« 誤情報スマン | トップページ | 嗚呼、小市民的 »

毎度のことながら

選挙が近くなると、あちらこちらに政党のポスターが乱立しますな。
地元の候補者と、所属政党の人気者(と政党側が思い込んでる人)が並んでポスターになってたりしてね。
んで、選挙が終わって半年過ぎても残ってる朽ちたポスターが、私の被写体になったりするんですけどもね。

以前からあちこちに書いてますけど、これだけ世の中でマニフェスト選挙だと騒がれているのに、なんで政党は「やります」しか言わないんでしょうね?
公約を読んだだけで、すげーカネがかかるとすぐわかる内容なら、財源はどこからひねり出すつもりなのかを書かなきゃ、なんの意味もない公約ではないかと思うんですが。

どこの政党とは言わない。その公約を達成するには、秋田県なら数十億単位の初期投資が必要になり、ランニングコストも年間で億単位になるとわかりきってるのに、その財源をどこに求めてるつもりなのか、民間企業出身者は等しく疑問に思うんでないかな?

民間企業で新しいことをなにか始めようと企画書を作れば、まず第一に「その原資はどこから出すつもりなの?」と上司から質問されるのは常識。
新しい事業じゃなくたって、販促費レベルですら原資を問われたりします。
なのに政党っつーのは、どこからその予算を獲得するつもりなのかを、なかなか有権者に説明してくんねーんですよね。

世の中の大多数を占める民間企業所属のサラリーマンからすると、どうせ消費税の割合をアップさせて誤魔化すんだろ?与党と結論は変わらねーんだろ?という空しさが無意識に沸くのですよ。
本気で政権を取りたいんなら、数字を出しなはれ。賃借対照でもいいし損益表でもいい。
出費ばかり見せられて「うん」というほど、もう国民はアホではないのですよ。

国も地方自治体も今の損益でやってけるはずがないのはみんな知ってんだから。
どうやって節約するかという錬金術のほうがね、わりと有権者に訴えかけるのかもしれんよ。

あんたらが思ってるほど、有権者は無知でもないしバカでもないのよん。

033

|
|

« 誤情報スマン | トップページ | 嗚呼、小市民的 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118262/15705052

この記事へのトラックバック一覧です: 毎度のことながら:

« 誤情報スマン | トップページ | 嗚呼、小市民的 »