« 123R 灯油で点火 | トップページ | 彼はどう選択するのか? »

ミリオタは物欲すら隠す

私が隠れミリオタだというのはみなさん知ってると思うけれど、実はそっち方面の物欲ともこの冬は戦っていたのだ。
っていうか、毎年冬が近づくと危ないんである。冬場のアウターってのは、実にアウトドア系とミリタリー系に魅力的なものが多く、高校1年の時からMA-1を愛用してきてる私はどうしてもミリタリー系に傾く。

高校1年の時ってば、マックイーンの遺作となった『ハンター』が公開されていた頃で、今から27年前か?
マックイーンがMA-1の内ポケットからさりげなくM1911A1を取り出すんだよねー。実際にはあんなでっかい拳銃を懐に入れてたら、半身がタレて大変のような気がするものの、もちろん私はMGCのリニューアルガバメントを買った。メタルフィニッシュのやつ(^^;
密かに私はベトナム初期の米軍装備フルセットを隠し持っていたりする。アルバイトしてまで学生時代に軍用品を買い込む理由が、おっさんになった今ではよく理解できないものがあるけれど、今でもたまーにネット通販の軍用品を検索したりはしてる。買わないで済んでるけど。

MA-1は今でも愛用してる。ただし2着目。高校時代から着ていたものは24歳の時に交通事故で背中におっきな傷をつけてしまい、みったくない(みっともない)ので着るのをやめてしまった。一時期、皮革製品に走ったのもある。皮ジャンばっかり着てたのだった。
その後、MA-1がなぜか日本で流行してしまい、天邪鬼な私はますますMA-1を着ることはなくなり、田舎へ帰ってきてからあらためて2着目のMA-1を調達して現在に至る。適度に暖かく、あまり場面を選ばず、ポケットが多いMA-1は私の春秋定番なのである。

Ma1sg

軍用放出品の老舗、中田商店からパクってきた画像を掲載してみた。実は軍用アウターというのはおっさんに似合うと思っているのは私だけか。

で、MA-1オンリーというのも寂しく、同じく高校時代にアルバイトして買ったのが、現在ではWEPと呼ばれるもので、当時は通称G-8と呼ばれたものだ。

Wepsg

これはゴールデンフリース社製のものだ。私のものはもっと色が明るく、軽快なイメージのあるものだった。ウエストが細いところに特徴があると思っていたが、上のカットはなんだかウエストに締まりがないねえ・・・・。

あえてWEPではなくG-8と呼ばせていただく。米海軍用で、それまで皮ジャンだったものをジェット機化に合わせて近代化したシリーズだ。MA-1は米空軍用。
で、地味な存在のG-8なのだけど、これがなかなか優れものなんである。とても軽く着ることができ、ウエストがしっかり締め付けられて袖口のジャージも細く、軽さのわりにかなり暖かくシルエットもスマートだ。
ハンドウォーマー、つまり手を突っ込んでおけるポケットがないところは個人的に欠点だけども、その代わりに襟口もジャージになっていて、スタンドカラーにして固定できるから首も寒くない。
そんなわけでバイクに乗る時はMA-1よりもむしろG-8を愛用していた私であった。MA-1よりずっと暖かかったもんなあ。

でも悲しいかな、G-8は20年を経過してジャージ素材がすっかり変色し、機能的に大きな問題はないもののみったくない。農村での農作業用ジャンパーにしてしまった。
そこでそろそろG-8を新調しようかと思っていて、どうせならチタンクロスのやつにしよーかなーと思ってるんだけど、なかなか調達のタイミングが掴めず現在に至る。
G-8の軽快感が失われる可能性はあるものの、生地そのものはチタンクロスのほうが丈夫で厚いから長持ちするかと思って(何十年着る気だ、おい)。

中田商店じゃチタンクロスのG-8をもう扱わなくなってるみたい。色もたくさん選べたのにな。
は?なんで普通にOD色を選ばないのかって?だってさー、私は「隠れ」ミリオタなんである。自分のそういう趣味はあまり大公開したくないのよ。今でもやっぱり周囲の視線は冷たくなるから。
冬場はアルファのN-3Bを着てるけど、色は黒。黒ならネクタイしてても普通に着れるからね。OD色だと、やっぱりちょっとネクタイは似合わないからなあ。

|
|

« 123R 灯油で点火 | トップページ | 彼はどう選択するのか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118262/40742181

この記事へのトラックバック一覧です: ミリオタは物欲すら隠す:

« 123R 灯油で点火 | トップページ | 彼はどう選択するのか? »