« 世界で一番・・・ | トップページ | 銀河系宇宙決勝大会 »

ヨコハマ IG20 経過報告

昨年の大雪の印象が強い当地の住民としては、スタッドレスタイヤを吟味して選んだつもりだったのですよ。ヨコハマのアイスガードブラックを。

冬タイヤは雪上でしか使わないわけではなく、雪のシーズン直前や、あるいは春先など、路上に雪がなかったとしても、いつ降り出すかわからない時期には、冬タイヤはつけっぱなしです。
夏タイヤよりもゴムが柔らかいこともあり、意外と冬タイヤというのは磨り減るのが早いものです。
あまり高価なタイヤは、通勤+αという使い方程度なら必要性が低いんですよね。
かといって雪道の恐怖もできるだけ避けたく。
よって、高価なタイヤではなく、そこそこ雪上性能が良く、減りが遅いタイヤ。そういう条件になるのですよ。

ブリザックは誉められることが多いブランドですが、限界を超えるとスパッと滑り出して止まらないところがかわいくなく、私はあまり好きではありません。
ブリジストンということもあって、ブリザックはちょっと値段が高いですし、減るのも早いので相対的に高価な印象が強いっす。

ミシュランのセッティングはどうも関東圏向きのようだとなれば、雪国では敬遠したくなります。
それで、まあ普及価格帯メーカーの中から、ヨコハマのIG20を選んでみたのですよ。

ブリザックよりも減りがはるかに遅く、氷上性能もまあまあ。雪のない舗装路や高速でも腰砕け感がないという噂でしたのでね。
いよいよ雪道のシーンが増えてきた当地で、私のIG20報告。

シャーベットや圧雪路では、まず不安感は皆無といっていいと思います。
雪のない舗装路でも、一皮剥ければフワフワ感はなくなり、多少のロードノイズがある程度。

ですが。アイスバーンはからっきしダメですね。曲がらない止まらない。
このへんは10年くらい前のヨコハマのスタッドレスとあまり変わらない感じです。
これはもしかしたらミシュランのほうがずっといいかもしれません。選択を失敗したかもしれませんねー。

というわけで、IG20は宣伝ほどの性能があるとはとても思えず、東北南部の平地が北限のタイヤではないかと感じました。
雪の量ではなく、最低気温がどこまで下がるかといったところが選択基準になるかと。
道路が凍る土地ではオススメしたくありません。

|
|

« 世界で一番・・・ | トップページ | 銀河系宇宙決勝大会 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

メーカーの宣伝やらショップのコメントやら、アテにならないものですね。参考になります。

投稿: マヤマ | 2007年1月16日 (火) 08:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118262/13491717

この記事へのトラックバック一覧です: ヨコハマ IG20 経過報告:

« 世界で一番・・・ | トップページ | 銀河系宇宙決勝大会 »