« 聞くと見るとでは大違い | トップページ | 快調ですよん »

BZN-300 (&400)

スルーしているわけではないんですが、フォローしておきます。

私がSDカードナビを愛用している話は以前に書きました。
ブロードゾーンのBZN-100を自作ステーでマウントして使ってます。

Dscf2973_b1_1

チープなナビとはいえ、だいたいの地点までは誘導してくれます。
画面が小さいのは本体が小さいから仕方ないと思ってます。
SDカードがデータ置き場なので、読み書きが早く、10万円くらいの普通のカーナビよりもサクサク動くところがミソ。

ナビに頼りっぱなしで頭が悪くなるようなこともなく、適度にこっちの努力も必要なところは愛嬌。
経由点の複数指定と、市町村道レベルまで管理してくれるとありがたいところではあります。

と思ってたら、新型が出てますね。

Img300_set_2

は?100となんも変わってないって?
SDカードの容量が大幅に増えたのですよ、お客さん。

経由地複数指定ができるかどうかは未確認ですが、細路地データが入っているんで裏道に入ってもちゃんとエスコートしてくれることでしょう。100は町村道をシカトしてましたんでね。
また、番地検索だけではなく、ほぼ全国的に号まで検索できるようになりました。
これで目的地周辺で案内をやめることはなくなるかと。

かといってなー。また買い直す気にはなれねーよ。
ところが100と300はハードが共通らしいんですね。SDカードを差し替えれば動くということで、メーカーさんで100→300へのアップグレードを検討中のようです。

でも買うなら400をオススメします。

100(300)の筐体はスイッチに照明がなく、夜間の操作は慣れてないと戸惑います。
私はツキイチくらいしかナビを触りませんので、夜になっていざ使おうとしても、スイッチの位置を忘れていて、縮尺ひとつ操作できないこともありました。

200の筐体は方向指示用のランプを埋め込んだせいか垢抜けないデザインでしたが、400はシンプルでスッキリしており、スイッチの照明がついてます。
200と400にはナビとして無駄な機能もついてますが、夜間便利なのは400だと思いますよ。

Img400_set

|
|

« 聞くと見るとでは大違い | トップページ | 快調ですよん »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118262/14938235

この記事へのトラックバック一覧です: BZN-300 (&400):

« 聞くと見るとでは大違い | トップページ | 快調ですよん »