« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月の30件の記事

量産

大学受験対策で世界史と地理を教えない進学校が、たくさんあるようで。
ということは、日本の大学では世界史も地理も重視してないという解釈になりますわな。

一方で、文部科学省は小学校に英語の授業を強制導入しようと。
国際的な役立たずを量産する意図が文部科学省にあるのでは?と思ったりして。

いくら英会話ができても、大事なのは会話よりも思考能力ですがな。
そのためには、日本語の能力が欠けていると、どうしようもありません。

英会話を学びたい人が学べる環境を整えるのは重要です。
公立の英会話学校があってもいいくらいだと私は個人的に思うくらい。
でも国語の授業時間を削ってまでやる意味はあまりないと私は思ってます。

最近の日本の留学生は、ペラペラとよく英語を話すわりに、言ってる中身がなにもない、という評判を、政府は知らんのだろうなあ。

んで、世界史の知識がないと、西欧のエグゼクティブとは世間話すらできまへん。
あちらの取引先の管理職と会食していて、なんも話についてけなくなりますな。

世界史ってのは、政治経済や芸術の世界と密接な関係があるので、そっち方面の話題にもついてけなくなり。
もちろん、大学の専門的な授業にもついてけるわけがありません。

アラブ世界の潜在的なアンチ西欧ノリだって、世界史を学ばなければ理解できない話で。世界中で起きてるいろんなことは、歴史の積み重ねの結果と極言してもいいくらいなのですよ。

偉いお役人の考えることや、進学校の先生たちの考えることってのは、下々の者にはよく理解できませんぜ。

R3305hexrvp

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

けっこう凹む

お風呂に入る時ですね、ふと股間を見ましたら。白い毛が2本(T_T)
嗚呼、とうとう来るべき時が来てしまった、という感じ。

話には聞いていましたよ。股間のそれを目撃した時の衝撃は、かなりのものだと。
そんなにショックなもんかな~と思ってましたが、いざ自分がその立場になると、けっこう凹むものですね。とうとうそういう年齢になったのかと。

最近、凹むことばっかりでイヤんなっちゃう。
もうなんにも楽しいことなんてないや。
顔では笑ってますが、心の中はもう凹みまくりで大変ですぜ・・・。

R1390id4

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

ダメ予想

天皇賞はダイワメジャーでしたなー。
骨太なイメージのある存在は、府中2,000でタフなところを見せてくれました。
2年前の天皇賞でビリっけつだった馬とは思えない

牝馬ってのは線が細いイメージがありまして。
スパッと切れる足を使えないと厳しいかな。
ええ、私はスイープトウショウを本命にしちょりました。

負けたとはいえ、彼女はなかなかの女傑でありますよ。
昨年のエ杯から1年ぶりに出走した京都2,400でズドンと勝つなんざ、なかなかできることではありません。

迷って切り落としたスウィフトカレントが痛かったです。
掲示板の可能性はあっても連対はナシ、と読んだのですが。

本日の戦績は4戦1勝。逆ザヤも加わってマイナス収支もいいとこ。
山形まで新ソバを食いに行くのを忘れてましたので、サクッと勝ってソバを食おうと思ってました。

負けても食いに行くんだけどね。テヘ☆

P9160e5

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

秋天直前

久しぶりに馬券を買ってみました。2,000メートルのレースを3場で1レースずつピックアップして。
結果は1勝2敗。収支はプラスになりましたが、勘が働いてないのを自覚できる結果でしたねー。福島で取ったから、まあ良しとするか(^^;

ところで天皇賞。荒れる要素があるかとも期待してましたが、メンバーを見るとそうでもありませんね。
見たところ、スイープトウショウが一歩出ているような気もしますが、府中とあまり相性が良くなさそう。
4コーナーからヨーイドンになったら、ダイワメジャーあたりが駆け上がってくる可能性もあり。

んで、私のヘボ予想。

◎アドマイヤムーン
○スイープトウショウ
△ダイワメジャー
▲コスモバルク
×ローエングリン、スウィフトカレント

ってなとこですか。ありきたりの予想ですんません。
勘が働かないのよねー。普通の予想しかまだできまへんのです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

ドラマチック野郎

R2955f7j

日本シリーズにおける日ハムの勢いって、ものすごいもんがありましたね。
プロ野球は門外漢の私でさえ、いろんなものを巻き込んで盛り上がってく日ハム、あるいは新庄選手の存在ってのは、すごいものがあるなと感じました。

パ・リーグっておもしろいですね。理屈じゃなくて気合で戦ってる雰囲気が濃厚で。
どこが優勝してもおかしくはない、という感じは、ファンも応援し甲斐がありますよね。
オカネをたくさん出してスター選手を集めたチームの動向がまず話題になる、というようなワンパターンではありません。

それにしても新庄選手。ドラマチックな人だな~。
生まれもってのドラマがつきまとってるとしか思えません。

大リーグから帰ってきた人気者が、あえて北海道の日ハムを在籍チームとして選び、地元を盛り上げるだけ盛り上げて、引退宣言をした年にチームを引っ張って日本一にさせちゃうんですもん。

今後の新庄からも目が離せませんなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

BZN-100 補足

21日のエントリーで、ワタクシ嘘を書いておりました。
ユーザー登録ポイントは、100mスケールにしないと表示されません。
また、表示された登録ポイントは、文字がすんげーでかいです(^^;

近距離のナビゲートを拒否することがあるのを書いておかねばなりませんね。忘れてましたぜ。

近距離拒否が発生するのは、たいがい林道の奥などにいる時で、半径10kmくらい以内に次へ行きたい登録ポイントがある場合、「近すぎます」という表示が出てルート設定を拒否することがあります。
県道レベルまでしかナビゲートしない性格が仇になっていて、何本か先の別の林道に入りたいような時、その林道が同じ幹線道路から入るような場合は拒否するみたいです。

こんな時、地図の縮尺を大きく(つまり表示範囲を広くする、倍率を下げる)して次のポイントを探そうとしても、悲しいかな、100mスケールというわりと狭い範囲の表示でしかユーザー登録ポイントが表示されません。
つまり、きちんとした位置を把握していなければ次のポイントを探せず、位置を知ってるならナビなんていらねーよ、ということになってしまいます。

ルート設定を拒否するのですから、ポイントまでの方向線は表示してくれません。
そうなると、もう野性の勘に頼るか、事前に見ておいた地図の記憶に頼るしかなく。
そういった意味で、林道特攻にBZN-100は適していないといえます。

あと、地図データ上で作りかけ道路になっていて袋小路、でも実際は道路が全通しているよ、というような時。
Uターンという概念が薄いらしく、袋小路に入るとルート再探索の繰り返しになり、音声案内がうるさいったらありゃしない。
このへんは袋小路ルーチンみたいなものをメーカーさんに追加してもらいたいとこですね。

ものすげータイトなワインディングでは、さすがの高感度GPSアンテナもついていけなくなるようで、逆走してると判断するみたいですね。
これまたルート再探索が連続して、かなりうるせーこともあります。

それでもパソコンナビ野郎だった私は、まだトイナビのほうが気楽だったりします。
完璧なカーナビなど世の中に存在しないことを考えれば、どのくらいまでユーザーの工夫でカバーできるか、というのが価格の違いだと思ってますよ。

トイナビを使いきれないヤツは、自分の能力が足りん!とまでは申しませんが(^^;

Dscf2769_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ありがとう

今日はね、ちょっといいことがありました。

なんというかなあ。癒されましたよ。
人は大好きなものに触れると、心が和らぎますね。

当たり前に周囲にいると思っていた人が、実はすごく自分を癒してくれてるんだなあって。
なんだか自分の中に溜まっていたいろんな澱を押し流してくれるような感じで。
俺は自分で気がついていなかっただけで、ずっとこの人に癒されていたんだと、あらためて実感しました。

私の周囲にいる人は、偶然にいるわけではないのですね。
縁があるからこそいるわけで。
その縁に感謝しなければなりませんね。

俺は密かにあなたに癒されていたのだと、あなたの笑顔に癒されていたのだと、今さらながらに知ったよ。
頑固で一途で、しかも不明な俺を許してくれい。

R1602sp428t

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

がんばってる人にはNCAA(古!)

せんだってNHKで、地方の景気回復についてちょっとした特集をやってましたが。

景気回復が抜群な地区として熊本市近郊地区が取り上げられていました。
人口増加率が1.2を超えていて、全国一とのこと。
半導体工場の進出と増築がその要因にあり、北九州地区の自動車工場に近いという地理的要因もあるそうですな。

んで、逆に景気回復がまったく進んでいない地区の代表が、秋田市でしたよ。トホホ。
相も変わらず企業誘致に頼ろうとするものの、雪国のハンデと、大規模工場への距離が遠いので下請けもパッとしないらしいっす。

価値創造ということが苦手で、右ならえが好きな県民性。
都会志向が今でも強く、足下を見直すことができない土地柄。
ここにしかないものはたくさんあるんだけどなあ。

私の勤める会社のいいところは、地元企業を積極的に使おうとするところですね。
大手と地元が競合したら、基本的に地元業者を優先して採用しているようです。
簡単なことのようで、秋田ではなかなかやってる会社は少ないですよ。
長い物に巻かれたがる人が少なくないので。

いいところのある業者は、小さくても育ててあげないと。
がんばってる人には、ちゃんと報酬がなくちゃだめなんですから。

R1447g3j

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

MR.ルーキー

前に書いたことがあるような気がするなー、と思いながら、いくら探しても記事が見つからないというのは、モーロクしてる以外のなにものでもなかったりして。

『たわごと』だけでも把握できなくなりつつあるのに、ここのブログでしょ。
んでまだあるのよ。書いてるとこが。もうなにがなにやら。

ほれ、本家に『ちょろすな』あるっしょ?
画像に撮影データ載せるのってあまり好きではないのだけど、読者さんからのアドバイスで掲載してます。

んで、前は露出補正データも出してました。絵を見れば思い出せましたから。
ところがですね、一昨年あたりから記憶があやふやになってきてまして、とうとう露出補正については失念状態。
こりゃプラス方向だよね。というところまでは記憶していても、はて、なんぼ補正したっけか、というのがわかんなくなってます。

まして酔眼でヘキサーなんか使おうもんなら、いわゆる腰ダメの補正ですから。
かといって律儀にメモを取るなんてことは、絶対にやらない私。うふ。

で。このところ女優の鶴田真由を見なくなったな、と気がついた話なのですよ。
B級邦画としてはいい線いってると個人的に思ってる『MR.ルーキー』をね、ちょっと思い出して見てたんですが。

いつか書きましたよね?スキャンした記憶があるんだ。
主演が長嶋一茂ということで引かないでほしいと。彼でなければ主演できなかった要素があると。
書いたよな?書いたことあるよね?

日本的サラリーマン小市民な幸せと、家族愛のようなものですね、このへんの描き方が自然でよろしいのですよ。
鶴田真由がね、なんだかんだでいいキャスティングだったのかもしれんなあ、とあらためて思うわけです。
普通の家庭の今っぽい妻をよく演じてるよな、と感じますですよ。

Mr_rookie_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

天皇賞は買ってみようかなあ

菊花賞は中穴って感じの結果だったようですね。
予想もしてなきゃロクに観戦もしちょりませんでして、私のコメントはなんもありまへん。
ただ、さすが武豊。大逃げしてきっちり結果を出しましたな。

実は競馬の口座がすってんてんなのですよ。
夏から遊びすぎ、非常用資金だった競馬のオカネに手をつけちまいまして。

天皇賞はディープが回避するとのことですから、意外におもしろいレースが見られるかもしれませんよ。メンツ次第ですけど。

強力馬不在の府中2,000は、荒れるかもしれんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

BZN-100 その7

Img100_set

このブログは検索サイトにおける検索ワードヒットというようなものを教えてくれるのだけど、いわゆるマヨ100、ブロゾンのBZN-100が多くヒットしているようですなあ。
そこでまあ率直なインプレを。

まず画面が小さいことは覚悟していただきたいのですね。
たった3.5インチですよ。携帯用ゲーム機並みの大きさですから。

これは店頭で見ているより、運転中のほうがはるかに小さく感じます。
音声案内がなければ、かなり辛いのは確かです。
運転中にチラ見している状態というのは、動体視力を使ってるに等しいわけで、視力はかなり低下しています。
ナビは画面が大きければいいのかとなるとアレですが、小さくて苦労するよりもは楽でしょ。

Dscf2971_b1_1

情報表示に難アリ。
ちっこい画面だからなのか、スケール変更が最大で25m、最小で5kmと柔軟性があるものの、登録地点は250mスケールよりも拡大しなければ表示されません。
ですので、登録しておいた地点が近所にあったとしても、具体的な位置を知らなければ、地点が画面外だと、小さなスケールで見ていても気がつきません。

このへんは経由地点指定ができないことと関係していて、次に訪れる予定の地点を常にインプットしておくことで解決はできます。
目的地を指定しておくと、どんなスケールにしても目的地方向表示が出ていますので、山奥の廃村だろうが、道路がないはずの場所だろうが、目的地表示へ近づくようにクルマを動かせば、なんとかなります。

また、メニュー画面が洗練されておらず、目当ての画面がどこにあるのかと探して混乱することがあります。
私はあきらめて画面をあまり探さなくなりました。
ひょっとすると、機能のうちのいくつかは使ってないのかもしれませんね。

Img_4231_1_1

長所としては、なんといっても価格が安いこと。そしてコンパクトで軽量なことですね。
盗難を警戒する人は、いちいち取り外してしまえばいいんです。

そんなに面倒じゃないですから。ワンタッチではずせます。
コードも電源コードだけですから(端子がヤワらしいんで、無理に抜くとイカれるらしいっすよ)。

GPSアンテナの反応は素晴らしく、ジャイロがなくても東北地方で使う分には問題がないですね。
これがビル街とか地下になったら別ですし、屋根のある場所では衛星を捕捉できないわけでして、都会向きとはいえないかもしれません。

ベータ版Ver.2までは動作がサクサクしていてストレスフリーです。
けれどVer.3は若干重くなってるようですよ。私はVer.2のままにしてあります。

Ver.3は住所検索機能を強化したので容量が増え、北海道版と本州版に分かれてます。
しょっちゅう津軽海峡を往復してる人は不便すぎるねって感じ。まあSDカードが2枚あればいいだけのことですか。

結論として、生まれてこのかた地図なんざ見ることがなかった人は、手を出さないほうがいいですね。
逆に、出発前に地図でイメトレするのが習慣になってる人や、道具というのは欠点を使用者の能力で補うのが当たり前、と考えている人にはオススメしますよ。

装着簡単。ケーブルは電源コードだけ。粘着テープ仕様のスタンド以外にも、吸盤仕様のものもオプションであります。
自由度の高い使い方ができる点。これがこのシリーズの特徴かと。

なんでもかんでも揃えてもらわなきゃなにもできない良いお育ちの方は、黙って20万くらいのナビを買ったほうがいいと思いますよん。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

責任回避について

禁止薬物、なんて、競馬界ではひさしぶりに耳にした気がしますね。
JRAだとステートジャガー以来???
スターホースのディープインパクトがネタですからねえ。マスコミは騒いじゃってますが。

国によって競馬馬に対する規制というのはマチマチなので、フランスの規制には引っかかった、くらいの話題でしかないはず。
日本は薬物を羅列して禁止しているわけですが、フランスの場合は「自然の状態で馬の体内にあるはずがないものはすべて禁止」ですから、あちらのほうが厳しかったというわけですね。

ところがJRAのマスコミ対応が悪く、火に油を注いじゃってます。
JRAとしてはなんの関与もございません。そりゃそうでしょ。
でもそんな責任回避論を聞きたくてマスコミが集まったんじゃないでしょ?

「馬主と調教師に責任があります」って、そんなのみんなとっくに理解してる。
ディープが凱旋門賞に勝っちまったら、これ幸いとばかり、宣伝に使いまくるJRAの体質もみんな知ってんのに。

天下りの理事がズラッと並んで記者会見をやったわりに、ひたすらみっともなさだけがイメージとして残る会見でしたっけね。
間違いなく何人かの理事はクビが飛ぶんじゃねえ?

アジアの馬に勝たせるわけにはいかなくて、薬物を仕込まれたんじゃないかっていう推理も巷にはある様子。
ディープが恒常的に使っていた薬物だというのはすでに明らかになってます。その線はないですよ。

フランスの連中ならやりかねない、というのはあるにせよ(^^;

R1807e5r

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

たくさんのお客さん

明日は職場に全国からお客様がいらっしゃるそうですよ。
その数、なんと300人以上。2班編成のツアーで。
バスが入りきれんだろ、ウチの駐車場に。狭くはない駐車場ではありますが。

きのうはどこかの市長さんがアポなしのお忍びで来たとか聞いてますよ。
これ、当地で水道関係の全国大会があるからなのです。

某所にて開催されている水道フェア(そういうものがあるのです)は、行けばたくさんのお土産を持たされるそうです。
早速行ってきた役所の人が「名刺あるとすごいよー。持ちきれないくらいお土産もらえるんだよ。名刺忘れてって損したー。」とのたまってました。
「ウチはそれなりに本社から認められないと名刺は作ってくんないんスよ」とコメントすると、なにかまずいことを言ってしまったかのように、そそくさと役所の人は姿を消しました。そんなに気を使ってくれなくてもいいのに(^^;

営業マン時代は休日でも名刺を必ず携帯していたくらいで、今の名刺レスの生活は、ネクタイをしてないスーツ姿っつーか、パンツを履いてない海水浴っつーか(それただの変態)、落ち着かないものはありますよ。
そんなわけで、なにかテキトーな肩書きの名刺(横文字の肩書き)を自作して、水道フェアで景品ゲット!という作戦を立てていたんですよ。

でもね。あとで本社に問い合わせがあったりしたら、なんか大変なことになりそうな社風なので、やめときました(^^;

ウチの重鎮ジ様なら見てくれも実績も十二分すぎますんで、ぜひオラの分も景品をゲットしてきてください!と頼んでみましたが。
明日のお客さんに備えて構内の大掃除状態。頭数に余裕がなく。

私は午後いっぱい消火栓ホースを振り回しておりましたよ。
馬のチンチンみたいにギンギンになった消防ホースを、障害物を避けて取り回して、あちこち洗浄しまくり。

肉体労働はいいっすねえ。なんも考えずに、目の前のことだけひたすら処理。
こういう時間が今の俺には必要だな。ビバ!肉体労働!

R2966t4c35

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

納得

きのうからバカ映画を中心に、自宅で映画三昧ですわ。
どうも自分自身が自分を見失ってるように感じましたので。
こんな時はバカ映画に限ります。

でも『カリオストロの城』はやめときゃよかったなあ。
バカ映画じゃないけどね、ちょっと織り交ぜてみたのですよ。

「ああ、なんということだ。その女の子は、悪い魔法使いの言うことは信じるのに、泥棒の言うことは信じようとしないんだ・・・」
普通、泥棒の言うことなんか誰も信じません。悪い魔法使いは、一見親切な人のフリをしてますから。そっちを信じて当たり前。

悪い魔法使いの言う言葉は、俗っぽくて物欲や名誉欲を満たしてくれそうで、みてくればかりは立派な内容なんだ。

もう落ち込んでませんよ。発想の転換で。
俺はもう誰かのために生きる必要がないのだなと。

毎週末の夜を意識して空けておく必要もなく。
女性の絡む集まりを、彼女に義理立てて徹底的に回避する必要もなく。
自分のためだけに生きればいいんだな、と納得しましたですよ。

イヤイヤやってたわけではなく、当たり前だと思って自然にやっていたんですが。もうしなくてもいいんだなって。
一抹の寂しさがないわけではないものの、俺は自分のことだけ考えていればいいんだなと。そういうことです。

R2533f710j6

| | コメント (11) | トラックバック (0)
|

そんな愛の形

福知山線列車事故で彼氏を亡くした女性が、マンションの12階から飛び降りて死んだというニュース。
なんだかもう理不尽さが彼女の周囲に渦巻いていて、ひたすら気の毒。

あの列車事故さえなければ、死ぬ必要がなかったばかりか、きっと彼氏といっしょになって幸せになっていたのだろうと思えるだけに、死が一層不憫に思われて。
10年以上いっしょに暮らしてきて、結婚の約束をしていたというのに、入籍していないばかりに遺族扱いされなかったとか。

泣いて、また泣いて。いくら泣いても彼は戻ってこないのに。
残されたのは楽しい思い出ばかり。
その愛が真剣で深かったからこそ、つらかったのでしょうね。
もはや社会に訴えつつ死んで理不尽さを訴えるしか選べなかった。
そんな愛の形もあった、ということになりますか・・・。

何度も書いてることですが、人間ってのはひとりじゃ生きていけないものです。
誰からも愛されず、誰からも必要とされず。愛情を注ぎ込む相手もいず。
夢も希望もなく、孤独感が募って。優しい人。真面目な人。
真剣に考えるからこそ、理不尽に抗する術を選べないのですよ。

思いつきで簡単に人生を左右できるいい加減な人間なら、さぞや長生きのできるであろう、この世の中。
JR西日本のやけにあっさりしたコメントに腹が立ちます。人の命を預かってる意識がない態度に見えましたねえ。

どこかの中学校の教師と校長も、生徒の命より、やがて発生するであろう民事訴訟への対応が大事な様子。
いつから日本はこんな独善的な連中ばかりになっちまったんでしょ?

核ミサイルでも撃ち込んでもらって、いっそ焼け野原に(以下自粛)

R2645f76m

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

17着かよ

どっへー!抜け毛がすごい!洗髪のたびに排水口へ抜け毛が詰まる詰まる・・・・・。
前女房と別居する直前を思い出します。間違いなくハゲるぞ!

さて。このところマジな愚痴が続いてアレなので、しばらくは我慢しときましょ。
話題を競馬方面へと振るのだけど。

きのうは牝馬3冠目の秋華賞でしたねえ。オークスに続いてカワカミプリンセスが差しきりましたな。
もしも馬券を買うのなら、アサヒライジング-カワカミプリンセス-コイウタの3点勝負と想定しておりました私としては、馬連では元本の回収がおぼつかなかったのだな、と肩を落としてました。

京都2,000ではいいところを見せられるか疑問だったコイウタ。
けれどオークス直前にコイウタをオススメした経験のフォローも必要かと考えたのですね。

コイウタはスタートして外枠から前へ行こうとし、隣の馬もしばらく並行して走ってましたね。
スタンド前直線からのスタートとはいえ、ロスはなんぼかあったと思われ。
んで先頭集団の前から2頭目となると、早仕掛けが前提でスタミナで押し切るのかと私は思ってましたが、大変常識的な位置取りのまま、最終コーナーからズルズルと沈んでいってコイウタは終わりでしたっけ。

18頭立ての17着ってのは、誉められたもんではありません。
あまりの惨敗に、おそらく平日のスポーツ新聞の隅っこに「お疲れ様」とかなんとか、ひっそりといなくなるんでしょ。繁殖に行けるといいんだが。

思えば。秋華賞には思い出があって。
開腹手術で入院した期間に秋華賞があって。ティコティコチックが勝った年ですよ。
2年前は人間不信のまっただ中で観戦だけはしちょりました。

なんかね、この時期って毎年いろいろあったんだなあと。
などと過去を振り返るには、まだ早すぎますな。
過去は切り捨てて前だけ見ましょ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

出社拒否児童

「あんたは意外と嫌われてるよ」と教えてくれた会社の人がいて。
どうせなら具体的にアドバイスしてくれりゃ、こっちも対応できていいんですが、「評判悪いよ」で終わり。

別の事業所でも評判悪いらしいです。接点ないのにな。言いふらされてんのか?
発言力のある人たちのノリとは合わねえな、と感じてましたが、そういうことでしたか。そうですか。

思い当たることはあるし、反省せねばならんところはあるな、と思うものの。
「明らかに特殊な人たち」に合わせようと努力してきてこれかよ。
そういう気持ちはあります。

人間関係のトラブルは一番苦手なんです。凹みますわ。

仕事に行きたくねー。こいつらはニコニコしていながら裏でなにやってっかわかったもんじゃねーな。そんなこと考えたくありませんもの。

そういった点だけは、前の職場は良かったなあ。
腹の黒いヤツとか裏表のあるヤツは最初っから相手にされてませんでしたから。
みんないいヤツだったんだな、と今にして思います。

1ヶ月くらい前から人間不信になりつつありましたが、もう本格的に誰も信用できねー気分。
黙々と仕事するしかありませんな。たかが仕事だと思って割り切って。

ストレスでハゲるかも(^^;

R1956e5j

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

週末恒例

週末になると始まるな。ヤンキー夫婦の喧嘩・・・。

バトルすんのが好きなのかなあ・・・。

好戦的な人は苦手だな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

Good die young

私はひさしぶりに泣いた気がする。心の中から出た涙のような。
めっきり涙腺の緩くなった私でさえ、泣くよりも落胆することの多い毎日。
悔し涙を浮かべることはあっても、泣きたくて泣くことはない日々だ。

今日は親戚筋の葬儀に出席してきました。
血縁としてはそれほど濃いわけではない間柄ながら、とても言葉では言い表せないほど、私は小さな頃から世話になってきている親戚です。

私の両親が出会い、結婚することになったのは、この親戚家のおかげであり、やがて私が生まれることになりました。
両親が別の出会いをしていたなら、今の私ではなかったわけです。
私が並々ならぬ恩を感じている家ながら、最近はご無沙汰でした。

亡くなったのは、まだ58歳の奥様。なんというか、姐御肌でキップがよく、威勢が良くてにぎやかで。それでいて人一倍情にもろい。そんな人でした。

ご主人は、どちかというとぼんやりした感じのトボけたところがある人ですが、商売をやってる家としては絶妙の夫婦であったのではないですかね。
ゆったりタイプのご主人と、威勢のいい奥さん。そして息子さん2人に恵まれて。

にぎやかなことが好きな奥さんは、私の結婚披露宴でもにぎやかでしたが、どこか影があったように記憶しています。
思えば、その頃にはもう肝臓に異変が起きていたはずで。

はもさんの披露宴にシロートカメラマンとしてお呼ばれした私は、臨席していた奥さんに見つかると、離婚の件で怒られると思ってビクビクしてましたが、やはりとっつかまって怒られました。
でもその頃にはすでに癌は転移しており、何度も腹を開けていました。
いつもビシッとオシャレをしていた奥さんは、その時にはすでに自分の頭髪ではありませんでした。
私にそれを見せ、豪快に笑い飛ばしてはいましたが。やがては脳に癌が。

商店の奥さんの葬儀に、老若男女、あれほどたくさんの人が詰め掛けたのは、奥さんの人徳以外のなにものでもないと思いました。

弔辞がまた泣けて。闘病生活の裏がありありと思い描け、涙を誘われました。
限られた人にしか見せない、姐御肌の裏の表情。病に侵されても生き抜くことをやめないその姿。

私は葬儀で泣くことなどない人間だと自分のことを思ってました。
でもあんなに泣いてしまうなんて。
自分の中に溜まっていたなにかを押し出すかのように。我慢していたなにかを打ち倒すかのような勢いで。私は心から泣いていました。

私だけではなく、みんな泣いていました。
一般会葬席から嗚咽があれほど漏れる葬儀も、そうそうありません。

前に向かって誰よりも懸命に歩いていた人を襲った病魔。
なぜいい人は早く亡くなってしまうのでしょうか。

Good die young.
神様は、一生懸命に生きている人を見ると、嫉妬するとでもいうのか。

その御許に招き寄せねば気が済まないとでもいうのか。

だとするなら、神ほど残酷な存在もあるまい。

R2912om35rdp3

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

楽しみが・・・

今日は日勤。ヘタ打ったの責められるだろうなあ、とビクビクしてたら、見事な対処であったと誉められましたよ。
やってるこっちとしては「もうちょっとやり方があったのでは?」と自問自答していたところだったので、ちょっと意外でした。

んで午後からは肉体労働♪

○○○に蓄積する△△△を除去する作業は、単純肉体労働でして、汚れ仕事は誰もやりたがらないんです。
日頃、文系技師として同僚の足を引っ張っていることもあるのではないかと思い、こういう汚れ仕事くらいは率先してやらねばな。
みんなが嫌がる仕事は率先してやりなさいと、両親からも恩師からもきつく言われて育ってしまってることもありますが。

なにより、だーれもいない○○○でひとり黙々と肉体労働に汗を流すってのは、ある種のワーキングハイとでもいいますか、快感があるのですね。

まあそれでも同僚に顰蹙かってるとこはあるらしいです。
普段は4名で除去作業をするらしいっすよ。たっぷりと時間をかけて。
それを私がひとりでやってしまうので「まるで俺らがあいつの25%しか能力がないみたいじゃないか」「率先してひとりでやられると、その仕事がみんなに定番として割り振られると迷惑」みたいな声が聞こえてきて。

もうそういう雑音はどーでもいい心境になってます。
目の前にやらなきゃならないことがあるなら、それを処理するのは当たり前のことで。
くだらない保身やら楽をしたい同僚の寝言なんかどーでもいいっす。

平日の日勤では、午後になったら○○○行きというのが私の趣味になりつつあったんですが。
作業中に役所の人がドヤドヤと来まして、圧力水で蓄積している△△△を簡単に飛ばしちゃいましたよ。
午後いっぱいかけて作業しても除去しきれないところが、肉体労働としていい按配だったのに。

今後は圧力水(消火栓ですわ)で除去とのこと。
ジ様が音頭をとって揃えた肥汲柄杓もタライもバケツも、すべてお役御免。
私の午後の肉体労働も終了ってなことになりました。
いい運動になってストレス発散に良かったのになあ。

んで残るのは、同僚からかった顰蹙のみと_| ̄|○

_| ̄|○←最近はこればっかりやなあ。『ビヨーン太の腰折れ日記』とでもタイトル変えたほうが良くはねえか?(^^;

R2826f7j

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

バカになってます

告白します。私、今の仕事を始めてから、頭の中が慢性的にぼんやりしている気がします。
大脳で考えずに小脳、あるいは脊髄あたりで反応してるだけのように思えることすらあります。

夜勤のある仕事をしている人は、病気にかかる率が普通の人より5倍だか9倍だか高いらしいんですが、そんなことよりも私の場合は思考能力の低下が顕著で。

もう1年半になりますが、正直、今でも生活のリズムを整えることに苦労してます。
24時間単位で生活していても、睡眠時間のズレに敏感だった私ですから、もう今の不規則生活ではコントロールが大変なのです。
ええ、現在はズレてすごいですよ。日暮れから少しすると眠くなってきて、日の出前に目が覚めてます。年寄り並みですな。

マジで慢性的にぼんやりしてんだわ。
去年あたりからビヨーン太の文章にキレがなくなったとお感じのあなた!
それは正直なご感想なのですよ。

誤字脱字が飛躍的に増えたし。日本語表現能力も著しく低下してますね。
感情的になることが増えた気がしますし。
気遣い能力の低下を感じるとは、以前から周囲にコボしてるくらいで。

以前の私を知ってる関係者の皆様にはご迷惑様です。ええ、ちゃんと自覚してますよ・・・。
鋭意努力はしてるのですが、改善は徐々にということでご勘弁くださいまし。

ひょっとすると夜勤のせいではなく、単にオッサンになってきただけだったりして(^^;

夜は寒くなってまいりました。人恋しい季節でもあります。
なんとなく気が滅入るこんな時、人情ってのはありがたいもんです。
ギョーザ&ビール、おいしゅうございました。パタさん、誘ってくれてありがとね!

Dscf3221

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

ヘタ打ったってか

R2967t4c35

きのうの続き。夜勤だったのよん。

荒れた河川の水質が平常状態へ戻ろうとしている途中、深夜に突如構内の水の状態が悪化。
案の定でした。荒れてく時よりも元へ戻る時のほうが怖いんですよ。

現場へ行って状態確認は基本。戻ってきて○○○の数値を元へ戻し、調子こいて高めに維持していてた△△△を下げ。××水量を段階的に下げ。

対処してもすぐに復旧するというものではないところが水作りの怖いとこでして。
最低でも30分、長ければ4時間以上ドキドキしていなければなりません。
このドキドキしてる時間の辛いことったら。胃に来ます。

幸い、1時間以内に復旧してくれて。ひさしぶりに危なかったぜ。
「役所の人が記録を見たらヘタ打ったと思われますよね」と同僚からチクリとイヤミを言われてしまいました~。
「あの施設状態なら仕方ないとこありますけどね」といちおーフォローはされましたが、次に出勤した時はイヤミの嵐かもしれんなあ、と思うと、ちょっと憂鬱でーす。

話は変わって。管理画面に入ってきた人がいるようですが。

私の使ってるパスワード簡単バージョンは、私以外には1人しか知らないはずなんだよな。まさか他人に漏らしてないだろうね?

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

大雨一過

みなさんの推測通り、河川の水が濁流と化し、pHはフラフラと下がってくし、塩素はなんも効かねー水になっちょります。
昼間のおとっつぁんチームは苦戦したようで、トレンドグラフを見れば試行錯誤の痕跡がありありと見て取れましたよ。

コンビ仕事だと、私と組んだ人はなぜかいつも楽ができるというジンクス。
学生のアルバイト時代からそうなのですよ。
今回もピークが過ぎて、あとは落ち着いていくのを見送るだけ、となってます。

でもですね。水を作る時ってのは、条件が悪くなってく時よりも、平常状態に戻っていってる時のほうが危なかったりします。
油断してるとすぐ水を壊してしまうのは、たいがい嵐が過ぎ去った後なのですよ。

で、水質テストやってて、苛性ソーダのついた手で目をこすっちゃいました。
おっちょこちょいなんだな、これが。

R2338fortc

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

顔(ツラ)

R2903gr21fsp

損得勘定が先に立つ人間というのは、頭の中が子供のまんまなんだとさ。損得に一番敏感な生き物は子供なんだとよ。
するってえと、若い頃から浪花節なおいらってのは、逆に年寄りじみてたんだろーか、と思う今日この頃。

話は変わって。私はガキの頃から鏡を見ない人でしたが、ヒゲを剃らなければいけなくなると、イヤでも鏡を見ますわな。
鏡の中の自分のツラを見ると、ああ今日はいいツラしてやがんなとか、どうしようもなくショボいツラしてんな、などと感じるようになりました。
落ち込んでいるはずの自分のツラが意外にもいいツラをしていたりすると、実はそんなに気にしちゃいなかったりするんかなと、自己診断したりするわけです。

今朝、けっこういいツラをしてたんですよ。おお。なにやら悟りでも開いたのかと。そう思いたくなるくらいのサッパリしたツラをしてやがりました。
いろいろの柵やらストレスになんらかの決着がついたんだろうなと。そんなツラをしてましたっけ。

でもですね。世間は三連休だっていうのに、なにが悲しくて仕事してんだかという土曜日。仕事が終わって引き継ぎしてましたら、その引き継ぎされる方の態度の悪いことったら。
土日は最低限の人数しか勤務してないので、お偉いさんがおらんのですよ。とたんに態度が変わる人もいるわけで。

帰宅してからツラを見ましたら、やたら戦闘的なツラをしてました。
いかんいかん。もう挑みかかってもいい年齢ではないのだよ。

このへんに不器用な自分のコントロールが必要になってくるわけで、若造的なノリを抑えつけるべく、折り合いをつける作業になります。

面倒な自分の性格。いろいろと疲れます_| ̄|○

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

BZN-100 その6

マヨ100には両面テープで貼り付けるスタンドが付属してるんですけど、車種によってはつけられない、もしくは位置がうまくない場合がありますね。
私の場合、マヨ100を使わない時にはずしたかったので、そうなるとスタンドだけダッシュボード上に残って違和感があるのではないかと思いました。

そこで両面テープスタンドをバラしまして、その部品を生かして適当にアタッチメントを作っちまおう、ということにしました。

Dscf2975_b1

レガシィ/アウトバックには、ダッシュボード中央に小物入れがあります。
ここは純正のビルトインナビが入るスペースでもあり、増設DINスペースでもあります。
ここを利用して、テキトーな金具を作ってみました。

Dscf2974_b1

エーモンの金具を組み合わせてあります。予算は800円くらいで(^^;

Dscf2973_b1

マヨ100はこのように固定となります。黄色い小型自由運台はカメラ用を流用。テレビなどを固定するためです。

Dscf2972_1b

金具をダッシュボードのポケットへ装着。ただ突っ込んでるだけですよ。
このポケットの内部の曲線に合わせた形の金具ですので、突っ込むだけでOK。

Dscf2971_b1

こんな感じになりました。未舗装路では多少揺れますけど、まあ我慢できる程度です。

なお、廃村に行ったついでに撮った画像ですので、窓の外は田んぼですよーん(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

また愚痴

R3218e5r

職場のコンビが変わりました。3ヶ月で組み合わせがチェンジになるので。

前のおとっつぁんは、悪い人ではないのだけどクセがあって、いろいろと気を使わせられるところがあり、少々疲れました。
なんというんですかね、絶対に「ウン」と言わないんですよ。必ずこちらの言い分を否定してきます。
結果的には私の言った通りにやるとしても、最初は認めたがらないのですね。

たぶん私のことが嫌いなんだろうな、と思い、もうおとっつぁんのやりたいように放置してみましたよ。
でも放置しっぱなしにすると今度はイジケますし、なかなか扱いが難しいのでした。

先月までは、そういった「俺がなにをしたってんだよ?」と大暴れしたくなるくらいの理不尽に包まれて暮らしていたようなもので、かなーりストレスが溜まってました。
おとっつぁんだけでなくね。おめーの言うことに従ってればそれでご満足なんでしょ?とは思うものの。

夜勤なんて二人っきりですから。理不尽があると、もうストレスは大変なもんです、はい。
しょうがねえおとっつぁんだな、と思いつつ、なんとか3ヶ月クリアしてきたわけで。
根は悪くない人なんだよな、というところが唯一の救い。

相手を否定するがために否定する、という行為は、相手の気持ちを荒ませるだけなんですが、否定するほうは快感なんでしょうな、やめません。
同じことをやり返されたら烈火のごとく怒る人に限って、平気で他人にはやるもんなんだよなあ。ようは無神経なだけということなんですが。

やっと次のジ様に交替したな、と思ったら、なにか私の中で安心してしまう要素があったのでしょうか。
仮眠時間が過ぎても爆睡しちょりましたよ。しかも目覚ましをしっかり止めて。

「ビヨちゃん、かなり疲れてんな」とジ様からコメントをもらいました。
すまん。半年ぶりに寝坊しちゃった_| ̄|○

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ちょっとうれしかったこと

我が職場は秋田市近郊の山の中にあり、キツネは散歩するわ、タヌキが縄張り争いをするわ、自然一杯の環境。
ツバメなどの渡り鳥が一休みするにはいい環境ですし、近所のにゃんこも好きなように遊んでるスペースです。

構内だけならず、管理棟内にもたまに野性の証明が。
いらっしゃるのは、地元の言葉で「ニョロ」。蛇ですわ。青大将とマムシなんですね。
そろそろ気温が下がってきましたので、温もりを求めて管理棟内へいらっしゃるわけです。

で。我が職場のデフォルトでは、蛇を見つけたら頭を打撃して紙に包んで燃えるゴミ扱いだったらしいですよ。
ところがですね、我が職場ならず、当市浄水関係で最年長の重鎮と形容しても過言ではないジ様が、蛇はすべて袋に入れて構外へ投棄してくることにしたらしいんです。

このジ様、普段はニコニコした好々爺のフリをしてますが、気がやたらと短く、自分が決定したことは絶対に従わせる気の強さがあります。
守秘義務があって細かくは書けませんが、このジ様発案の施設テスト運営に、私らスタッフはみんな泣いてるくらいで、さすがの役所も重鎮にはモノを言えず、毎日ハラハラしながら仕事してます。

閑話休題。その豪腕のジ様。なんでも蛇を構外へ投棄してくることにしたとか。
「だって潰せばビヨーン太くんがたぶん怒るから」だそーです。

冗談でもそれを理由にしてくれて、私はホッとしましたよ。
へー。私のことを知ってくれてる人がいるんだなって。

ウチの職場は人間以外の殺生に無神経な人が揃っていて、魚はいじめるわイヌネコは殴りつけるわ、すごいんですよね。
そんな中、ジ様がそんなことを言うってのは、ちょっとうれしい気がしましたですよ。
このところ、恣意的な誤解をぶつけられたりして、人間不信になりつつあったんで、ちょっとしたことでも私はホッとしました。

いつも仕事に関しては愚痴ばかり書いててみっともないんで、たまには違う路線で(^^;

1135316983894

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

無粋ながら

当ブログ、もしくは本家BEYOONTAVOXの「たわごと」で、私の人格やらなんやらを類推しようとするウォッチャーの方。無理がありますぜ。

私としては、ブログは毎日更新したいと考えていますので、小ネタを貯めてます。
しかもブログは長い文章にせず、できるだけ手短にまとめたいと思っています。
したがいまして、長くなりそうなネタで分割がしづらいとなれば、それは「たわごと」へ回しますし、カメラ系のネタも極力「たわごと」へ回しています。

そして当ブログには私の本音があるかといえば、そんなことはありません。
あくまで短編の「たわごと」というポジションでしかなく。

また、私の周囲の方々に申し上げたいのですが。
ここにいる私は「ビヨーン太」なのですよ。あなたの知ってる私ではないのです。

以前に活字バカという話をしたことがあります。活字になってりゃなんでも信用するバカの話ですが、かてて加えて私のサイトやブログを見て、そのまま私のプライベートとイコールと考えている人が、私の周囲に多すぎます。
「たわごと」もブログも、ビヨーン太が書いてる読み物なのですよ?

いや、読み物にしちゃつまらんとか、そういう突っ込みは甘受させていただきますよ。
けれども、ここへ書いてるネタの内容について突っ込んでいただくのは構いませんが、勝手に私の人格を作り上げるのはやめてもらえませんか。

悪役俳優は私生活でも悪いことばっかりしてますかい?そんなことはないでしょ。
こういう断り書きを定期的に書かなければいけないくらい、私の周囲には素直な人が多くて。

普通の読者の方には大変無粋でシラケる断り書きながら、あまりにも弊害が多く、ついつい書いてしまいましたのよ。
オンラインの私が、私のすべてではないのです。

1550415874527219137351pc

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

くー。3着だよ。

雨降ってんのに。なぜか回線の調子がいいのだな。なんでだ?

いやー、ディープは3着でしたぜ、皆の衆。
オラ、深夜まで起きてらんないと思って、ビデオ録画だったんですがね(^^ゞ

にしても。早仕掛けだという解説が多いですなあ。とくに早仕掛けという気はしないんですが。
ディープがまだ子供子供していた頃は、さすがの武豊もやんちゃさを御せない印象があり、行きたいように行かせて、馬の能力で勝ってたとこはあると思うんですよ。
少しは大人になってからも、基本的に前へ位置取りするスタイルで、3角まくりで勝ってきてるディープなわけですから、早仕掛けということはないと思うのですよ。

むしろ、ヨーロッパの深い芝で走るなら、末足の不足を補うべく、前へ行くのは理解できるところかと思います。
日本の芝は短く刈られていますんで、スピードが出やすいんですよ。対する西欧の馬場は芝が長いままですので、日本でいう重馬場に近いところがあります。
日本の馬場におけるディープの末足は、西欧の馬場では発揮できないかもしれないと関係者が推測しても、不思議ではありませんよね。
末足を生かせないなら、なるべく前へ行こうとするのは、ごく自然なことでしょ。

斤量ですかね。負担重量が影響していたところはあると思います。
ディープは古馬の仲間入りをしていますので、競馬の世界ではベテラン扱いなわけです。ベテランだから負担重量が重い。
一方、3歳の若造は負担重量が軽く、長い芝の馬場ではたかが1kgの重量差が加速の差になることはあるかもしれません。

ディープインパクトと武豊は、いつもと同じく走ったように私には見えました。ゲート後に行きたがるディープを抑える武の手綱さばきもいつも通りでした。

必勝パターンで走って負けたのですから。相手が強かったというより、馬場に負けたかなと。そんな感じでしたね。

けれども。ちっこい馬体で、いつもと同じくディープは走ってましたよ。
ちっこいくせして一生懸命走ってやがって。
あの姿は、日本ダービーで必死に走っていた姿と変わりません。
今回もがんばったね。素直にそう声をかけてあげたいです。

テレビのインタビューで、現地のブックメーカーに30万突っ込んだねーちゃんが出てましたけど、30万はパーになるわ、目の前でディープは負けるわ、なんだか気の毒でした。
オカネがあって暇もあるなら、私も現地へ行ってディープに突っ込んでましたけども。応援馬券ってことで。

画像は拾いものでした。でわでわ。

18551

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

アウトバック その8

今日は300kmほど走ってきました。高速道路は走りませんでしたが、流れのいい幹線道路あり、タイトな山岳路あり、林道ありと、バリエーション豊富。

新車時からいろいろ試してみましたが、市街地ではECOモード、山岳路では素直にスポーツモードにしていいみたいです。
その他は普通に通常モードがいいですね。燃費もきちんと伸びます。

車載燃費計を見ますと、幹線で14km/L代で走れます。もっとも、スバルの燃費計は15%ほど水増し表示だといいますから、実際は13km/L弱かもしれません。
それでもカタログの10・15モードが13km/Lですから、2.5のAWD車としては優秀なのかもしれませんよ。

どうしても前に乗っていたBG5と比べてしまってましたが、2,500kmほど走っていたら、なんとか私の手の内に入ってきたようです。挙動に慣れてきたんですね。
タイトコーナーでロールがウザいことを除けば、慣れればなんともありません。
むしろ車高が高いわりにはスムーズといえるのではないですかね。

高速道路で踏んでも加速しなかった件は、ECOモードに秘密があるかもしれんなあ、と感じました。
仙台との往復ということで、燃費が伸びるのではないかと期待して、ECOモードにしてしまってたんです。

足元のペダルの高さにも慣れてきたようですし、ハンドルの感覚にも慣れました。
やはり一度はかっ飛びで限界に挑まないと、キャラクターを身体で理解できませんね。
アクセル踏みまくりで、弱点と長所がわかってきましたよ。けっこうかわいいクルマだったりします。

アウトバック2.5S。どうやら私の足としてフィットしてきたようですよ。ムフフ。

Pict0505

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »