« 徒歩旅できるか? | トップページ | 同じ雪国でも »

無策と無能

田舎は景気悪いねえ。

秋田市内の某工場が生産拠点をベトナムに移すため、契約社員とパート計184名を10月末までに解雇だとさ。
正社員は別の工場へ異動になるだけなんですかねえ。

あいかわらず「企業誘致に全力を」なんていう言葉が、今でもまだ平気で行政から流れてるような、とことん間抜けな土地は、進出よりも撤退のニュースのほうが多いのは当たり前ですわね。
東北日本海側へあえて工場を建てようというメリットが、現代日本ではなんにもないってことです。

土地を用意しましょう。もちろんアクセスルートは地元で整備します。異動なさって来る社員の方のために住宅もご用意します。
それでもダメなのよ。「雪国」ってだけで、工場内の除雪、建築物の耐雪構造にカネがかかりすぎ。
んで雪による製品納期の遅延が予想でき、輸送手段はトラックによる高速道路利用くらいしか現実的にないとなれば、なおさら納期が不安定になりかねません。

それでも進出して来てもらったとしても、地元に落ちるオカネは微々たるもの。
企業の儲けは都会にある本社行き。雇用してもらった地元民が納める所得税くらいしかメリットがないわけです。行政側からしたら。

長い目で見たら、地元の(将来的な)有力業者を育てるほーが、ずっと自治体に貢献するというのに。
秋田の企業なら秋田に税金納めて当たり前。
んで販路拡大なんかに助力するため、東京にアンテナショップやら事務所を設置してあるわけで、そういったマンパワーを遊ばせてないで使えば?

給料出してんだから、使わなきゃ損だ。そういう身内への損得勘定を、もうちょっと田舎のお役人には持っていただきたいものです。
あいかわらず「企業誘致」しか策がないってことは、無策と同じなんですよ。

それなりの学歴の人とかたくさん役所にはいるはずなのに、無策ってことはつまり「無能」ということですよね。
役所の中を渡ってく才能なんざ、住民からしたら意味のない能力です。

「無能者集団」なんてレッテル貼られたら、プライドの高い人ばかりのお役人は怒ると思いますけど、怒るくらいのプライドがあるなら、少しは前向きな発想をしていただきたいものです。
そのくらい最近のお役人は無策ですな。なににつけても。

Img20050325230446

|
|

« 徒歩旅できるか? | トップページ | 同じ雪国でも »

ローカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118262/16351542

この記事へのトラックバック一覧です: 無策と無能:

« 徒歩旅できるか? | トップページ | 同じ雪国でも »