« 突っ込むのもどうかとは思うけど | トップページ | たまに »

保険の営業

男性よりも、明らかに女性のほうが浮かれてるバレンタインデー。
みなさんはどうお過ごしですか?(^^;

営業時代は、若い女の子がいる得意先を狙って顔を出して歩いたりしたもんでしたが、遠い日の出来事になっちゃいましたね~。
私の今の職場は野郎ばっかりなので、浮かれた雰囲気など皆無。昼食に頼んだ弁当のオカズにチョコレートが入っててギョっとしたくらいのもので。
あれじゃ電子レンジにかけらんないですよね。チョコが溶けてすげーことに(^^;

保険屋さんがね、2社ほど来てました。野郎ばっかりの人数が多い職場なので、保険屋さんにとってはおいしいターゲットなのでしょ。

大手の生保さんは女性2名で昼食時に来てましたよ。2人で来てんのに、無言でチラシを私らの机の上に置いて、申し訳程度にトレイへ徳用チョコをバラまいて、あとは偉い人の部屋でダベってました。
あれで営業活動になってんだろーかと、かなり疑問に感じましたですねえ。

夕方にフコク生命さんが来ましてですね。これまた女性なんですが。
退社時間帯に近くなると暇な人間がたくさんいるのをよく知ってて、仕事の邪魔にならないようにそういう時間帯を選び、んで従業員に声をかけながらチョコを渡してんですよね。チラシもなんにも渡さず。

大手さんとフコクさんのどちらが潜在的な客にアピールしてるかといえば、フコクさんのほうですよね。
職域訪問の保険屋さんってのは、訪問されるほうからすると正直ウザったい存在だったりします。
私のように過去に入院を何度か経験していると、保険のありがたさというものが身に染みているのですが、世の中のたいがいの人はそういう場面に直面してから出費に驚くものですし。
私みたいな人は検討してコレだと決めて早々に加入しちゃいますし、保険なんざ出費がバカらしいと思ってる人はなんぼセールスしたって加入するわきゃありません。

ですんで職域訪問の保険屋さんってのは、まず顔を覚えてもらうという初歩の段階からコツコツと信用を積み上げてくもんなんですよ。くだらねー相談にも乗ったりしてね。
なのに大手さんったら。無言でチラシ置いて終わり。そんな営業、初めて見ましたですねえ。さすが大手は余裕たっぷりなんですね。

フコクさんとこには、月々4千円代で一泊から入院保障が5万円代で出る破格の入院保険があったりして、実はお得な保険屋さんだったりします。
その代わり、フコクさんは私のような肺病持ちの加入は不可なのでした。医師の宣告から5年が経過しないとダメなのだそうです。

逆に大手は平気で加入させるんですが、パンフレットに読めないくらい小さな字で「申告該当部位については3年間支払いません」って書いてあるんですよね。
フコクさんは堅実経営が売りの保険屋さんですから。わからないでもないですけど。

大手の保険屋さんってのは、割高なセット商品がまずありきで、本当にこっちが欲しい部分はたいがい特約になってます。
クルマなら標準装備であることを売りにするもんですが、生保はまったく逆。いらないもんを削るレスオプションもやってくんないし。
んで中小の保険屋さんは一部分だけの保険でも入れるし、小さな保険なんで月々の支払いも小さく、けっこうお得だったりします。

ファイナンシャルプランナーの方が言うには、私のような孤独死一直線タイプには、絶対に大手のセット保険は適してないのだそうですよ。死亡保険金が無駄だというんです。
残す必要がありませんから。配偶者も子供もいませんので、自分のことだけ考えた保険で十分。中小の入院保険に、介護保険をプラスしたものがベストチョイスとのこと。

簡保が満期になってから、なにかいい保険はないものかと探し続けてる私なので、けっこう詳しくなりましたよ。詳しく教えてくれる友達もできたしね。

オンラインでチラホラとハッピーバースデーいただいております。ありがとうございます。

直電の方もおりまして、ありがたいですねえ。個人的には普段の日とまったく変わらない飲んだくれる夜でしかないのですが、今年はたくさん電話をいただいて。
ひとりで生きてるわけじゃないんだな~って感じます。みんな、ありがとう。

|
|

« 突っ込むのもどうかとは思うけど | トップページ | たまに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お、すまねっ。
ハッピーバースデーって言うの遅れちった。
いやいや、お互いめでたかぁねぇ歳になったけど。
とりあえずめでてぇって事で(^^)/

投稿: ぴゅんぴゅん | 2008年2月16日 (土) 15:20

42歳になったら感じるんですけど。
40歳のハードルは高かったですが、これが42歳になると開き直れますねえ。いろいろと。

どうせ間違いなくオッサンだし、世間体なんてものも意識しなくなります。
孤独死一直線の人生をデフォルトとしてきちんと設定できちゃってますし。
開き直ったオッサンの強さですかね。それを自分に感じるようになりました。

それがいいことなのか悪いことなのかは現時点で判断つきませんが(^^ゞ

投稿: ビヨ | 2008年2月16日 (土) 21:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118262/40122701

この記事へのトラックバック一覧です: 保険の営業:

« 突っ込むのもどうかとは思うけど | トップページ | たまに »