« 銀塩機じゃなきゃ | トップページ | 蟹江&寺田 »

ひさしぶりに

久しぶりに『ラスト・サムライ』を観たんだが。
箱庭的な無理さ加減はあるものの、観れば観るほどいいねえ。
真田広之はひたすらかっちょいいし、変にハリウッドお約束のエロシーンに持ってかないしねえ、日本の精神っつーかな、うまい具合に出てる。
それでいて忍者だの禅だの、米国人の興味もフォローしてるっていう。

無意識の中の意識、もしくは意識の中の無意識っていう哲学的な部分にも触れていて、けっこうスピリチュアルな側面もあったんだよな、なんて思いましたです。
字幕スーパーと英語のセリフを重ね合わせるにつけ、日本の伝統的な精神を表現しようという姿勢がヒシヒシと感じられました。

メジャー化しちゃったケン・ワタナベより、あたしゃ真田広之のシブさが印象に残りますねえ。カッコ良すぎ。氏尾先生。

|
|

« 銀塩機じゃなきゃ | トップページ | 蟹江&寺田 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118262/40140432

この記事へのトラックバック一覧です: ひさしぶりに:

« 銀塩機じゃなきゃ | トップページ | 蟹江&寺田 »