« あまり笑わせんなって | トップページ | ひさしぶりに »

銀塩機じゃなきゃ

背筋に寒気が走ったので、昨今書いたエントリーの一部を書き換えたりしましたよ(^^ゞ

以前、「○○へ行くならどのカメラを持ってくか」というような話題をたまに書いてました。旧ほんたわのほうに。
仕事も趣味も写真だったから、どっぷりと漬かれたことは、今にして思うと幸せだったんだな~と思いますし、無職の頃も暇でやたら更新してましたっけね。んで頭の中であれこれ考えてる時が一番楽しい性格ですんで、イフの状況でどう選択するか、なんていう設定が楽しいんですね。

それで、ひさしぶりに「○○へ行くなら」を書いてみようかと思ったら、実におもしろくない結論が透けて見えちゃって、やっぱ書くの無理だと感じましたですね。でも今回はそれをネタにしちゃう!(^^ゞ

というのもですね、例えば海外に出るとしてですよ、私の場合は米国・西欧圏よりもアジア圏ですとか中東あたりをどうしても想定してしまいますんで、電気がないと動かなくなるカメラってのは最初から敬遠したくなってきちゃいます。
その時点でもうデジタル機はすべてボツになりかねなく。充電することで繰り返し使用する電源っつーのがネックになるわけです。

むしろ使いきりの電池を複数携行するほうが確実性は高く、それは露出計用の電池だったりすると、消費電力は限りなく低いし電池そのものも小さなもので、複数の電池携行にも抵抗はありません。
露出計用の電池なら、仮に在庫が枯渇したとしても気合で露出を合わせるという手がありますから、まったく撮影できなくなる事態は考えにくく。カメラそのものの動作に電池を使ってしまうと、電池がなくなった時点でアウトです。

メイン機は電池で動くとしても、サブとして電池不要の小さなカメラを用意するパターンはありですよね。例えばライカCLをサブにしとくとか。セレンがまだ動いてるコンパクト機なんかもいいかもしれません。コーワSWなんてあたりまでいくとシブすぎ。

私なら一眼でキス3かも。壊してもなんにも惜しくない(また入手しようとすると面倒だけど)し、どうやら私の手元にあるキス3はやたら丈夫。すり減らす勢いで使うならキス3ですかね。
電源もリチウムとAAが選べるから、さすがにAAなら僻地でも入手の可能性が高く。液晶にバックライトがないから、夜間でも目立たなくて済みます。もちろん万が一のカメラ盗難も当然に視野に入れての話。盗まれても悔しさが小さいと。

逆にカメラ命で絶対に手放さないつもりなら、やっぱM5ですかねー。古めかしくて地味な外見が目立たない点はメリット。ライカの赤丸を盗む基準にしてるヤツらにとっても、M5なんざ眼中にあるめえ。レンズはどれも小さなものを選べ、全体として荷物が小さくなります。

ひたすら地味に使うなら、昭和30~40年代のコンパクト機っていう選択もあります。当時のレンズシャッター機は動作音がひたすら低いですから。レリーズしても「ぷつッ」というような小さな音でシャッターが動いたりしてますもん。巻き上げも無音の機種がありますしね。
その頃のカメラを選んじゃうと、地味な黒ボディが少数派だというのが難点。カメラは銀色であって当たり前の時代ですもんね。黒ボディが当たり前になる頃にはフラッシュ内蔵になったりして、今度は内蔵フラッシュを光らせないことに腐心しなきゃなんなくなったりして面倒~。

デジタル機は充電という宿命がついて回りますんで、僻地探訪にはいささか頼りない存在です。サブとしてコンパクト機を用意したとしても、これがまた目立つカメラばっかりなんだ。
私がかなり信頼してる(レンズを除いてね)IXY-D900ISでさえ、キンキラと派手な外見であり、バラして外装を黒焼付け塗装にでもするしかあんめいって感じ。
デジタル機はサイズの制約に関してフィルム収納という存在がないので、少なくても銀塩機よりも小さく作れるし、ほぼ無音のカメラも作れるというのに、実際に僻地へ連れて行けるカメラってないんですよね。

なぜか我が家に2台ある900IS。どうせ1台はバラしちゃったことがあるわけだから、外装を焼付け塗装してみっか?

Img_4527_1

|
|

« あまり笑わせんなって | トップページ | ひさしぶりに »

機材ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118262/40139537

この記事へのトラックバック一覧です: 銀塩機じゃなきゃ:

« あまり笑わせんなって | トップページ | ひさしぶりに »