« まだ真面目に使う気がないみたい | トップページ | 寝言 »

ウォー・シミュレーションの話

今日はオタクネタだw

ウォー・シミュレーションってのがありましてね。密かに筋金入りのミリオタな私としては、戦略級のシミュレーションゲームが大好きだったりします。
パソコンゲーム黎明期に登場した初代『大戦略』から始まりまして、『バランス・オブ・パワー』なんていう地味系のもの(知ってる人いるかな?)、某旧光栄の歴史モノから、現ジェネラル・サポートのシリーズまで、とりあえず楽しんでおりまする。

とはいえ、なんでもいいかというとそういうこともなく、『大戦略』シリーズなんざ3作目くらいで見限っちゃいましたし、コーエー系はもっぱら馬シムばかり。

ジェネラル・サポートもイマイチになってきてましてね。大作『グロス・ドイッチェランド』のリニューアルでコケまして、『太平洋戦記』のうまいデフォルメがまったくできてないと評判。
シミュレーションってのは本来現実を再現するものですが、ゲームの要素が入ってくるとデフォルメするところはして、要点はきっちり抑えることが必要でして。

『太平洋戦記』なんかはそのへんがなかなか上手で、連合軍の物量戦略に貧乏日本はどう対処していくのかという戦略がバックボーンになってまして、艦艇建造や航空機製造と開発に気合を入れられるようになってます。ミリオタとしては納得の仕上がりなのです。
このへんが斜め上になると、某『太平洋の嵐』のように、物資管理の面が強調されすぎてしまい、孤島の守備隊の食料まで管理しなきゃなんなかったりして、それはそれで意味のあるシミュレートながら、ゲームとして成り立つのかどうかという疑問が生まれます。

いや、『太平洋の嵐』の初代もジェネサポの社長が監修したのは知ってますが。その反省として『太平洋戦記』ができたともいえるわけで。
とくに『太平洋戦記2』は決定版といってもいいんでないですかね。ビジュアル的な物足りなさが指摘される作品ながら、XPでもサクサク動く点は古い作品としては貴重なポイントでやんすよ。

ジェネサポはほかにも『日露戦争』なんていうシブいタイトルも出してまして、学校の授業では軽くスルーされがちな時代の国難をしっかり再現しています。
なにかひとつリズムやタイミングがズレたら大日本帝国の負け。それが日露戦争だったわけで、紙一重っていうか綱渡りっていうか、外交と軍事の努力を積み上げた結果として偶然と奇跡を呼び込んだ状況を、うまく表現してると思います。

『ソロモン海戦史』なんてのもシブく、旧海軍艦艇オタの私としては萌えます。
夜戦オンリーで夜な夜なソロモン海域に日本艦隊を突入させるわけですが、ガ島の陸軍に補給をしなきゃなんねーわ、連合軍艦艇を消耗させなきゃどんどん増えてくわで、作戦としてはよろしくない複数の達成目的を常に維持してなきゃいけない状態が続きます。

作戦のもっともよろしい状況というのは、目的が単純明快で、しかも敵に対する「仕掛け」の構築が可能で、どう考えても敵がそれに乗ってくるという状況でしょ。
でも連合軍はひたすら物量なので、いかにこちらの損害を減らして敵に損害を強いるか。それが太平洋戦域では鍵になるのですね。そのための「仕掛け」が必要だったりします。
ええ、そのためなら大和だろうが武蔵だろうが、ガンガン突入させまっせ。連合艦隊の全力で戦い抜くことがソロモン海域では必要なのでっすー!

すまん。興奮した(^^;

で、話は大きく変わるが。以前に某所でちょっと紹介したアレ。そう、ふざけた名前の『萌しむ』です。あれね、けっこうすげーわ。とても同人ソフトとは思えない。

http://www.vector.co.jp/soft/winnt/game/se438633.html

フリーソフト版はこっからDL可。元々はエロ系で製作されたもので、フリー版はエロの要素を排除した仕様。だからオススメ。
それでも無駄に冗長な会話シーンなどがあるので、そこは早送りボタンをクリックするか、あるいはコントロールキーを押して早送り。

フリー版はドイツしか選べません。イヤでもヒトラーの野望に加担しなきゃならんのですが、シンプルなインターフェイスのわりになかなか奥が深くてですね。
冒頭から方向性を持った戦略を構築していかないと、いつか千日手になっちゃいますし、踏んじゃいけない地雷なども考えないといけまへん。
生産力が膨大な米国の参戦を招くイベントなんかがありますんで。このへんはフラグを立てるというエロ系の概念ですね。踏んじゃいけないエリアがあるんです。

Moes_03

フリー版ではないのですが、参照画像を。1943年6月上旬。状況としては独ソ開戦前夜。そう、史実よりはるかに遅いバルバロッサ作戦発動直前なんですね。
イヤらしいピンク色がソ連の支配地域。×印がついてるのは同盟かなにかの事情によって侵攻できないことを意味してます。

私の戦略としては、史実ではポーランド分割時に獲れなかった西ベラルーシ地区を押さえてますんで、ここから全力で最短距離でモスクワを攻略するつもり。首都を陥とすと降伏する仕様になってますのでね。
ところがソ連軍もガリツィアから最短距離で我が首都ベルリンを窺う体勢。我が軍は生産能力の問題から首都周辺はガラ空き。すべてを前線へ張りつけています。さあどうする?

|
|

« まだ真面目に使う気がないみたい | トップページ | 寝言 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118262/17937024

この記事へのトラックバック一覧です: ウォー・シミュレーションの話:

« まだ真面目に使う気がないみたい | トップページ | 寝言 »