« おまえらいい加減にしろ | トップページ | 激しく撮りまくる男 »

出世列車

JRの寝台急行銀河が廃止されたというニュースに接し、思い出すのは夜行急行の津軽。上野駅から秋田を経由して青森まで走る、地味な夜行列車だった。

急行津軽の歴史は古く、初代は昭和29年に上越・羽越線経由で、二代目が昭和31年に奥羽線経由となった。
秋田と東京圏を結ぶ長距離急行列車はしばらくこの津軽しかなく、出稼ぎや帰省の足として通称「出世列車」と呼ばれたものであった。若い鉄道マニアはご存知ないかもしれないDF50なんていう古いディーゼル機関車が牽引していた頃でもある。
やがて昭和36年に寝台急行おがが、45年に寝台特急あけぼの、47年に寝台急行天の川と、首都圏と秋田を結ぶ夜行列車が増えていった。

私が高校を卒業して上京した列車は津軽だった。理由は、寝台車と座席車を併結しており、寝台車が座席車扱いになっていたため、うまくすると寝台券なしで寝台に寝られる可能性があったからだ。
もちろん座席車扱いなので、三段寝台のうちの上と中は使えないように固定されていて、下の段しか使えないし、古い寝台車を充当していたからお世辞にも寝心地がいいとはいえない。でも座席車で過ごすよりもはまだ快適だった。
私は当時国鉄職員の家族だったため急行券が不要。上野へ着いてから時間潰しをしなくてもいいジャストタイムに到着するという点も、津軽を選ぶ理由になった。
東京と秋田を往復する車内で、かつての同級生や同窓生と出会うこともよくあり、夜行急行列車独特の車内の空気と併せ、私の思い出になっている。青春の思い出とも形容すべき列車である。

その津軽が平成5年に臨時列車へ格下げされたニュースを、在京時代の私はテレビで見て、自分と故郷を繋ぐ線がひとつなくなったかのような喪失感に襲われたものであった。
今回の銀河廃止も、きっと私のような喪失感を感じている人は東京にたくさんいるのではないかね。そうやってひとつずつなくしていき、いつの間にか都会の人間になっているということなのかもしれないけどさ。

|
|

« おまえらいい加減にしろ | トップページ | 激しく撮りまくる男 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118262/40504284

この記事へのトラックバック一覧です: 出世列車:

« おまえらいい加減にしろ | トップページ | 激しく撮りまくる男 »