« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月の30件の記事

そうなのか?

「人の目を見て話さなくなったな」と知人からご指摘を受け、言われればそんな気がするのですね。人間不信が極まってきたかなあ、と思い、欝病のチェックなるものをやってみましたよ。

13問の設問があります。「オリジナルはアメリカ精神医学会が作った診断マニュアルで、DSM-IV というもの」と元ネタのページにはあります。

設問はあえて明記しませんが、私は全問Yesで、本格的に欝なのだと悟ったのがつい最近。重症の鬱病状態だわさ。
睡眠時間について若干の改善。死のうとまでは思わなくなった。仕事をこなすのに障害があるほどではなくなった。
そんな改善状況がありますし、なにより『そうなった原因がはっきりしない人』という但し書きがつきますんでね。

私は原因がキッチリわかってますので。宝物をなくしちまいましたので。医者に行ってもどうしようもないな。

で。夜勤明けの今日は、某所へ素人パソコン教室をしに行ってきました。

最新事情に疎い私がどこまでお役に立てるかと半信半疑で赴いてみた結果、なんとか先方のヘルプになれたようです。
メンヘルで欝状態の私であっても、必要としてくれる人がいて、とりあえず感謝していただけたというのは、俺は生きていてもいいのかもしんない、と思えますね。

自分が死んだとしても、肉親以外は本気で泣かないなと思うと、なんだか生きてるのもつまんねー気がしてましたけど。必要としてくれる人がいるというのは、なんぼかやる気が出ます。

その帰り道。スーパーマーケットへ酒を買いに行き、つまみなんぞを物色していたら、怪しげな人を見ました。皮を裏返しにした内起毛のジャケットを着て、ひとりで買い物してる野郎がいました。
髪をビシッとなでつけたくらいにして。この時間にスーパーで買い物してるなんて、中途半端もいいとこ。怪しすぎます。
ありゃ水商売のヒモかもしんねーな、と思いましたよ。水商売の怪しさが漂ってましたのでね。

と思ってましたら、鏡に写った自分の姿でした(T_T)

普段はナチュラルヘアにカジュアルスポーツ系の姿をキープしている自分に、ちゃんと理由があることを知りました。
なんで俺っちは怪しげな外見なんだろ。視力が落ちてるのに眼鏡を作らないのも、怪しげな詐欺師みたいになるからなんですよお。(´・ω・`)ショボーン

R1387id4

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

メイドさんが

懸案だったリューターを調達しました。タミヤの安いやつ(^^;
組み立て式とは聞いてましたが、パッケージを開けたら本当に組み立て式でしたよ。

Dscf3649_1

簡易組み立て式というより、すべての部品がバラバラの完全組み立て式。
とはいえ、30分あれば終わっちゃう程度のものでした。

こんなんでまともに使えるのかと試してみましたら、意外に安定した動作。
ただ付属のビットが少々荒削りなもので、注意して使わないとガリガリに削っちゃいます。本職の使うビットを別途調達したほうがいい感じです。

注文してたリューターを取りに行ったら、なかなかお目にかからないGMのキットを見つけたので、買ってみました。↓これなんですが。

Dscf3653_1

小さな駅舎です。通販だとめったにないんですよ。
町の中の小さな駅舎って感じです。小規模私鉄の雰囲気ですね。

んで、この箱絵で少々気になるところが。

Img_4252_1

Img_4253_1

メイドさんが切符買ってるんですよ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

ちょっといいかも

Dscf3631_1

琥珀エビス。限定品らしいです。飲んでみたら、ちょっといいかも。

エビスなんか飲んでんのかって?
給料日だけですよ。小さな贅沢気分。
普段は発泡酒を愛飲ですけん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

また波が来たか?

前触れもなく、パソコンのDVDドライブがイカれました(T_T)

映画を見てまして、そのDVDを取り出そうとイジェクトボタンを押して、ドライブを引き出したら、ドライブのトレイがすっぽりとはずれましたよ。
はて。なにが起きたのかとしばし呆然としてました。
金具の不良かと何度かトレイを出し入れしてましたら、とうとうフラットケーブルもはずれちゃって。

これだからシャープのパソコンはもう!と一瞬思いたくなりましたけど、ドライブは松下寿のOEMなのよね。つまり「松下寿ゴルァ!」なのでした。

しょうがないのでドライブ本体ごとノート機からはずしちゃってますが、再起不能な感じのドライブですので、もう調達しちゃおうかなと、パーツを探してみたら。
ノート機の光学ドライブだけって、なかなか売ってないんですね。
たまにあってもすげー高い。3万も出したくねーよ。
そんなに出すくらいなら、予備の固定型ドライブ使うわ。

ヤフオクかな、と思ってます。わりと出るんですよ。松下寿のノート用ドライブ。
新品買うよりずっと安いし。

このところ我が家で家電製品故障のスパイラルが始まりつつあるんですよ。
不思議と家電品って一斉に壊れるんですよね。調達時期の関係でしょうか。
新型石油温風ヒーターを調達したばかりなのにな。
チラシ特価@コメリ。

新しいやつは燃費が向上してますな。びっくりしました。
私は「売れてまーすわん」のダイニチ派なのですけど、7年前の製品と比べたら、もう別モノといっていいくらい、進化してます。

ほんの数百mlで半日は楽勝。まだ気温がそんなに低くないとはいえ、旧製品よりもずっと燃費がいいでっせ。

は?もう暖房使ってんのかって?
肉がないので寒がりの私は、10月上旬から暖房使ってますよ。
点けたり消したりの間欠使用でしたけどもね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

三回忌

今日は仕事終わったらとっとと帰るぞー!という明け番に限って、交代者が出勤して来ないのは、いかにも私らしい出来事なわけで(T_T)

親父の三回忌@農村。私は施主なので、遅刻するわけにもいかず、ダッシュで農村入り。日曜でトロトロ流れる国道にイラつきながらも、刻限まで間に合ってよかったっす。
親父が亡くなった直後は荒れていた兄弟連中も、みなさん定年を過ぎたせいか落ち着きを見せ、とくにトラブルもなく終了してホッとしましたよ。

また便器以外の場所へ用を足す人が現れるかとドキドキしてましたが

親父が亡くなった時のことをいろいろと思い出しました。
ホント、いろんなことがあったんだなー。

メンバーに変わりなく、顔がちゃんと揃ったことが、一番よかったと思いました。素直に。
当たり前のこと、では済まされない年齢にみなさんなってきてますのでね・・・。

Dscf3657_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

がんばれ銚子電鉄

千葉県銚子にある銚子電鉄。
あまりにのどかで古いまま残っているローカル私鉄です。

在京時代の私は、カメラ片手にフラリと銚子を訪れ、明治時代製造の車輌や、直線レールを組み合わせて作っているカーブ、昼間から火花を散らすビューゲル集電などに驚いたものでした。
運転距離は短く、沿線住民の足にはなっているものの、1両ぽっきりの車内は空席が目立ち、存続していくのが大変だろうな、と素直に感じたものです。

案の定、鉄道事業は年間4千万の赤字だそうで、とうとう車輌の法定定期検査代を捻出できないところまで追い込まれたとか。
ギリギリの車輌数で回している貧弱私鉄としては、1両でも動かせなくなると大変らしいですよ。ローテーションが組めなくなって。

それでね、銚子電鉄はWebサイトへ「車両検査代が捻出できません。助けてください!」と告知を出したのですね。副業でやってる濡れ煎餅を買ってくれと。
鉄道事業ってのは昔と違ってそんなに儲かるものではないのですよ。どこも副業に精を出すのは当たり前なのですが、濡れ煎餅ってのもな。

ところが。醤油メーカーのメッカである銚子のせいか、これが大人気になって、とうとう鉄道事業の赤字をカバーしちゃい、とりあえず車輌検査代を1台分だけ捻出したようですよ。
電話・FAX・郵便・Webサイトと、濡れ煎餅の購入申し込み方法はたくさんあって、すでに予約分をカバーしきれなくなり、年内の発送予定はとっくに終わってるくらい、人気の商品になってるらしいんですね。
濡れ煎餅を買ったついでに電車にも乗っちゃおうと、意味もなく往復乗車する客も増え、業績は上向きの様子。

なにがうれしいって、悲鳴に応えたお客さんの心意気。
ひさしぶりにね、心が少し温かくなるような話でした。

R224ec

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

凸凹を埋め合う

わかりきったことを・・・、ひとつひとつ確認しなきゃいられないものなの?
まったく男って・・・。なんて面倒くさい生き物かしら。

あるマンガに出てくるセリフですが。

しょーがねえじゃん。男ってそうなんだもの。
逆にね、男から見たら、女っつーのはパパッと済ませられそうなことに、いつまでもこだわってるな、と思うこともあるわけで。

男と女は違うからこそうまくやってけるんだと思いますよ。
お互いの足りない部分を補い合う。それが男と女の両性がある理由でしょ。

大事にしたいものがお互いに似ているかどうかでしょうよ。
そこが同じなら、どんなことがあってもいっしょにやってける。私はそう思いますね。

もちろんお互いに違う部分は尊重し合い理解し合わねば、うまくやってけませんけども。大事にしなきゃならないのは、目に見える部分ではないと思うのですよ。

それとね。人というのは変わってくもんです。
環境によって変わる場合もあるでしょうし、年齢なりに考え方が変わるところもあるかもしれません。
でも変わらないものって必ずあるんです。
それを信じてあげてください。あなたの大事なパートナーのね。

身ぐるみ剥がされて、地位も環境もすべて失ったとして。
あなたが丸裸の個人になってしまっても、それでも変わらず愛してくれる人、いや、あなたが窮地に追い込まれれば追い込まれるほど、必死に面倒を見ようとしてくれる人が、あなたにとって必要な人だと思いますよ。

愛ってね、そういうものだと思います。

R2902gr21fsp

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

やっぱ里芋だ

じゃがいも好きの私は、里芋の代わりにじゃがいもで芋煮鍋を作ってみましたが。

やっぱ里芋が合うね(^^;

Dscf3638_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

天気予報に雪のマークが

冬タイヤはヨコハマのIG20にしてみました。安いので通販(^^;
17インチでアルミつけて12万切ってます。

まあ、ホイールは安っぽいやつですけど~(^^ゞ
シルバーの無難なやつは避けて、かといって暗い色のホイールも避けて。
そしたらこんなんなりました。

ホントは別のホイール欲しかったんですが、あまりに高すぎて、分不相応な買い物になりそうなので我慢してみましたよ。
エルメスライカを我慢してるのと同じノリで(^^ゞ

IG20は、雪が積もる前は空気圧を高めにしといたほうが運転しやすいですね。
規定の圧まで落としちゃうと、スタッドレス特有のグニャグニャ感覚が顔を出します。
まだ雪が積もらないなら2.2くらいでいい感じですよ。

Dscf3619_1

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

俺だけか?

「クリスマスの勤務なんだが」と私に話しかけてきた同僚がおりましたよ。
そこまで聞けば、その後に続く言葉はわかってます。「勤務代わってくれ」ですがな。

私でなくても頼める人はいるだろ。と思ったら、これがあーた。
「子供といっしょに過ごさないと女房がうるさくてね」「孫といっしょに過ごすんだ」「ちょっとヤボ用で」等々、意外にもみなさんクリスマスの代勤を回避なさってる。

独身仲間で彼女がいないとされてる同僚なら、稼ぎたいだろうから代勤やると思いきや、「さすがにクリスマスは勤務できませんよ。アハハ。」などと、鼻息も荒くナメんなよってな視線で私を見てたりして。

うーむ。そんなに私はクリスマスが暇そうに見えるのかい?

いや、この項をご覧の読者は、間違いなくクリスマスの私は暇だというのを推測してるよねえ。

R2889f7j

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

Stay here

「たわごと」方面へ、カメラ機材整理と居酒屋選びと異性選びは似たところがあるようなことを書いちゃったけれど。そのフォロー。

カメラってのは、まずスペックが明らかになってるわけですよ。
どういうタイプのカメラで、能力的にはどれほどのものなのかと。
出会う前からかなりのところまで知ることができて、しかも使い勝手も想像がつきます。
欠点があったら、使う側でフォローしてやればいいことだし。

飲み屋も似たようなもので、知人の評価ってのはたいがい正しく、まずい酒は誰が飲んでもまずいものです。

ただ異性だけは違います。出会う前からすべてが明らかになっているはずもなく。
つきあえばつきあうほど味の出てくる人もいれば、逆に底の浅さばかりがひたすら気になる場合もあるだろうし。

なにより私の場合、目の前の女性に対し「この人が世界で一番なんだ」と私だけが思えていれば、他人がなにを言おうが関係なく、その人が最良の女性なのですよ。

欠点も含めてなにもかも愛せる。その人だけいてくれればそれでいい。
そこには永遠があると感じさせてくれる。なにが起きても壊れやしない。
幻でもいい。自分が信じていられさえするなら、幻を現実にできるから。
それを知っているから、夢を見る気になれる。

私にとっては重要なのですね。

Crw_3305_rj_1

| | コメント (14) | トラックバック (0)
|

trangia

ここ2年ほど、コツコツとオフクロの防災用品を準備しておりますよ。

現代では地震と無縁のイメージがある秋田県南部の農村地帯。
けれども記録を調べますと、長周期的に震度5~6クラスの地震が発生しているのですよ。内陸直下型というやつで。
挙句に近所には派手な断層があり、これも震度4~5クラスの危険性が。

当地における最悪の地震発生タイミングというのは、2月上旬の早朝に発生する大きな地震であろうと私は思ってます。
気温がもっとも下がる時間帯。季節はもっとも気温が下がる時期。
もちろん積雪があり、昨年の豪雪を例に挙げるまでもなく、夜通し降り続いた雪が積もっているとするなら。
家屋倒壊。あるいは暖房器具による火災。そして続く余震。
豪雪による混乱もあって、すぐに救助の手が差し伸べられるとは限りません。

ただし平野部ですので、新潟の地震のような長期の孤立無縁状態はないと思われます。地域の中核地からも橋など通らずに到達できます。混乱が終息して救助活動が始まれば、あとは時間の問題になるはず。

2月上旬の大地震に対して3日間は耐える。それを目標にしておりますよ。
冬期の暖を取るには、まず暖かいものが食べられるというのは大きな要素です。
気温が低い時に火を調達するとなれば、ガソリンストーブがすぐ思い浮かびますが、アウトドア初心者のオフクロには操作が難しい話ですな。
ポンピングして火が点く気温ならともかく、プレヒートが必要となるともう無理。

そこで。固形燃料かアルコールストーブにしとこうかと思いつき、アルコールストーブといったら、もうトランギアですな。前置きが長いぞ(^^ゞ
Alcoholburner_1

当バカサイトと長くおつきあいくださってる読者の方なら、私が山へ登ったり野宿していたのはご存知のことと思います。
徒歩移動による野宿旅も想定の範囲内にあった当時、私はコンパクト軽量な装備を選んでいました。トレッキング用の装備が多く視野に入ってきちゃって。

私が使っていたクッカーはトランギアのものでした。懐かしい。
メスティンも密かに愛用してました。

Messkit_1

んで、ついネットでトランギアについていろいろ見ていたら、スノーピークのチタンクッカーはまだ売ってるのかとか、ユニフレームの焚き火ストーブはどんなのかとか、あちこちウロウロ。気がついたら5時間ほど時間が経過しちょりました(^^ゞ

Stove_a

『冒険』、『探検』、『サバイバル』といったものが希薄になりつつある時代だからこそ、そういったものが流行った時期に幼少期を過ごしてしまった私は、どうもアウトドア用品に弱いのですよ。
買い求めても使わないくせして、買ってしまったら使わなければいけないといったノリで、当時は出かけていた気がします。

ホント、カメラを趣味にしちゃう人は、アウトドア用品に興味を持っちゃいけませんぜ。ハマりますから。
もう何年もキャンプなんて行っていない私でさえ、オフクロの防災用品という名目で買い付けたりしそうなんですから。

すいません。ついエスビットを買っちゃいました・・・。

Naturumoutdoor_1921_41763897 

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

ジンクス

土木作業のために会社を休んでいた私。
その間、職場では大変だったらしいですよ。機器トラブル発生で。
そこがイカれたら浄水場の根幹に関わる、というような故障が発生したそうです。

かといって故障したからお休みしちゃうというわけにはいかない公共事業。

コンピューター集中制御→旧型電気回路制御→現場手動制御と3重制御が可能になってまして、その上、いざとなったら人海戦術でバルブ操作しまくりという方法も残されています。
ウチから出ていく水に影響はありませんでした。

この故障。なぜかいつもババを引く同僚が担当している時に発生とのこと。
不思議とトラブルが起きる人なんですね。落雷とか機器故障。
さぞや普段の行いがよろしくないのであろうと同僚の間では

「いろんな経験ができて勉強になった」と前向きでいられるうちはいいんですけど、トラブル担当みたいになっちゃうとね、ちょっと。

コンビ仕事をしていると、なぜか私のチームだけはトラブルフリーなんです。
これは社会に出たときからのジンクスでして。私といっしょだと楽ができると。
東京アルバイト時代の仲間は、身に染みて知ってるジンクスなんですよねー。
楽をすることがいいことかどうかは別として(^^;

お姉ちゃんに関しても、私といっしょだと常にトラブルを切り抜けられるという

深刻な機器トラブルを招いた電気基板は、27日以降でないと入荷しないとのこと。
ライフライン維持のためなら、少しは予備部品をキープしておいてもらいたいもので。
業者も役所も。

R2291gr21sp4

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

トンボ

ちょっとした土木作業に従事してました。そういう季節ですから。

んで廃材を片付けてましたらね、板材の陰にトンボがいましたよ。
死骸かなあ、と思ったら、動いてます。生きてるんですね。初雪の降るこの季節に。

遅い季節に生まれちまったのが不運だったな、と思うしかありません。
気温が低くて、ロクに動き回れないまま、ヤツは死骸になっていくのでしょ。

なんつーかですね、ものの哀れっつーかですね、俳句の心得があるなら一句読みたくなるくらいでしたぜ。
自分が欝っぽくなってるせいか、ものの哀れに敏感になっちまってます。

きのうのエントリーに追加。

泣き言はたいがい本音です(^^ゞ

R0100g7

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

電脳芸者

あたしゃこのブログにたいしたこたぁ書いてないわけですが。

それでもいちおう「今日のネタはなににしようかな?」と少なからず考えている時間はあるわけで。
まとめようがなくて無理にオチをつけたりしている時もあるかもしれません。

プライベートを切り売りしてるネタもあるためか、どうも私の本音がここにあるように思ってる方がいるようですな。
テレビに登場する人が、目の前にテレビカメラがある限り、絶対に素の自分にはなれないように、オバカな私とて、100%の自分を不特定多数に公開したりはしませんぜ。

ビヨーン太であって、私ではないのですよ。
そのへんを一部の方にはぜひご理解していただきたく。
常に本音を書いているとは限らないのですよ。

と、無粋なことをまたしても書いています。
どーも、たまに書く突っ込み系や遠回し系のネタが、そのまま私という人間は全面的にそうなのだと思われているフシがありまして。

シャレはシャレだと理解している読者には無粋以外のなにものでもないのですけど、実生活に影響が出てくるようになると、どうしてもたまに書いておかなければならない必要性があるのですね。

ここにいる私よりも、実際に会った私のほうが数段本音に近いですよ。どちらかといえば。

858448

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ルーツ

古い映画なんですが。1955年製作。朝鮮戦争直後の時代ですな。
『ミスタア・ロバーツ』っていう映画がありましてね。
ヘンリー・フォンダ主演です。

Roberts

カテゴリーからしたら戦争モノなんでしょうが、戦闘シーンは皆無。
1945年の南太平洋が舞台ですから。平和な海域の話ですので。
舞台が海軍補給船というだけで、メインは人間ドラマ。
ジャック・レモンがこの作品でアカデミー助演男優賞を受賞しているからには、作品としても評価されたのでしょうね。

いい映画ですよ。当時のハリウッド的な鼻につく演出はあるにせよ、地味な設定の中、組織の中で善人が生きていく困難さと、報われないことなどないのだ、という性善説。そして、運命というものからは逃れられない空しさ。そんなものが描かれているように思えます。

で。ひさしぶりに私はこの映画を見て、あることに気がついて愕然としました。
私の組織論ってのは、この映画にルーツがあるように思えましてね。

学生の頃に見て、それなりに感ずるところがあった映画なのですよ。
マイナーな古い映画ですんで、たぶんテレビの深夜放送で見たのだと思います。

「下の立場の者を徹底的にかばえ。そのためには上の立場の者の理不尽にかみつけ。」そう父親から育てられた私の感性にヒットするものがあったのでしょ。

前の仕事での最大の悩みは人使いであり、また最大の収穫というのも人使いの妙でした。下っ端をどう使うかで、その人間の組織人としての本当の価値というものが決まるように思えました。

私は社会に出た時に契約社員という名の底辺から始めたものですから、下っ端の論理を理解できますし、実質やってることは管理職という立場も経験してまして、会社の論理というものも理解しているつもりです。
偉い人というのは、自分がいなきゃ会社が動かないように思いがちなのは世の常ながら、実は末端の下っ端がいなきゃ業務が成り立たないのも事実でして。

現代社会では、上にヘコヘコして名前と顔を売り、下には自分のために働かせて当たり前というノリが常識なのでしょ。
でもね、本当に優れた組織人というのは、上には自分のために動いてもらい、下には目一杯動ける環境と気持ちを作ってやる。そういう人だと思いますね。
どんなに仕事がきつくても、下っ端っとの連帯感があれば、私は耐えられましたよ。

上から見たいいヤツと、下から見たいい上司というのは、必ずしもイコールではありませんからね。
そのへんをわかりやすく描くと、『ミスタア・ロバーツ』になるのかなと。
こうあらねばなるまい、と主人公に対して無意識のうちに思っていた学生だったのかもしれないと、今にして思うわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

EZ-GO

あー。なんだか自分がいろんな重荷を背負いすぎてることに気がついたよ。
背負わなくてもいいものまで背負ってしまってる。

Easy Go。もっと気楽に生きてもいいんじゃないのかなあ。

世の中のたいがいのことは、なるようになるし、なんとかなってる。
気楽に生きられたら、Eazy Comeかもね。

P742rdpgr1

年齢なりにいろいろと汚れがついてしまっている自分ながら、せめて気持ちだけはきれいなままで生きたいと思ってます。
朱に交わって赤くなりたいとは思ってません。
協調はするけど迎合はしない。大事なものだけは譲りたくありませんから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

エリザベス女王杯

エ杯があるってのは知ってたんですが、情報収集その他をサボってました。
なにやるにしても身が入らないぼんやりモードですから。
ぼんやりしてちゃ、取れる馬券も取れません。

馬券予想には集中力と神の降臨を必要とします。
ぼんやりしてるヤツには神様の味方はありません。

それでもレースに臨むといちおー参加したくなってくるわけで。やめりゃいいのに。

フサイチパンドラ以外の掲示板をビシッと当てましたよ。意味がない_| ̄|○
2着をハズしちまったら、複勝馬券以外の出番はありません。
いわゆる「いっちゃさんちゃ」じゃ馬連馬券は意味なし~。

挙句に1着カワカミプリンセスが進路妨害で12着降着処分。
ディアデラノビアはきっちり押さえていたのになー。
スイープトウショウの迫力不足は、騎乗ミスか、はたまた天皇賞の疲れか。
現3歳馬の台頭ってやつですかね。

コイウタが地味にオーロカップで2着に入ってましたな。
ダイワバンディットが1着だったりして。
「昔の名前で出ています」的なシブいメンバーのレースでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

芋煮鍋やってみたよ

東北南部ですなる、芋煮鍋とかいふものを、けふ食す。

私が山形で食べたのは、飯豊町の道の駅で提供されていた芋煮でした。
秋田で鍋っこ遠足といえば、定番はキリタンポ鍋やダマコ鍋あたり。
醤油ベースに鶏肉のダシですな。最後にうどんをぶち込んだりしてね。
けれど芋煮鍋は牛肉の醤油ベースなんですな。

牛肉と醤油の組み合わせとなると、すきやき鍋を連想してしまう私。
実は当地ですきやきというのはマイナー扱いもいいとこで、牛肉文化というものがまったくありません。
すきやきといえば甘口のタレだと私は思ってます。飯豊町で食した芋煮も甘口。

ええ、サトイモやらなんやら買ってきて、作ってみましたよ。アル変モードで(^^;
テキトーに作ったわりに、けっこうおいしくいただけてラッキー。
牛肉と野菜が具ですが、ダシで悩みまして。醤油だけじゃ自信がなく。
しいたけ醤油というものがありまして、これをメインに、こんぶダシと八方汁で調整してみました。
一味足りない気はしたものの、自分で作った作りたてはスイスイ食べちゃうんですよねー。

鍋といえばキリタンポ鍋やチゲ鍋を好む私ですが、秋は芋煮で冬はキリタンポっていうローテーションでもいいかなと。そう思いましたね。
秋田でも芋煮がメジャーになるといいのに。秋っぽくてよろしいでっせ。

サトイモ、ダイコン、ニンジン、ゴボウ、シメジ、コンニャク、牛肉。最後に長ネギ。

R3451f7j

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

週末の運勢について

「あなたの週末の運勢は~。将来に対して大きな不安を感じる出来事があるでしょう。」

ケッ。こちとら、とっくに将来を悲観してら。今さらなにがあっても驚かねーよ。

「ラッキーカラーはピンクでーす。」

なに。俺にピンサロへでも行けと?(大違)

R2249id4

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

買い物下手

夜勤明けの即日夜勤やってます。ひさしぶりです。

私が苦手とする勤務パターンで、仮眠のみで明けて、その8時間後にまた夜勤が始まるというのは、昼寝できればいいほうで、また仮眠しかない夜勤にそのまま突入となります。

なんでこんなことになったか。
実は今日、会社絡みの宴会がありまして。

出欠確認があった際に、出欠の意志を明らかにする前から、幹事に「出たくないなら無理して来んな」と言われまして、ふつー、それは「できれば来てほしくないんだけど」という意味だろーよ、売り言葉に買い言葉で、つい私は「じゃあ行かない!」と宣言しちゃったのですね。

私は出席しようかどうかなんにも決めてなかったんですが、飲み会は好きなので出席しようかと思ってました。
けどね。「来てほしくない」みたいなことを言われてもなあ。なんだか気が進みませんで。

当日の夜勤に当たったジ様が、宴会に行きたくてしょーがないというので、バカくさいなーと思いつつ、留守番してやっか?と提案した結果が、本日の即日夜勤ってわけですよ。
んで、留守番することにしてしまったので、もう欠席するしかなく。
これからの忘年会シーズンに備えて一稼ぎしておく、と前向きには考えてますけど。

こういう自分のすぐケンカを買う姿勢。しばらく自分にはなかったはずなんですがねー。後悔してます。
戦闘的だな。俺っち、荒れてんのかな。いかんいかん。

というわけで、ここ一週間ほどは、努めて怒らないように自分をなだめてます。

フニャフニャした気分になりたーい!

Q004

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

感度向上

DoCoMoでFOMA用アンテナをMOVAの1.6倍に増設するそうですな。年度内に。
そのくらいやってもらわないと、MOVAよりも不便な印象が拭えませんぜ。

出力が同じアンテナなら、周波数の高い電波ほど遠くへ飛びませんので、アンテナをたくさん増設するか、あるいは出力をドンと上げるかしか手はありません。

DoCoMoの努力のおかげでしょうか。
気がつくと、山の中の我が職場で、飛躍的にFOMAの感度が良くなってます。
やっと普通に使える感じ。メールもサクサク入ってくるようになりました。

それなのに。私の携帯には、以前に比べるとぜんぜんメールが来なくなってますので、あまり便利な感じがしまへーん。
メールを頻繁にやり取りする人がいなくなっちゃったので(^^;

気分転換にボロい携帯を買い換えようとしたら、旧モデルにもかかわらず、まだまだ高価で躊躇してしまいました(私の金銭感覚による)。

いろいろと、うまくいかねーことって、多いものですねえ。ふう。

R2094d505

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

冬タイヤ 選べず

寒冷前線通過って、前線は単に通過したつもりなんでしょうが、南北に走って間隔の狭い等圧線は、迫力の天気図でしたな。
北日本で自然災害が発生する時の典型的な天気図ですがな。
そこへ急速に気圧を下げている低気圧が組み合わさると、なにか起こっても当然。

北海道佐呂間町で起きた竜巻災害では、県人の犠牲者が出てしまいました。合掌。
東京で暮らす娘さんが結婚間近で、それを楽しみにしてらしたらしいですよ。
いい人は早く亡くなりますな。Good die young。

そうかと思うと、70mの崖下に転落して年配の人が5人も亡くなった事故が起きて。
当地でいう冬タイヤ。つまりスタッドレスタイヤですな。
これを2年間履きっぱなしだったことが指摘されてます。
夏も冬も履きっぱなしで、かなり磨り減っていたことが想像されるらしいです。

でもねえ、私の前の職場の先輩で、初期のブリザックを冬だけ7年、面倒なのでその後3年は通年で履き潰していた人がいましたが。
10年目のブリザックでも普通に通勤に使ってましたよ。
スタッドレスよりクルマの発電機が先にイカれてしまったくらい。

私、アウトバックに乗り換えてしまったので、前の15インチホイールではなく、17インチになってしまいました。
今シーズンはホイールごと冬タイヤを買わねばならないのですが、ホイールのデザインで悩む以前に、どのブランドのタイヤを履いたものか、選べなくて困ってます(-_-;)

北国ではブリザックがデフォルトというノリはあるのですけど、限界を越えるといきなり激しく滑り出してコントロールできなくなる、あのセッティングに馴染めません。
営業車用の安いトーヨーは、徐々に滑り始めて、ヤバくなる寸前が把握できた分、ブリザックよりもマシだよな、と私は思うんです。
ミシュランの古いブランドはなかなかの実力でしたが、最近は日本の人口集中地帯、すなわち首都圏のスキー族を狙ったセッティングになってるようで、北国の住民としてはどうなのかなと。

さーて。どうしたものか。すぐ磨り減ってダメになるブリザックREVOシリーズに高いカネを出すのは納得がいかず。
さりとて、ピレリやミシュランのような日本型北国の事情無視みたいなタイヤも敬遠したく。
ヨコハマのIG20あたりが無難かなあ、と考えてはいるんですが。いまひとつ決断しきれません。むう。

R2198g3r

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

レム睡眠行動障害

テレ朝の某番組で、レム睡眠行動障害っつー病をやってましたが。

私ね、一時期そんな感じでした。
夢の中でなにかを蹴っ飛ばした自分の足が痛いなあ、と思って目が覚めると、タンスを蹴っ飛ばしてたり。

徹底的に追い詰められる夢で、もうどうにもならんと悲鳴をあげると、その自分の悲鳴で、あまりに声が大きくて目が覚めることもありました。

同居人がいた頃、私は寝言で同居人と会話してたらしいですよ。
寝てる人と会話しちゃいかん、という日本土着的言い伝えをぶっちぎってる同居人には、いささか腹が立ったものでしたが。

なーんだかメンヘル気味の自分に対して、おめーにはなにがあっても不思議に思わんわ!と自分で思いますけどもね(^^ゞ

そんなメンヘル気味の私を心配してくれたのか。はもさんがわざわざアパートまで来てくれました。すんません。自分でもどうにもならない時があるんですよ。

俺っち、自分がたいしたことのない、どちらかというとダメなヤツだと思ってますんで、原因を自分の中に求めてしまうのよ。

そういう性格で損をしてきているのは知ってるんだけども。
だから自分が嫌いなんだよネ。
女一人、幸せにできない俺っつーのは、なんだかダメな野郎だなって。

001

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

ちょっとお休み

頭を抱えちゃうくらい自己嫌悪に陥る出来事がありましてね。
更新自粛って感じです。

酒飲んでバカ騒ぎして恥ずかしい発言をした後悔に近いとこあります。
自分のバカさ加減がイヤんなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

タフ&ニート

『強くなければ生きてはいけない。やさしくなくては生きていく資格がない。』

マーロウのこの言葉。
これから40歳代を激しく生き抜かなくてはならない自分に贈りたいと思います。

2年くらい前にたわごとで取り上げた時は、言葉を間違えた挙句、読者の方から指摘された記憶が

Be007kr

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

原口そばや

きのうのにゃんこは、原口そばの玄関で寝てたにゃんこなんですよ。

これはぜひ書いておかなければなりませんが、山形県上山にある原口そばは、米沢在住のWillさんに教えていただいた店なんです。もう10年くらい前になりますかね。
この店を教えていただいて、私は日本そばへ興味を持つようになったのでした。

絶対的においしい店なのか、正直な話、私は蕎麦通じゃありませんので、コメントのしようがありまへん。
ただ言えるのは、この店で蕎麦を食うことには、明らかに意味があると。

地元の農家の広間がそのまま客席になってましてね。
田舎の親戚んちに来たかのような、なんともいえない安心感がある空間なのです。

昨年はレガシィ号の燃料ポンプがイカれて諦めた原口そばや。
リベンジしてきましたよ、あたしゃ。こってりした蕎麦湯のうまいことったら。
鰹ダシのツユと、季節によって変わるガッコが、なんともたまらず。

平日の変な時間に訪問したので、広間は私の貸し切り状態でしたぜ。
ゆっくりと気の済むまで堪能してきましたですよ。

願わくば。ぜひ食べさせたかった人もいっしょなら、もっと満足したのですがね・・・。

Dscn1970

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

小さな旅をしてきました

フラフラ~とね、ちょっと旅に出てきました。一泊二日で。
新鮮さを求めての旅ではなく、ある程度は知ってる場所が多かったデス。

旅ってやっぱりいい。日常生活でグシャグシャになってる自分をリセットするような効果があるように思えます。
知らないバ様に話しかけてみたり、知らない街の夜を歩いてみたり。
現地に行ったら思うようにならないことがあったり。
うまくいったことも、うまくいかなかったことも、すべて旅の思い出になります。

なにかシャンとしたような気がしてます。
思い返すに、こんなブラブラ旅なんて、何年もしてませんでした。

クルマでの移動ですから、拾える被写体なんてたいしたものではないのですけど。
それでも、たまには思いもよらない被写体に出会うのですよ。

店に入る時にはいなかったにゃんこ。なんでまた店の出口で寝てるかね?
きっとこんな時間帯はお客さん来なくて安心して眠れる特等席なんだろ。
すまんなあ。変な時間に来て。

これからはたまに旅に出るべ。そう思いましたね。

Dscn1977_b

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

まだ40

前向きに転換ですな。

40歳になってしまったのではなく、まだ40歳ですがな。

四十にして惑わず。不惑ってやつでして、やっと惑わなくなる年齢が40歳。
寿命の短かった中国の古い時代でさえ、やっと40歳なのですよ。

ギリシャ時代でさえ、精神的な結婚適齢年齢は43歳などと言われていたくらいで、人間ってのはいい加減な年齢に達しないと、大人になれないようです。ましてや現代社会をや。

R2099e5r

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ひとり

「恋をしている時って、生まれてきて本当に良かったと思うじゃない?」
テレビで女優の山口智子さんが言ってました。

たしかに。なにもかもが素晴らしいものに思えてくるもんだよなあ。
でも、夢も希望も生きる目標も失うと、生まれて来なきゃ良かったとも感じまさあね。

まだ前の仕事をしている時でした。
朝からショッピングセンターの談話コーナーに来て、そのまま閉店まで居座ってるおじいちゃんがいました。
店のテレビを占領したり、自分の家みたいに過ごしているんで、客からクレームがつき、ショッピングセンターから追い出されてしまいましたっけ。

でも、私は知ってました。そのおじいさんの寂しい身の上を。
ひとりで家にいるとおかしくなりそうで、少しでも人に触れたくてシュッピングセンターへ来ていたんです。
私はできるだけ声をかけてあげていたんですが、内心で「こうはなりたくない」という汚い気持ちも持っていました。

最近、あのおじいさんの寂しい後ろ姿が思い出されましてね。
あれは、俺の未来の姿なのかもしれんな、と。

同じような境遇の連中が集まりますと、最近は老後の話すら出るようになりました。
孤独死に備える、なんていうことを言う人もいまして。

R1638g3r

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »