« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月の30件の記事

凱旋門賞 直前

私のアパートの下の部屋にヤンキー夫婦が住んでるんですが。

週末となると派手なケンカが始まり、赤ん坊の泣き声がそれに混じって聞こえてきます。ああいう環境だと、間違いなく子供は曲がるよなー。
私が家庭を構えることがあれば、子供の前では女房とケンカしないようにしよっと。

話題は変わって。いよいよディープインパクトが凱旋門賞に出走ですなー。

060930ke20060930001_

現地ブックメーカーのオッズは1番人気タイの設定にしてるところが多いとか。
騎乗する武豊も、勝たせてやりたいみたいなことを普通にコメントしてました。

なんていうんですかね、過剰な期待感の演出がみんなないんですよね。
マジで勝ちに行ける可能性が大きすぎるということなのでしょ。

こりゃ世紀の瞬間をぜひ観戦したいものですが、私のアパートにも職場にも衛星放送受信設備がなく、地上波は日曜の深夜24時からNHKらしいっす。
うー。早起きしなきゃの日勤の前かよ。その前にニュースとかで結果を知ってしまいそうな気がします。当日はニュースの類は見られませんな。

あ。午後3時からフジテレビで競馬中継がある。スプリンターズステークスだから見なくてもいいかな。短距離苦手だし。
けれど、かつてスプリンターズステークスの大万馬券を周囲に勧めて感謝されたことがあったもんなあ。やっぱ見たほうがいいのか?
その大万馬券。私は直前に気が変わって別の馬を買って、見事に玉砕したのでした。

ボランティア馬券師かい_| ̄|○

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

忘れちゃいませんよ

R2637f76m

いっちょ前に仕事の愚痴なんか書きやがって。

なんも。私は2年前の、あの金銭的にも精神的にも辛かった日々を忘れちゃおりません。なにしろ首吊り一歩前でしたから。拾ってもらった今の会社の恩も忘れちゃいません。

写真業界にいた頃は、いつかダメになってしまう業界であろうと推測しつつ、その最後を見るまでは在籍したいと考え、約20年ほど勤めてましたが、しょせんいつかは去る仕事と思ってやってました。
あの頃に比べたら、もう今の仕事は一生の仕事になるかもしれんと思ってやってます。

ですんで、前はどうでも良かったようなことが、今はよくないわけで、それだけ真剣だということになります。
けれど、会社に拾われた恩を考えすぎて苦悩したり、職場のことを考えすぎて顰蹙かったりしてるようなので、とりあえずあまり考えないよう努力してます(^^;

また、一部の読者の方からは、楽な仕事してギャラもらっていいな、と思われてるようですが、そんなこともありませんよ。
正直、なにもやることがないままに勤務が終わることはめったにありません。
たいがい、なにか問題を抱えながら、緊張状態で仕事をしてます。仮眠時間に眠れなくなるくらい緊張していることもあるくらいです。

また、仕事の特性上、次のチームへ仕事を引き継ぐスタイルですので、心の狭い人がひとりでもいると、職場の不和は増幅されがちです。
文句・軽蔑・批評・お門違いの逆恨み。そんなものがひとつでもあると、徐々に表面化しやすい環境といえます。
ちょっとした他人のミスが気になる人は、向いていない職場といえます。フォローし合うことができない人も無理です。

話は変わって。今夜のNHK『にんげんドキュメント 日傘 こころ模様~1,200本が語る家族』はいい内容でしたね。
傘職人のおばあちゃんが、日本全国の依頼にこたえて作る日傘には、いろんな人間の思いや優しさがあって。
見ていて心が洗われる気分でした。人間っていいな、と感じましたですね。

暖かい人の周囲には暖かい人がいるものだと感じました。逆に、心の狭い人は周囲の人まで雰囲気を悪くさせるものです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

お魚さんたち

職場の愚痴を書き出すとキリがないので、愚痴系はやめときますよん。
書き始めると、自分はこういう環境で本当にいいのかと自問自答することになりますのでね(^^ゞ

職場ネタながら、愚痴系ではない話題。

「原水」という言葉があります。浄水場で上水を作るために、どこか自然の環境から取水するわけなんですが、その元の水を原水と呼んでます。
その原水たる雄物川に、劇薬を搭載したタンクローリーがハマり、劇薬が流れ出したという可能性はゼロではないので、我が職場には金魚がいます。生物センサーの大役を果たしてもらってるわけです。

原水を引き込んだ水槽で毎日暮らしてますわ。もう我々の顔を覚えてしまい、エサをくれる人が来ると、必死にアピールしてるという、例の金魚っす。
その金魚様も、寿命とかいろいろあるんですよね。数が減ります。今は3匹に減ってしまいました。

寂しい水槽なので、浄水場内の池の清掃があると、そこへ入り込んでいた魚が水を抜かれた直後に捕獲されます。その魚たちが金魚の水槽へ移されるのですが。

Dscf2821_1

ある日のこと。鮎がやってきましたよ。

魚の図鑑などを調べてみましたが、どう見ても鮎なんですね。
夏の鮎です。くすんだ緑色の体色を持つ、夏の季節モードの鮎でした。
ところが鮎ってのは活発な魚で、とても縄張り意識が強いんです。ガン飛ばしモードなのですよ。

もう水槽の中でストレスを溜めて、やってらんねー!とばかりに大暴れして、水槽の外へ出ようとジャンプしまくりなんです。
間違いなくストレスで弱ると判断した私は、河川へ放流することを役所へ進言しました。
ストレスで衰弱してしまった魚は、以前にもいたのですから。

鮎は無事に放流されたのですけど、今度はドジョウやら鯉の仲間の水底を這う魚が来まして、こいつらは水槽の中で平気なのかなーと心配しちょります。

魚にも賢いヤツとかアウトローなヤツがいまして、同じ鮒でも、エサを与えられることを理解して元気に暮らしてるヤツと、エサの存在に気がつかないまま衰弱してくヤツがいます。
私が魚なら、要領が悪くて衰弱しちまうタイプだなー、と思いつつ、そいつらがかわいそうなのでエサを与えております。

ええ、私はヤツらからしたら「いつもエサをくれる人」って扱いです。アピールしまくりで、ものすげーっすよ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

(´・ω・`)ショボーン

Bdscf3091

ええ、林道ばかり走ってると、この画像よりもはるかに泥だらけになっちまいます。
アウトバック号の走破性が以前に乗っていたGTよりもいいので、これからは心置きなく林道に突入しちゃうだろうに。

実は藤里町で脱輪しちまってました。廃村の草むらに隠れた側溝がありまして。
速攻で脱出を意図しましたが、これがまた軽々と脱出しちゃいましたよ。
腹下の低い前のGTなら、亀の子になった可能性があったのに。
アウトバック号でよかったって感じっす。

話は変わって。我が職場には別棟の一人部署があるのですけど、そこのジ様が午後から休みたいというので、私が代打を頼まれてました。
ところが本社から公休の人をわざわざ呼び出してまで代打させるな、という触れがあったそうです。私を含め、その触れを知らない人は少なくなかったのですが。

またビヨーン太か。本社から睨まれるのもイヤなので、平日に出てる頭数でまかなえるなら、私はわざわざ出社する必要もありません。代打出社は断る方向で。

ところがですね、きのうの夜に電話が。出社しろとウチの所長から。
つい先日、本社から怒られたばかりなのに。確認しても「いいから来い」の一点張り。

労務関係でモメるのは勘弁してほしいんです。在京時代にとてもイヤな経験を何度もしてますので。
都合が悪くなれば、きっと私が勝手に出社したとか、責任転嫁されんだろーなーと、先が見えるだけに、名ばかりの上役でも立てようとする自分の正直さに、悲しくなってきたりします。

また評判落とすだろーな_| ̄|○

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

BZN-100 その5

なんとなーく自分の頭の中が煮詰まってる感覚があって、どこかに出かけようかな、と。

植物の緑は人の心を穏やかにするという学説があり、それならちょっくら山にでも行ってくるかあと。それなのに、私はいつの間にか廃村へ足を運んでおりましたよ。
困ったヤツ(-_-;)

現場は山がちな地形で、こんな坂をアウトバック号で上れるのか?というような入り口ばかり。AWDにモノを言わせて、けっこうな悪路でもよく走りますね。

Bdscn1918

こんな石が転がってるようなところを入っていき、けっこうな距離を走って「なんか違う道っぽいな、こりゃ」と感じ始めた頃。

Bdscf2997

うわー。広場の奥にイヤな雰囲気が。

Bdscf3000

この下り坂はちょっと・・・。

Bdscf3003

うわー。これはもうクロスカントリーではないですか。アウトバック号では無理。
というようなことは、なんぼナビがあっても廃村探索行では避けられまへんよ。

ただ、ナビの地図データに記されていない道の奥であっても、おおよその地点さえナビにプロットしておけば、目的地への方向線を頼りに現場へたどり着くことは可能でした。
ナビにベッタリと頼る人にはオススメできないトイナビですが、土地勘のない場所で目的地へ向かうには、補助手段として使う分には十分に戦力になりますね。
ただし、事前にルート全体のイメージを把握しておくとか、方向感覚だけはキープしておく必要はあります。

は?頭の中が煮詰まってるんじゃねえだろって?単にボケてるだけだろうって?

そうともいう_| ̄|○

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

危険ですから

Dscf2775_1

これを撮ってる時点で、近寄ってしまってるわけで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

共有について

我が職場には兼業農家の方がいらっしゃいまして、趣味の畑という人も、私を含め少なくありません。
兼業農家とはいえ、農協に出荷するほど大規模でもない方もいて、そういうお宅の作物は我が職場で分配されたりします。

本日は枝豆をごっそりといただいてきました。ええ、先ほど塩茹でにしました。
これがまた摂りたてなものですから、豆の甘さがきちんとあるのですね。
茹でた私がヘタクソなので、塩の加減がアレでしたが、豆の甘さに救われました。

Img_4249 

枝豆ってのはビールにつきものなもので、なんとなく夏の風物詩のように意識している人がいるかもしれませんけど、本来は秋の作物です。地物の枝豆も秋になると出回ります。
当地ではすでに朝夕が冷えてきてますが、当地における枝豆ってのはそんなもんです。
帰宅して早速塩茹でにして、冷やさずにアツアツのまんま食すのも、なかなかオツなものです。新鮮な枝豆ならでは。

こんな時に「うめーよな、新鮮な枝豆はよう」と感慨を共有する相手がいないってのは、なんとも寂しいことですね。
いっしょに食べなくても、分け与えることによってでも感慨は共有できるじゃないですか。場所は違ったとしても。時間差であったとしても。

ああ、すいません。ちょっと愚痴ってしまいました。
いけませんな。なにがあっても前向きに生きていれば、そのうちいいことがあるよ、と。
そうでも思ってなきゃ、もはややってられません(-_-;)

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

ジョ、ジョーンズさんったら・・・

今度は宅急便のドライバーっすか。

00002

前回のジョーンズさんは、どこかの工場の工員から、ディスカウントストアのスポット売り子さんに転身しちょりました。
その後に、おぎやはぎのちっこいやつが出る、ナレーションのみジョーンズさんバージョンになり、さてはトミー・リー・ジョーンズはもう登場しないのかとガッカリしてましたら、なにを思ったか宅急便業界の調査に入ったんですなあ。

00003

そんな。競合他社とそこまで張り合わなくても・・・。

ジョーンズさんの年齢じゃ、無理ですって。日本の宅急便は。日本的就業の縮図みたいなもんですよ。やたら年俸の低いプロ野球選手みたいな。
背骨の耐久力だけで仕事してる業界に、ジョーンズさんの年齢でチャレンジなんて。なんぼ宇宙人でも、無理はいけません。無理は。

00001

あらあら。ジョーンズさんのトラックが駐車違反摘発だよ。しかもあるある探検隊に。

00000

そういう顔になっちゃうよなあ。理不尽すぎるもんな。
まあそのへんは、脱亜入欧したいのに、120年過ぎてもまだしょせんアジアのノリでしかない我が国を恨んでくださいまし。

俺さ、絶対に前回のディスカウントストア編で終わったと思ってました。
あれはさすがにちょっとひどかったもの。トミー・リー・ジョーンズってのはハリウッドの名脇役でっせ。いや、主演作もあるんですけど、MIBくらいでしょ、ヒット作は。

ハリウッド好きなら絶対にチェックしてるオッサン俳優ながら、作品に恵まれたらブレイクしかねない存在なのに。
本当にトミーは喜んでサントリーのCMに出てるんでしょうか。
ああいうシブい俳優好きの私としては、日本嫌いにならないでほしいものです・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

アウトバック その7

今日は思いつきで林道を少し走ってみました。砕石ありのドライダートです。

中程度の比較的ゴロゴロした砕石があるシーンでは、普通のクルマと変わらない感じでしたが、砕石が小さくなるにつれ安定してました。
普通タイヤよりも滑りませんね。ジオランダーは。滑られたら困りますが。

足回りはまだまだ硬さがあります。新車の時とは乗り心地が変わってきましたが、まだ跳ねる硬さがあり、しばらく乗り続けなければ安定しないかもしれません。
噂では3,000~5,000kmくらいで足回りが落ち着いてくるといいます。楽しみに待つことにしときます。

R3220f7j

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

アウトバック その6

味覚がズレてます。やっぱり風邪を移されたな(-_-;)

こういう時って、コンビニまんまやインスタントものを食べたくなくなるんですよねー。
夜勤の食事はほとんどがコンビニまんまですが、案の定、食が進みません。
空腹感だけはしっかりあるというのがつらいとこです。

話は変わって。仙台へは高速道路で移動したんですが、その途中のこと。
トロいトラックをパスしようとして、追い越し車線に入ってなんとなくアクセルを踏んだら。
エンジンの回転数だけ上がりまくって、なんも加速しまへんでしたよ。

あまりのヘタレ具合に、私は大声で笑っちゃいましたよ。運転席で。
見事なまでに高速道路に弱いっすな。アウトバック2.5のエンジンは。
あるいはATのセッティングの問題なんですかねー。

いずれにしろ、100km/hからの加速は、ジワジワとアクセルを踏むのが吉って感じです。ついついGTのつもりでアクセル踏んじゃった私も悪いんですけど。

D型のエンジンは高速側のセッティングが変わって、高速道路が少し楽になったと聞いてます。じゃあD型より前の2.5って、もっと加速しないということなのでしょうね・・・。高速は3.0ですな。

2.5は日常域でキビキビしてるということで。でも本当は2.5ターボがあるといいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

やっちまったか2

また回線の調子が悪く、よっぽど携帯から更新しようかと思ったよ。ムキー!

我が職場に当年70歳のジ様がいるのですけど、このジ様、好々爺の仮面を被ってはいるものの、実は業界的にかなり強者のジ様。
役所の若い衆なんか、一声ですぐに飛んできます。入り口できちんとあいさつしますもんね。役所の人が。

まあ元気なジ様でして。それもそのはず。健康管理がただでないレベルで。
元から丈夫な身体らしいですが、やはり長生きの秘訣は健康管理っすかね?

で、そのジ様。気がつくと、なんだか咳をコンコンとしてるんですな。
ジ様の多い我が職場。仮眠の最中にお迎えが来たりしないだろうかとか、密かに私ら下っ端はドキドキしたりしてますので、ジ様が季節ハズレの咳をしただけでビクッとします。

台風一過。木々が早くも色づいてきたりしてまして、急に気温が下がりましたので、さては風邪でもひいたかと。
職場は電子機器がたくさんあるので冷房が欠かせなく、空気も乾燥しちょりますんで、別のジ様に風邪が移ったりしたら大変!

と心配してましたら、帰宅してからクシャミが止まりません。私が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

やっちまったか

おいおい~、綾っぺ。やっちまったな?
「技術の枠を集めた高級車」ってニュースで言っちまったな。珍しいミスだが。

「枠」じゃなくて「粋」だろ。いや、字が似てるからね、下読みする時間が限られてたり、疲れてるとありがちだわさ。
ほーんと、今日の綾っぺは疲れた顔をしてました。元気ねーなって感じましたものね。

夕方ローカルのニュースキャスターってば重圧だろうし、日中も取材やらラジオの録音やら、エースは忙しいのだろうけど、たまには息を抜かなきゃいかんですよ。

「技術の枠」って言ってしまい、ドジったことに気がついた顔。リンゴほっぺになってたぞ~。

色気とかわいげのバランス、たまに見せるいたずらっぽい表情、そして声がいいんですなー。ローカルアイドルの素質十分。

綾っぺ→伊藤綾子を参照のこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

台風

台風が日本海を北上してますなあ。
雨はたいしたことないようですけど、風がね、すごいようで。

何年か前に同じようなコースで台風が北上している最中、マラソン大会の撮影に駆り出されたことがありました。
強風下の望遠レンズ、しかも曇り空で露出がとれず。手ブレとの戦いでした。

ええ、結果は見るも無残。単にフィルムを消費しただけに終わりました。
一泊¥1,800のところに泊まった時でしたね。上司の趣味で。なつかしいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

BZN-100 その4

昨日の仙台行きでは、BZN-100が大活躍しました。
三本木で食事をして大当たりだったのも、下調べをしてナビにプロットしておいたからなのでした。

廉価版のカーナビですから、情報検索機能には限界があり、チェーン店はとりあえずフォローしている程度の内容です。
旅に出るなら下調べは当然。そう考えている私は、事前にチェックしてプロットしておくわけで、こういった使い方をするなら廉価ナビで十分役に立っているのですよ。

で。BZN-100には、高級ナビでもあまり装備していない固定オービス警告機能が搭載されています。
オービスの手前に来ると安全運転を促す警告が出ます。
ユーザーが後から新規オービス地点を追加することも可能で、けっこう親切な機能ではあります。
私はオービスを警戒する必要があるような運転をしない年齢になりましたので、個人的にはどうでもいい機能ですけども。

このオービス警告機能。高速道路では少々警告が遅れ気味になります。
おそらくGPS信号オンリーなので、速度が出ている高速道路では、自車位置の演算が遅れ気味になってるのではないかと思われます。

オービス警告は500m手前と1km手前が選べますので、高速道路を使う機会が多いユーザーは1kmに設定しておいたほうが安全かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

生(ナマ)イナバウアー

Dscf2827_1

実は今日の仙台行き。チャンピオンズ・オン・アイスの仙台公演へ行ってきたのでした。会場が仙台市内でなくて利府ですから、仙台までは行かないと。そういう表現になっちょりました。

「チャンピオンズ・オン・アイス」ってのは、五輪や世界選手権で優勝経験、もしくはメダル経験のあるフィギュアスケーターが登場する氷上のショーです。
日本では見ることができなかった世界レベルのショーでして、荒川静香選手のおかげでしょうか、日本公演が敢行されることになり、静岡公演のほかに仙台公演が実現しました。

そのショーのスペシャルアリーナ席というプラチナチケットが、なぜか私へ。2列目64番というシートでやんした。
いや~、眼福の一言。めったに見れるものではない演技ですから。

期待していたスルツカヤは全盛期が過ぎた観があり、ちょっと寂しかったんですが、もうそのほかのすげーったら。
コーエンも出演してました。次の金メダルはコーエンかもな、と思いましたよ。リラックスしたコーエンの切れ味はたいしたもんです。

ええ、荒川静香もすごかったですよ。五輪の再現演技ときたら。涙腺の緩くなったオジサンは、感動してもう大変なことになっちょりました。

いつもテレビで世界選手権やら五輪を見ていて、きっと現場にいたらものすげー感動するんだろうな、と思ってました。でも見られるはずがないよねって。
それがねえ、現場で見れたんですから。いやはや、いい経験をさせていただきました。

でもですね、帰りに駐車場から出るのに大難儀して。

譲り合いの精神皆無。車間距離をビッタリと詰めて絶対に入れてくれません。
都会っつーのは、1台ずつ交互に合流というのがコンセンサスになってると思い込んでましたけど、宮城県は絶対に入れないというのが常識のようで。

秋田の運転マナーはいい加減悪いと思ってましたが、あの徹底した譲らない精神は、近頃見ないレベルでしたよ。
降りてってドアの1枚も凹ませてケンカ売ろうかと。そのくらい、あからさまに譲らないんですな。こいつらはクソする度に切れ痔になってんだろ、と思うくらい、ケツの穴が小さすぎるぜ。

一気に気分が悪くなり、せっかくの感動も帳消しでした。

帰りに三本木の小さな某レストランで食事してみました。
スズキのムニエルがバカウマで、少しだけ救われた気分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

えむぴーすりー

iPodだのなんだのと、MP3プレイヤーという商品があるのは知ってましたが。
アウトバック号のオーディオでMP3が再生できるので、CDを焼いてみましたよ。

それがあーた、曲を入れても入れても、まだまだ入る入る・・・。
120曲360分でも、まだCD-Rの半分くらいです。
以前は、どの曲を候補から削るかという作業でしたが、MP3にしちゃうと逆に「もう入れる曲ないの?」という感じ。

MP3は音質が劣化するといいますが、あたしゃこだわりがないのでまったく気になりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

BZN-100 その3

BZN-100のアップデートプログラム。

公開見合わせということに我慢ならず、せっかく夜勤なんだからと、職場の良好な回線でなんとかならんかとファイルを探してましたら。
某所にありましたよ。それをDLしてインストール。

ナビが起動しなくなりますた(T_T)

やはりオフィシャルなデータ以外は危なくてしょーがないですね。
バックアップを取ってなかったら、本格的に泣かなければなりませんでした。

ベータ3版では、住所検索が○番○号まで可能、というのが売りだったりします。
今までは番地までだったので、個人宅を目指すには弱い仕様だったんです。
けれども住所検索と周辺施設検索強化の引き換えに、512MBカードに全データが入らなくなり、北海道地区が分離されちゃいました。

私は住所検索なんかどうでもいいんですが、ルートの線引きが賢くなったと聞きましたので、それを試してみたかったのですよ。
メーカーさんから正規ベータ版供給が再開するのを素直に待ちまーす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

BZN-100 その2

きのうに引き続き、回線の話。

普通につながってるようなので、そろそろブロードゾーンでアップデートが出てるかなーと見に行ったら。
「ベータ版Ver.3、サーバー負荷によりただいまダウンロードを見合わせております。再開時期未定」だとさ。

Img_4231_1

私が入手したトイナビの迷100シリーズは、ネット経由でアップデートが可能で、ここんとこ月イチでアップデートが出てたんです。
次回は検索機能の強化を実施するということで期待してたんですが、回線がつながらなくてパソコンを放ってる間に、バージョン3のアップ→ユーザーが殺到してサーバーダウン→公開見合わせ、ってなことになってたようでして。

タイミングの悪さは、今に始まったことではなく。ええ、私の毎日なんてこんなもんです。
_| ̄|○

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

巨人戦ナイターやってたようです

気のせいか、今夜は回線の状態がよろしいです。
みんな巨人戦のナイターを見に行って、ADSL人口が減ってんのかな?

そんなことを考えたくなるくらい、実は我が家はADSLサービス区域ギリギリ。
NTTの営業さんから「ダメだったらすぐ契約をやめていただいてけっこうですから」と念を押されたいわくつきの回線なのでした。トホホ。

にしても。なんで秋田って巨人ファンが多いんですかねえ?
田舎ってそんなもんですか?

いや、私も小さな頃は巨人の野球帽を被っていた気がしますが。
それでも「おんなしおんなし」がイヤで、阪神やら中日の帽子にチェンジしてました。
さすがに大洋やロッテは被る勇気がなかったです・・・。

ご幼少の頃から「おんなしおんなし」が嫌いだったんですね。
筋金入りの天邪鬼かもしれません(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

腐れ回線

ネット環境劣悪につき、携帯から更新っす。
光に加入したほういいのかもしれんね。

またこんな時に限って、ネットで調べたいことがあったりして、ぜーんぜんはかどりません。

は?中古バイクの検索かと?
違います。仙台での昼飯をどこにしようかと探したいのですよ。
仙台市内までは行きませんので、オサレな店などは狙っておりませんけれど、どうせ旅先なら、なにか記憶に残るような店がないものかと。

ネットで紹介されている店がいい店とは限りませんけどもね(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

アウトバック その5

会社からだとスイスイつながっていいなあ。

Img_4242_1

D型レガシィの鍵はコストダウンが著しいという噂。
私はそれ以前を知らず、古いBG型のしか知りませんので、ピンと来ませんが。

リモコンロックのボタンの筋彫りに塗料が入ってなくて貧乏臭いという話もあるようです。
それなら自分でやっちゃおうとやってみたのに。

Img_4246_1

あまり上手にできませんでした(T_T)

どちらもホワイトを流してやればいいようなものですけど、両方同じ色だと混乱しそうなので、片方だけレッドにしてみました。
こういった認識能力の衰えと、小細工が下手クソになってるあたりにも、おのれの年齢を感じる次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

甘海老ラブ♪

子供の頃からエビ好きの私。

けれど寿司ネタの蒸しエビか、正月の焼きエビくらいしか食べたことがなく、けっこうな大人になるまで甘エビの存在を知りませんでした。
ご幼少の頃の私の食生活ってのは、これがもう狭いのなんのって。語りだしたらキリがありませんが。

で。近所のスーパーに置いてある甘エビのパック。
特売の時は速攻ゲットですな。20尾¥200。速攻です。
どっかの問屋が卸してるパックに、スーパーのパックを被せたシロモノだとは知ってます。

ところが。この甘エビに異変が。

原産国はずっとグリーンランドなんですね。ずいぶん北の国です。
んで加工国がタイ。運送費もコストに入ってんのかい、と心配になるくらい離れています。
まあ、いいんです。おいしけりゃなんでも。

それが最近、加工国が中国になりまして。
そしたらあなた、いきなり身がえぐれてるんですね。
きっと皮を剥がす加工の工程に問題ありなんでしょうが、背中がごっそりえぐれてるんですよ。

なんとなーく損をしたような。そんな気分の加工国ではあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

アウトバック その4

スバルのエンジンってば、ドコドコ、あるいはバルルルだと思ってるあなた。
私のアウトバックは水平対向らしくないエンジン音で、なんもスバルっぽくないですよ。

盗聴倒幕、じゃなくて等長等爆とかいって、点火タイミングを変えたみたいなんですね。
エキパイの取り回しを変更し、点火タイミングを変えたらしいのですが。
文系技師の私は、技術的な話は懇切丁寧にしてもらわないと理解できませんが、とにかくドコドコいわないんです。

あの音が嫌だという食わず嫌いの方。試乗してみたらいいですよ。
まだ4,000までしか回してないから聞こえないのかもしれませんけれどもね。

2.5の場合は4,000以上で音が変わると聞いてます。
もうちょっと走ってから回してみるとしますか。
まだ1,000km走行。1ヶ月点検を受けたばかりなんです。

慣らし走行なんかいらねえ、と唱える人は少なくありませんが、いちおーサービスマニュアルにも『最初の1,000kmはアクセル踏まないように』って書いてあります。それに従おうかと思ってまーす。

ECOモードにしたら、燃費が1kmくらい伸びました。発進の時に、いかにもガスが薄いようなノッキング寸前を感じます。加速すればストレスはないんですけどもね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

ケチケチ中

もうすぐ1ヶ月になっちゃいます。A面の「ちょろすなギャラリー」。更新してねえなって。

先月あたりは、そろそろ撮りたくなってきたかもなー、という程度でした。
今月はけっこうやる気になってきてはいるんですが、仙台行きに向けてケチケチ作戦中でして。
今月からクルマの払いが始まるわ、夏のカード払いが来るわ、ちょっと抑えてるんです。

ホントは廃村に突撃したいとこなんですが、ガソリン代すらケチってるという。
仙台以降はがんばりますんで。A面読者の方。もうちょっと我慢してくれい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

テレビ

長男誕生ということで浮かれてることになってる日本国民ですが。
海外メディアでは「全日本国民が注視しているご出産」とか報道してたらしいです。

なのに我が職場ときたら。
「なんだよNHK。朝から延々同じ話題をしつこく繰り返しやがって(-"-)」
「どこのチャンネルも同じネタじゃねえか。テレビ消すぞ。」
「同じネタの繰り返しで、暗記しちまったよ。」

なんとも不敬ながら、テレビっ子が多いんですな。
しかも夜勤のお供はテレビが欠かせなく。

私はご出産ネタよりも、ライブドア裁判のほうに興味がありましたね。
例の法廷内イラスト。局によって被告の顔の描き方が違うとこはおもしろいと。
わざわざ意図して描いたとしか思えない極悪人ヅラもあれば、ごく普通のツラのとこもあって。

ええ、フジテレビは極悪人ヅラでしたねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

バイク・・・

パタさんに煽られて、なんとなくバイク買う気になってきてる自分が、ものすごく怖い今日この頃_| ̄|○

現実的に、原付2種が限界だと以前から思ってはいます。ピンクとか青のナンバーのやつね。カワサキのKSR2はヨダレをたらしてきたという経緯もあることですし。

チビっこいバイクにしといたほうがいいかなって。初代KSの75ccを経験してますので。
あれは楽しかったっすよ。ポケバイ並みの大きさにオフ車を凝縮したような。
Ks02_1

私は背が高いので、チビっこいのに乗ってると通行人が笑ってました。
笑顔を振りまくバイク。素晴らしい存在です。

で、現行KSRは110ccのボトムニュートラル、4ストというわけのわからない仕様でして、ミッションを普通のものにするキットが出てるのは知ってます。
Ksr110

でも、小排気量こそ2ストでしょ。125ccクラスのためにあるかのような2スト。
環境保護だとか、エコロジーだとか、そういったお利口さんなものと対極にあるのがバイクでしょうに(思いこみ)。
メーカーさんは世の中の流れに負けて2ストをやめちまってるようで。燃費悪いからな。

そうなると中古の2ストしか選択肢はなく、水冷KSの80ccを密かに探したりすることもある私なのですよ。
まだKSRを忘れてません>ぴゅんぴゅんさん、オノウエさん

でも、山の中に入るなら、腹の下はクリアなほうがいいよねえ。
CRM80?KDX125?

小さい排気量なら2ストがいいんですが、山の中でトコトコ走るには4ストかなあ。
2ストだと減速で気を使いそうで。調子こいてエンブレくれてるような走り方はダメっすよね。

最近ね、SX125を見ましたよ。幻覚かと思いました。酔っ払ってる時だったから(^^;

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

水道ネタについて

このところ全国的に水道ネタのニュースが多いのですけれど。
そりゃそうです。上水道の最大の需要期は夏であり、面倒なのも夏なのです。

時間的には、朝一と夕方の炊飯時、そして風呂の時間帯がもっとも需要のある時間帯です。季節的に供給量が増えるのは、夏。当地なら7月末から盆過ぎまで。
需要が多いだけでなく、水質コントロールもナーバスな時期でして、水温の高さから塩素が効かなくなりがち。

晴れが続いた時と、雨が降った時では、まるでコントロールが変わり、そのへんがオペレーターの腕の見せ所です。
オペレーターレスのコンピューター制御のとこもたくさんあります。そういうところはどうしてるのかと、他人事ながら心配(^^;
そういった夏の水を見越して塩素の注入量をコントロールするのですが、ひとつ間違えると、どこぞの上水道のように腹痛が発生しちゃいます。

上水道の塩素罪悪論は、自称自然保護活動家からよく聞きますけど、塩素を入れなければ赤痢だのなんだのと、すぐ発生。
秋田では上水道整備前に赤痢で何万人も死んでますんで、ことさら塩素の注入量、すなわち消毒がうるさいんです。

日本は亜熱帯クラスの地勢なのですよ。そのくせして暮らす人々は清潔志向で、自分たちの周囲にどれだけの雑菌や微生物が住んでるかわかってません。
亜熱帯ってのは雑菌の巣です。熱帯では死滅しちゃう菌も、温帯では暮らせない菌も、それぞれ同居しちゃいがち。
そういったものを口にしたくなければ、塩素を大目に見てほしいものです。塩素以外にも雑菌除去のたくさん努力をしてる上での話。

水道送水管が破断した呉市について。ホント、水道って流れてきて当たり前の存在になってますんで、点検のために止めるとなると、住民の反発がすごいんです。
けれど。そういった点検のことも考えた配管にしておくのが、本来の水道整備。
バイパスして配水するってのは、当たり前の考えです。

当局にどれだけ現場タイプの人がいるかという判断に、こういった配管の問題は使えますよ。
当地ではありえないトラブルです。送水管の破断はあっても、給水不能は短時間で復旧しますね。

もっとも、呉市って山がちな地形ですからねえ、同情すべきところはたくさんあると思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

廃村について

先輩から「ギョーザ食ってりゃ人間死なねーぞ!」と無職時代に励まされたことを思い出したわけではないものの、最近はなぜかギョーザづいてる私。
といっても、スーパーで買った特売のギョーザを、まとめ買いして冷凍保存してるのが関の山なんですけどもね(^^ゞ

話は変わって。A面のほうに秋田の廃村を扱ったネタがあるわけですが。
今までは所在地を明記してましたが、廃村の名前だけにしました。密かに。

市町村合併で町名が変わったりしてるんで、直したほうがいいかというついでに、削除しちゃいました。
というのも、オンラインの流れとして、廃墟の所在地は公開するべからず、というのがあるらしいことに気がつきまして。

そうなんですよ。秋田の廃村について、どのくらいまで公開していいものかとか、墓荒らしをしている気分になったり、いろいろ悩んだものです。
私個人としては、消え行く廃村の現状を記録しておくことには意味があると思ってはいるのですが、かといって大公開しちまってもいいもんかなーと考えたりしてました。

いや、住所を公開したところで、生半可な自称マニアは場所を特定できないのはわかってます。
単純に地図を見ても場所がわかるわけではありませんしね。
とはいえ、まるで案内みたいに紹介しちまうのはどうかと。

いや、私は今後も廃村へ行きますよ。まだまだ回ってないところがありますので。
でもね、「おまえら行け行け」と煽るような紹介はやめておこうと。そういうことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

もう9月なんですな

夜はエアコンをつけなくても寝られるくらいの気温になってまいりました。
と思ったら、夜中に暑くて起きちゃいましたよ。昼寝して寝足りていたのか?

いよいよ秋ですなあ。秋は遊び回るにはいい季節です。
いつも出撃する予定とか計画は立てるんですが、そのうちの2割でも消化できればいいほうで。
行きたいところが常にあるってのは、ある意味で幸せではありますよね。

今月は廃村数ヶ所と仙台方面へ出撃予定ざます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ダメ計測機器

ニフティから届いたメールに、別のWeb開設サービスがきっちり宣伝されてましたよ。
やっぱりニフティ、やる気ねーよ。昔からのホームページサービスは。
サーバー重くされてもしょうがねえってことかい。えげつねえ真似すんなよな(-_-;)

話は変わって。ウチの職場に4月から新pH計が導入されたのですけど、9月になってもまだ本格稼動してません。計測値がフラつきやがるからです。

いちおーその筋では有名どころのメーカー製ながら、そのメーカーのほかのpH計も不安定なことが多く、計測のたびに「意味ねー仕事やってるのかも」と感じます。
ウチのジ様がキレまして、メーカーに返品したのですが、プライドを傷つけられたと見え、絶対に返品を受け付けません。
あれやこれやとユーザーサイドへ難クセをつけ、最終的には「お宅の河川の水が悪い!」とまでヌカしやがりました。

そうですか。あなたのメーカーの製品は、雄物川流域では使用禁止なのですね。
そう突っ込まれることを見越したか、使い方ガイドのようなものを送ってきました。誰がそんな面倒な使い方すんだよ!というような細かい指定のやつ。

使うたびに校正なんて面倒でやってらんねーっての。校正液だってすぐ減るし。
しかも校正しても数値が合わないんだから。意味ねーじゃん。
まともな数字が出ないのをわかってて、計測器のテストのためだけに時間を取られるこっちの身にもなってほしいものです。

メーカーから送ってきた書類をそのまま持ってくるしか能がない代理店もかなりアホですが、私ら以外、このpH計に対して疑問を持たないというのも、なにやらおかしな世界のような気がするのですよ。

お役所に計測器を売りつける商売は、もう楽でしょうがないんでしょうね。
差し障りがかなりありますんで、メーカー名は明記しませんけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »