« 次だ、次 | トップページ | 予定外だな »

立ち止まって考えてみても

前にさあ、秋田県が突然県境を封鎖して独立国になってしまうという妄想の、そのまたアタマのとこをご紹介したことがあったんだけど。

その前提として、食糧の自給率っつー数字が「わりと」高いっつーのがあんのね。
主食たる米については言わずとも知れて。

仮に秋田県外へ作物を一切出荷しなかったとしても、たぶん県内産で間に合うものは多いと思われ。
なにかの事情で地産地消しか手がないとなっても、秋田県はやってけるな。
洋酒は困るけどね。日本酒があらあな。
地ビールもあるから俺はあまり困らぬ。黄色くて泡が出てりゃ馬のションベンでも飲みかねない男だからね。

というような話をなんで書くかというと、世界の食糧事情が大きく動いているからなのだ。

日本という国の食糧自給率がメチャクチャ低いっつーのはみんな知ってることなんだけど、ビックリするのは、米の自給率が94%だっつーのに、輸出してんのよ。米を。
つまり米を輸入する立場になってるくせに、余裕こいて輸出してやがるってこった。

たぶん輸入してんのは安いカルフォルニア米とかタイ米だと思う。外食産業に流れてんのか?
んで、日本がせっせと米を輸出してる先が中国だってんだからね。
たしかにニュースでやってた。中国米は農薬だらけで、富裕層は日本米が欲しくてたまらんのだそうだよ。中国米の10倍の価格でもね。

グローバルスタンダードっていう私の大嫌いな言葉に乗せられ、いわゆる二極化に日本の米も影響され始めてるってこった。
てめーらの食う米すら自給できないくせに、なにやってんだ!

というのは生産の現場に関係のない無責任な立場であって、下手に開放されてきている日本の農業市場っつーのは、海外から流れ込む農産物というベクトルと、海外へ輸出するというベクトルが強くなってきている。

日本の農家が生き残る道として、輸出というのはひとつの道であることは間違いない。
そのくらい日本の農産物というのはレベルが高すぎるんである。国際競争力をきっちりと持ってる。
誰かが輸出の販路を開拓できるのなら、いつでも日本の農産物は海外でケンカして勝てるだけのものがある。

けれどさ。中国という莫大な人口を抱える国が食糧輸入国に転落してる実情っていうものを考えると、売れるからってホイホイ輸出してるだけじゃヤバいんでねーの?
世界的な食糧の流れ。そのメインストリームに入っちゃうと、供給元とか供給先の事情ひとつで大きく予定が狂わされるよ?
ここはひとつ、自給率を確保しつつ、おいしいとこだけ付加価値作物でカマしてるくらいにしとくべきじゃないのかね?

そういう方向で農産物保護政策を組むなら、私は支持するよ。
単に農家の収入確保という側面からだけでは、あまりにも視野が狭すぎるというもんでしょうに。

世界の火薬庫の中で、日本という国の地勢的位置は無縁ではないのだから。
なんつっても中国っつー困った国がすぐ隣なのだね。しかも北朝鮮もあらあ。
報道されないだけの話で、フィリピンとブルネイとベトナムと中国っつー揉め事もある。
旧ソ連こそおとなしくしていてはくれるけれど、なにかひとつで火を吹きかねない東アジア情勢を考えれば、目先のカネを追っかけてるような呑気さじゃダメだと思うけどね。

603175

|
|

« 次だ、次 | トップページ | 予定外だな »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118262/16137237

この記事へのトラックバック一覧です: 立ち止まって考えてみても:

« 次だ、次 | トップページ | 予定外だな »