« ひでえな | トップページ | 精神分裂気味 »

SI-DRIVE

昼間も重いね~。あと4日の辛抱だな。
きっとたくさんココログやめちゃった人が出てるだろーね。
この私でさえ、正直やめようかと思ってるくらいだから。

さて。TV-CFで短時間流れてるスバルのSI-DRIVEについて。

簡単に表現すると、エンジン出力コントロールとA/Tの制御を組み合わせ、
3つのモードを設定した切り替えシステムのことです。

I-S-S#と3つのモードがあり、わかりやすくGTで解説すると、
I(インテリジェント)では燃費優先でシフトはコンコン上がっていきます。おそらく1.5クラスの走りよりも劣るのでは。
けれど市街地走行では1リッター車と変わらないパフォーマンスで十分なこともよくあるわけで、交通の流れを阻害しないモードという感じ。

S(スポーツ)は、デフォルトのパフォーマンスになります。
2,000のターボなら2,000ターボの走り。SI-DRIVEがなけりゃ、おそらくこのセッティングになってたんだろうな、という感じ。

S#(スポーツシャープ)は、もう2,000ターボ以上のセッティング。
メーカーセールスいわく、STI仕様の2,500ターボ同等の走りだと。
走らせてみたら、吹けが物足りないところはありましたが、排気系をいじったらすごいことになりそうな按配でした。

で。私個人として。SI-DRIVEいらね。
物珍しくて喜んでいた1ヶ月前とは違い、冷静になってみると、いつもセットしてるモードはきっと同じなんですよ。切り替えることはないと想定できます。
GTなら、おそらく私は常にSモード固定。
貧乏人のくせしてハイオクに抵抗がありませんし、我慢して燃費を伸ばそうという発想がありません。我慢するならSIがなくてもできますから。
むしろSモードにおいてアクセルワークでカバーすべき問題かと。

S#モードはミッションだけではなくエンジンのマップも変わるわけですが、
年に何回アクセル全開にしてんのかと自分に問えば、たいして必要性がありません。
ならばSIがなくても実力たっぷりのNA2.5エンジンで済むよ。
それがアウトバックの2.5に試乗して得た結論でして。

けれどひとつだけ納得がいってません。
アウトバック2.5のステアリングは、トヨタチックの安っぽいハンドルなんですよ。
いちおー「皮張り」と表記されてますが、momoのステアリングとは感触が大違い。

ステアリングハンドルは重要ですよ。
ドライバーとクルマが直接やり取りするパーツは、現代のクルマでは数少なく、
ステアリング、アクセル、ブレーキ、この3点だけ。
ミッションはもうメーカーの味付けの世界になってますから、感触の問題というより、セッティングの問題。

momoのステアリングはいいっすよ。とくにエアバックを内蔵してないやつ。
人間工学というものを意識したくなるくらい、惚れ惚れします。
現行のD型からは、2.5を選んじゃうとmomoじゃなくなっちゃいます。
これがちょっと不満なのですよ。

ブレーキもアウトバックは感触がイマイチ。
いきなりガツンと効くセッティングなんですよ。
踏む力と比例してないんですね。このへんがグレードの差ということなのでしょうけども。
たしかにアウトバックはブレーキ径が小さいんです。

予算的には、アウトバックの2.5か、中古でGTに走るかですね。
SIなくても気にしない私は、GTは旧型でも関係ないからです。
旧型試乗車が中古市場に出回ってまして、密かに調べていたりする私だったりします。

|
|

« ひでえな | トップページ | 精神分裂気味 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118262/10855448

この記事へのトラックバック一覧です: SI-DRIVE:

« ひでえな | トップページ | 精神分裂気味 »