« 特区 | トップページ | なにがなにやら »

ぼんでん祭り見物

またメンテしてたのね。ブログサービス・・・。

今日は秋田市の太平山三吉神社で行われた「ぼんでん祭り」を見物。
ぼんでん祭りの詳細に関してはGoogleにお任せするとして。

Dscf3992_1

秋田市民のくせして、ぼんでん祭り、実は初めて見たんです(^^ゞ
寒い季節に長時間突っ立ってんのもなー、という抵抗感ですね。
いいポジションをキープしようとして早い時間に行けば、なおさら長時間になるし。

でもまあ、一度くらいは見物してもいいかなあと、GR21へ装填したフィルムの消化を理由に行ってみたのですよ。夜勤明けの身で。
そしたらですね、秋田市で年に1回あるかないかという猛烈な渋滞にハマりまして。
幹線国道のオーバーパス上でオイルをぶちまけた事故車がいて、朝から全面通行止め。車両はすべてオーバーパス下の交差点へ誘導されてました。
そこで1時間以上のタイムロス。早めに現場へ行こうという計画はいきなり破綻。

開き直って吉野家でゆっくり朝食。しかも朝から焼肉(^^;
夜勤明けは密かに体力が落ちている疑いがあるので、耐寒装備は万全。
ひとりで見物に行ったからこそできる、オシャレでもなんでもない土方スタイル!

狭い境内ですので、普通の時間に行ってもいいポジションは無理でした。
身長の高さで見物はできるものの、撮るのはちょっと難しーかなー。
というわけで、GR21で撮ったものは期待してません(-_-;)

境内にいる人間の3割が関係者ではないかというくらい、カメラ前を人がウロウロし、警備しているのは体格のいい機動隊。シロートカメラマン泣かせです。
ところがですね、このシロートカメラマンのマナーがここでも最悪。

とくに高年齢層の派手な一眼レフユーザー。
自分は特別なんだという変な概念があるらしく、警察の誘導は無視。
一般の見物客へ自分の撮影ポジションを譲るようにしつこく強要。
挙句に酒が入ってようものなら、わけのわからないことをわめき出し、警察の詰め所に連行。

「マスコミは良くてなぜ自分はダメなのか」なんてわけのわからないことを口にするジジイもいました。
自由に撮りたきゃ主催者の許可とれよ。マスコミはみんな許可もらってんだから。
許可をもらえないんなら我慢しろって。それだけのことなのにな。

高慢なシロートジジイカメラマン連中。
警備の機動隊がいなきゃ、観客からぶっ飛ばされてもおかしくはありませんでしたね。

ええ、私は規制線の内側で地味に撮ってましたよ。
こんな↓状態の場所でも撮ってました(-_-;)

Dscf3988_1

|
|

« 特区 | トップページ | なにがなにやら »

ローカル」カテゴリの記事

コメント

秋田でもマナー悪いんですか。
エンゾーさんではありませんが、まったく「くたばれベテラン!」ですな。

投稿: やま | 2007年1月17日 (水) 22:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118262/13547566

この記事へのトラックバック一覧です: ぼんでん祭り見物:

« 特区 | トップページ | なにがなにやら »