« 農薬ギョーザについて | トップページ | 計画下手 »

秋田の鍋といえば

やっぱりキリタンポ鍋ですかねえ。カレーと同じで、各家庭によって味と意匠が全然違うシロモノでして、本来は家庭料理の域を出ないもののはずが、当たりを引くとやたらめったら美味しいので、ついついオススメしたくなって西日本の家庭へ送りつけるとゆー(^^ゞ

同じノリで「ダマコ鍋」ってのもあるのですよ。キリタンポがダマコに置き換わっただけみたいなノリで。
ダマコってね、キリタンポみたいにひょろ長いんでなくて、ちっこい玉になってんです。
主に五城目地区を中心とした地域で愛されているようですが、男鹿出身の前女房もダマコ主義だったところを見ると、ローカル扱いすんのは怪しい。

んで私が無職苦難の頃に川反でアルバイトした店が、ダマコ鍋の店だったんですね。
その店は秋田で定番の鶏ではなく牛を使ってて、ピリ辛の甘口で食わせるダマコ鍋。
牛肉ですから甘口方向へ振るのは自然な流れながら、秋田においてはマイナーな味付けであり、むしろ牛肉は山形系でないかと個人的に思うものの、たぶん首都圏のお客さんはあれが秋田の味だと思って帰った由。

本来はキリタンポ鍋と同じくらいの存在感があったはずの「しょっつる鍋」。
これは「しょっつる=シオツル」ってくらいで、ヒシオ系ですね。白身魚の醗酵系なんです。秋田の白身ってばハタハタですか。
日本酒を好む人ならおいしくいただける味なんですが、独特の香りが敬遠され、私も子供の頃は大っ嫌いでした(^^ゞ
でもウチのオヤジは日本酒党で、しょっつるが好きでしたっけねえ。

夏の新鍋としていつか紹介した「じゅんさい鍋」は個人的に未経験なので飛ばして。

永遠のダークホースは、なんといっても「あんぷら鍋」。
男鹿地区のみの味のまんま、いつになってもメジャーになりません(^^;
最近は秋田県以外でも同じことを始めたところが出てきましたが、あんぷらってのはジャガイモのことなんです。男鹿の方言ですね。
茹でるか蒸したジャガイモに小麦粉とか薄力粉と塩を混ぜてコネると餅のようになります。これを鍋に投入するわけでして。

鶏ダシのしょうゆ味、つまりキリタンポ系のツユでもイケるし、魚介系の塩味でもイケてしまうという、非常にフレキシブルな具なのです。
あ、そこの人妻の方。騙されたと思って作ってみ。地元の定番鍋でイケますから。

本格的なあんぷら鍋を食すなら、男鹿半島突端の入道崎近くにある某店で大変に上品なのをいただけますよ。冬限定だけどね~。
わりい。店の名前、漢字でどう書くか忘れた(^^ゞ
「ミノコウ」っていう店なのよ。

バックアップ用に使ってたHDDが飛んじゃってさ。
生まれて初めての経験。HDD飛ぶの。
今まで撮り溜めたカットが入ってるから困ってるんだけど、そこにミノコウの入り口を撮ったカットも入ってんのよ。

先日考えなしに買った160GBのSATAを臨時にバックアップ用として稼動中。

|
|

« 農薬ギョーザについて | トップページ | 計画下手 »

ローカル」カテゴリの記事

コメント

つまり秋田の鍋には何がしかの炭水化物が
入るのが定番なんですな。
きりたんぽはおなかが一杯になる鍋物でした。
ご飯いらずで出汁がしみた焼きおにぎりがうまい
みたいな。
最近近くの市場できりたんぽ(しかも同じ奴!)を
かみさんが発見したので。
これからきりたんぽ鍋が西日本でも食べられるように
なりました。
比内地鶏のスープもあったよ!本物か疑問だけど。
だけど、比内地鶏は入手不可能だから長州鶏を
いれて食べようと思ってます。
似たものは出来るに違いない。

投稿: ぴゅんぴゅん | 2008年1月31日 (木) 22:24

しょっつるは魚が主役だし、じゅんさい鍋はもちろんじゅんさいが主役だよん。

濃縮スープに普通のガラとモツでダシ採ると、すげーおいしくなるよ。参考まで。

投稿: ビヨ | 2008年2月 1日 (金) 17:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118262/17910806

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田の鍋といえば:

« 農薬ギョーザについて | トップページ | 計画下手 »