやな存在を頼りにするというのは、どう考えてもデタラメな気がする。

秋田にも全国で通用する材料はあるのだ。食料不安が叫ばれる昨今、食の国内確保は徐々に社会的コンセンサスになりつつあり、その供給地として年寄りでもできる高付加価値農業は将来的に大きな武器になるはずだ。
また、かなり鋭い着想で新しいモノを作り上げたり、独創的な世界に通用している商品を開発した小規模業者もちゃんといる。そういう業者だけを保護するとなるから問題になるのであって、実力のある業者を育てられる施策作り、それが急務であろうと私は思う。
なのに誘致企業頼みで、そっちにばっかり税金を使ってる。あまりにも近視野的すぎるのではあるまいか?

しかも隣県が自動車産業の誘致で成功してるからウチも、みたいな時間的に思いっきり遅れたタイミングで動き出したところで、大企業の工場はすでに九州方面へシフトし終わってる。首都圏から時間的に遠く、冬は寒いし除雪の費用がかかる雪国に、誰が進出したがるってんだか。
TDKの大規模な工場が存在していることをまさか勘違いしているとは思いたくない。あれは創業者が生まれ故郷のために貢献したくて設置した工場群であって、秋田の地の利なんざなんも関係ないのだ。

んで、大規模工業団地を設置する予定地が旧神岡町?現在は大仙市に組み込まれているが、旧大曲市に北接する地域だ。
秋田新幹線が通り、秋田港まで1時間圏内、秋田空港から1時間圏内である交通の便を考慮して決めたということになってるらしいが、本当にそうか?誰か実力者のコネやら力が働いてないか?
旧大曲市で暮らしていればわかることだが、地形と季節風の関係で、なぜか旧大曲市周辺は冬場にやたらめったら気温が下がる。県内でいつも最低気温の指定席である八幡平よりも低い気温を記録することが一冬に数回あり、山奥でもないのに降雪量も妙に多い土地柄なのだ。

私が誘致企業の設置担当者なら、まず冬場の経費節減を念頭に置いて、積雪地は避ける。
もちろん交通の便も考慮はするが、先方の企業が最初に不安に思うことは経費だと思う。耐雪構造の建屋と毎年かかる除雪と耐寒の経費について、なんとか楽にしてやりたいと考える。
秋田県内ならば最初に冬でも温暖な由利本荘地区の海沿いを候補にする。すでにTDKがあるから集中してしまうというのなら、地域振興を考えて県北の海沿いの能代地域周辺を考えてみる。能代周辺なら米代川という大きな河川があるから、工業用水にも困るまい。
次に秋田市を考える。大王製紙に逃げられて余った土地があるし、それを目当てに増設した工業用水路も利用できる。

なにも団地化する必要なんかないのだ。県内のあちこちにいい土地がありまっせ。そんな具合に不動産屋よろしくカタログを広げればいいだけのこと。
いい場所は早い者順でいいじゃんか。整備インフラにカネがかかったって、大規模工業団地がポシャるよりもずっとマシだろう。県内のあちらこちらに、看板ばかりが大きく空き地ばかりの工業団地がゴロゴロしてるだろうに。
分散して誘致したほうが秋田県全体としてはプラスになる。ひとつの市町村だけが潤ってもしょうがないではないか。

旬が過ぎてみんなが忘れた頃に動き出すタイミングの遅さといい、先方の考えてる秋田県という土地の問題点を意識してないとしか思えない動きといい、秋田県庁の中は硬直化してるだけではなく時間の動きまで世間より遅いのかと思っちゃうぞ。
民間企業並みの早い情報収集と現状確認、他者に負けないレスポンスタイムで動かなければならないのは、今や自治体とて同じなのだ。

企業誘致に関してだけではない。団塊世代の大量退職を迎え、全国の自治体が受け皿になろうと必死になっていて、それが普通にマスコミで報道されていたというのに秋田県はなーんにも動こうとしなかった。
動かないという選択もひとつではある。けれど他の県が最初の動きで失敗した点を反省しているような時期になって、やおら同じような企画を立ち上げてやがる。人真似でしかも遅すぎ。

だいたい県知事からして、オリジナリティ皆無のパーソナリティで、すぐヨソの真似をしたがる性格なのだから困ったもんなのだ。
岩手県知事がぶち上げた隣県合併案にすぐ乗っかり、合併したら秋田県は今よりもっと廃れるという簡単に予想できる事実に気がつかない。
年寄りではなく若者が反対していた隣県合併なのにね。故郷がなくなるようでイヤだと。そういう若者の気持ちこそ、今の秋田に必要な感覚なのではないかね?
廃れていく地元に自分がなにをしたらいいのかわからないけれど、故郷が廃れていくのは悲しいという、人間として当たり前の感覚を秋田の若者がちゃんと持てている。それだけでもめっけもんだと思うんだけども。

Img20040417165510

久しぶりに↑の画像を使ってみた(^^;

|
|

« モンベルSSバロウバック | トップページ | 暖色LEDライト・補足 »

ローカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118262/40988174

この記事へのトラックバック一覧です: また企業誘致ですか?:

« モンベルSSバロウバック | トップページ | 暖色LEDライト・補足 »