« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月の27件の記事

無理すんな

きのうのエントリーは、長々と書いたわりに、愚痴がオチになっちゃいました。
書き始めた時は違うオチにするつもりだったのに(-_-;)
このへんが私の人間的弱さなのでしょうなあ。反省。

ゆうべは案の定、驚くほどスピーディーに就寝。
倒れるかのように眠りました。テレビも灯りもつけっぱなしで(^^;

新聞の日曜版を職場で読んでましたら、なんだか心が洗われてしまいました。
たまたまそういう記事が多かったということなのでしょうが。

どうも近頃の私、なにかに迎合しようとして必死になっていた気がします。
それは世の中の常識であるとか、あるいは狭い職場の人間関係ですとか。
自分の置かれた環境に振り回されていた気がしています。

俺は俺でいいんだな、と。違うなら違うでいいじゃねえか。合わないなら合わないでいいじゃねえか。無理すんな、ということです。

ヤンキースの松井秀樹がいいこと言ってます。
「自分がコントロールできないことを努力しても仕方ない」
至言ですね。

いい意味での開き直りが、今の自分に必要のようです。

というような心境になった記事がたまたま多数掲載されていた新聞、まさか産経新聞だとは(爆)
産経新聞って、たまにいい記事が載ってるのですけど、明らかに右寄りですよね。
地元紙や朝日新聞と読み比べるとおもしろいっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

摂理とかいう韓国の

『摂理』とかいう韓国の怪しげな宗教団体。
キリスト教の一派らしく、統一教会の流れという噂がありますね。

摂理の教祖の姿をテレビで見ましたが、遅れてきた森田健作というか、ジーコスモスという怪しげな投資団体を率いていた某氏を思い起こさせるような、怪しさ満点のオッサンでしたよ。
とても21世紀のオッサンじゃないですね。日本的には昭和40年代のセンスだな。

そのオッサンが信者の若いお姉ちゃんを次から次へと毒牙にかけていて、国際指名手配されたのが平成13年?もう5年も過ぎてんじゃん。
なんぼ指名手配をかけられても、5年間やりたい放題なのだなあ。国際指名手配って意味あるわけ?(^^;

そのカルト教団は、友達を作るサークルと称して勧誘し、いざ引き込んだら合宿生活に投入するらしいです。
睡眠時間は3~4時間。起床したら必ず教祖のビデオを最低1時間見なきゃならない。
その後は就寝時間まで仕事を与えられ、フラフラになって睡眠に突入するらしいです。

心理学者に言わせますと、少ない睡眠時間というのは判断能力を著しく低下させるとのこと。
そこへ教祖のビデオを刷り込むため、なんとなくマインドコントロール状態になってしまうらしいです。

でもなあ。「服を脱いで裸で横になってください」と通訳に言われたからって、すっぽんぽんで身体を提供しちゃうってのは、マインドコントロール以前の本能的問題ではないかと思ったりするんですが。
顔モザイクで日テレ系列に取材されてる姉ちゃん。取材されてる場合でないと思うんですが。

なるほど、洗脳っていうのはそういうものか。
人間ってのは意外とモロいもんなのね。
正常な精神状態の人から見たら、単なるバカですわな。

夜勤がてらテレビを見ていた私は、睡眠時間ってのは人間にとって重要だな、と感じました。
は!少ない睡眠時間?判断能力の低下?
夜勤仕事のある私には身に覚えがあったりして。

夜勤明けで買い物に行くと、目当ての商品を探すことに一苦労し、価格や必要性など考えもせず買い求めます。
判断能力の低下で著しいことは、気遣い能力の低下です。
考えないんですよね。大脳ではなく小脳で判断してる感じ。
ゆえに繰り返しの作業による刷り込み=考えなくても身体が自動的に動く、そういう状態に自分を追い込むことが、最低限の夜勤仕事を遂行する私なりのキモだったりします。

これって、クソ教団である摂理のやってることと同じなんだよなー。うーむ。

今から1年ほど前、周囲の人に私はよく言ってました。「夜勤明けの俺は気遣い能力が著しく欠けてるからよお、なんか失礼なことしちゃうかもだぜ」と。
私の場合、夜勤仕事に携わることに関して自分に現れた影響というのは、他者を思いやる気持ちに欠けるようになった、ということでした。

ええ、最近も小脳反射で行動して、知人を傷つけてしまいました。
俺っていつもこうしてなかったっけか?なんて逆に確認してる始末。なんだかな(-_-;)

夜勤明けで私が放ったメールで傷ついてる人はおりませんかな?
愛想もクソもないぶっきらぼうなメールを送りつけられた人。いるんでないかな~。
心配になってます・・・。

代打で24時間勤務明けでヘロヘロ。まともなことを書いてるのかどうか、と心配してます。
ホント、自信ねえんだ。夜勤明けの自分ってのは。
もうヘロヘロだから、飲んじゃって寝てしまうに決まってる。
こんな毎日でいいのか、俺。

Img_4193_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

そんなもんでしたか

某資格試験の合否発表は8月1日なのですが、早くも我が家に合格通知が(^^;

いやー、合格して良かったです。
簡単な資格とはいえ、だからこそ落ちたらガックリでしたもの。
某資格とは、丙種危険物取扱者。ガソリンスタンド系で主に需要があるらしいです。

で。色気を出した私は、職場で資格持ちの同僚に「乙種4類って丙種と比べて難しいんでしょーかねー?」など質問しておりました。
そしたら「ああ。丙種は高校生用の資格だから」とバッサリ斬られました(-_-;)

ただでさえそんなに受験者がいない丙種なのに、高校生ばっかりかよ。
それに混じって試験を受けてた中年の私って、会場でけっこう浮いていたのかもしれません(T_T)

「丙種は給料に手当がつかないらしいよ。相手にされてない資格らしい」とダメを押されました~。
いや、私は手当が欲しくて受験したわけでなくて。
名簿の資格欄が空欄になってて恥ずかしいので、とりあえず簡単だと評判のところから受けてみたのです。

けれど丙種が社内的に相手にされてない資格なら、名簿にそれが掲載されるのも恥ずかしいことなのかもしれません(-_-;)

しょーがねー。またなにか受験すっか。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

そんなにたくさん使わんよ

竿燈祭りが観光客にとって「一度見たらもう見なくてもいい」という淡白な反応の祭りであるのと同じく、土崎の湊祭りも思えば地味な祭りです。
ただ曳山がゴロゴロと町内を動くだけですから。

角館の曳山のほうがまだおもしろいかもしれません。あちらは曳山が激突しますんでね。

祭りに参加する側である地元にとっては、もちろん意義のある祭りなのですけど、観光客となれば視点はまったく別物であり、はたして秋田の夏祭りというのはおもしろいものなのかな?と感じます。
祭りそのものの意義を問うつもりは毛頭ありませんが、それを観光に結びつけるとなると、疑問点が多すぎる秋田の夏祭りではあります。

話は変わって。あいかわらず「日本の水道には数百種類の薬剤が使われていて、とても人間の飲むものではない」という論を聞きます。
それだけの薬剤を使用していたら、水道料金は二桁違います。今の水道料金のケツにゼロがふたつつきますよ。
薬剤のコストもさることながら、貯蔵と注入の設備費だけでものすごい金額になります。

一般的な急速ろ過システムで、使う薬剤は3~4種類。ごく微量を水で薄めて使っています。
取り扱う水の量が1万トン単位の桁で語られるほどの量なので、薬剤の使用量を聞くと普通の人はびっくりすると思いますが、割合からしたらごく微量なのです。

「数百種類」という言葉は、原水、つまり水道水以前の水に含まれている有害物質とかの量なのではないですかね。
それがあちこち伝言ゲームをしているうちに、いつの間にか浄水場で数百種類の薬剤を使っていることになってしまったのではないかと。

今の浄水システムってのはよくできてまして、薬剤に頼らなくてもかなりの不純物を除去できます。
山間部の簡易浄水システムでさえ、浸透幕を使った高度な技術を投入したりしてます。
なにしろ市民の口に入るものです。なんかあったら大変なことになるのは、水を供給している官側もよく承知してますんで、そうそうバカなことはやらんのですよ。

下手なミネラルウォーターよりもずっと清潔で不純物のない水ですよ。なにしろ「ミネラル」が入ってませんから。「ミネラル」の中にはもちろん不純物も含まれてますのでね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

来週は竿燈祭りだな

おお。梅雨が明けたか。そう思いたくなる好天の今日。
よおし。明日は漁労活動だあ!と思ったら、あと3日ほど雨だってさ。
竿燈祭りまでに梅雨が明ける見込みってとこが泣かせるね。

来月3日から竿燈祭りが4日間。またそういう季節なのですね。
いつぞやは川反で郷土料理屋のお兄さんをやってたっけなー。懐かしい。

竿燈祭りの来客数というのは、主催者発表ではなくマジの数字からしますと、年々減ってるらしいです。某筋からのマジネタ。
なのに今年も有料桟敷席を例年並みに確保しますた!と主催者が息巻いているのは、なんだかよく理解できない光景でした。

10年前、すでに桟敷席はチケットが売れ残っていたのですよ。
私の高校の同期に市役所の商工観光課に勤めてるヤツがいましたが、マスコミで「早くも桟敷席完売」と報じた翌日、そいつが私の会社にチケットを売りに来てました。

関係者でノルマを達成して「完売しますた!」とブチ上げても、当日は桟敷席がガラガラなので、売れてないってすぐにわかるんですけどもね。
そういう内輪の数合わせをやっていてもいいような状況ではないでしょ。本気で手を打たないと縮小実施ってことになるかもしれないのに、関係者ののんきなことったら。

早く手を打てって。観光客にいい顔をするのだけが祭りじゃないでしょ。
限られた時間と空間でなければ見ることができない希少性も、立派な観光誘致効果になるはずですよ。
4日間もダラダラと昼夜問わずどこに行っても竿燈やってるなんて、ありがたさもなんもねえわな。

一度見たらもう見なくてもいいや、と観光客に思われてしまっても仕方のない竿燈祭り。
ここらで少し工夫したほうがいいんでないかなー、と毎年のごとく、私はボヤいてるわけですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

治ったのか?

M5に入ってたRHPをやっと現像したのだけども。

なんだかアンダーのカットが多すぎるんですな。最初から最後までアンダー。
うちのM5はメーターがオーバー傾向にあったはずなんですが、ひょっとして治ったのか?

1/2~1くらいアンダーなんですよね。メーターは1/2オーバーだったはず。
こりゃ確認のため、また使わなきゃならんですねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ジ様んち

なんだよ、どうも当日更新が反映されてないなあ。翌日にならなきゃ読めないじゃん。
さてはニフティのサーバー、まだおかしいな?
そうお考えのあなた。ニフティに罪はありません。
私が前日の日付で更新していることが多々あるからです(^^ゞ

3月末で辞めたジ様のおうちへ、発泡酒を一箱背負って遊びに行ってきました。
お中元ってわけじゃないんですけど、寂しがってるかと思いまして。

「茶、飲んでけ」と言われておうちに上がりましたが、泡の出るオチャケが出てきました(^^;
そうなるだろうと予測してチャリでお邪魔した私の浅ましさ(-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ダメディーラーの片鱗見たり

「口は悪いけど切り口は鋭い」ってか。それなら文体を変えればいいとこだけ残るじゃん!
無理だな。俺っち、口の悪さも売りになってるみたいだから(^^;

なんだかゆうべの夜勤は仮眠が取れず、ほぼ完全徹夜状態だったぞな。
自分の年齢では、もはや徹夜は不可能と意識していたのだけど、必要性があればやるんだね。

なんも。ホントは30分くらい寝た。仮眠時間が終わって交替してから。
ソファがあんのよ。眠くてたまんなくなって横になったら、寝込んでしまった。
突如鳴り響くアラームで起こされた。総警の赤外線センサーのアラームで。
どういうわけか早朝は鳴るんですよ。どーも太陽光線の赤外光に影響されてる気がするんだが。

でもたまにタヌキやキツネがウロウロしていたりするんで、誤報ばかりというわけでもなく。
ケツを振りながら太ったタヌがモコモコ歩いてる姿ってのは、なかなか愛らしいものがあったりする。

帰宅してからもなぜか眠れず、おビール様の勢いを借りて寝てみた。
起きたら夕方。寝たりないくらいがちょうどいい。夜にまた寝られなくなっちゃうから。
夜勤のある仕事ではリズムのキープが要点なのである。
このところ腸の調子がイマイチだったりするんで、なおさらリズムのキープには注力している。

あ。いけね。今日はディーラーに頭金を持ってく日だったよ。
アハハ。もうディーラーの営業時間が終わってるわ。明日はディーラーの休業日だし。

普通さ、こういう時って担当営業から電話があるもんだよ。ご入金はまだですかって。
クレジットの審査がやたら遅れた一件も含め、私が営業ならフォローの電話を最低2本入れてる状況だ。
ハンコつかせりゃそれで売れたからって済ませてる営業が普通に存在してる。
それがスバル系ディーラーのダメダメな要素のひとつではあるようだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ナンセンスは際限なく

東北の北三県合併にご執心の、我がシロクマ知事。またやってくれました。
東北六県知事会合の席上で、彼は突然「失恋した人を呼び込むツアーをやりたい」と宣ったそうです。

は?なにをまた奇矯な発言を。得意の独りよがりですか?
彼の失恋ツアー企画の発想とは、日本海のどんよりとした冬空→なんの価値もない地域資産と認定→それを逆手にとったつもりの失恋ツアー、だそうです。

きっと本人は悦に入ってんだろうな。ナイス思いつきをしたと思って。
あいかわらずセンスのねー野郎だと県民から呆れられてるとも知らず。

シロクマ知事さん、いつも奇矯な発言をするんです。
どうも自分のお立場というものを理解していないご様子でして、奇矯=革新だとでも勘違いなさってる。

以前にたわごとで触れましたが、民間企業2社を破綻させたくらい経営センスのないお方なんですよ。
経営センスのない人は、管理する立場になっちゃいけません。
自治体は簡単に破綻しないとはいえ、絶対に破綻しないわけじゃないんですから。
しかも民間企業より更正は難しいわけで。

「犯罪者は北へ逃亡する」じゃないんですから。
冬空のどんより具合の意味もわからんで、なにが「価値がない」なんだか。
郷土をそんな目でしか見れない人間に、知事なんざやってほしくありません。

私がクドクドと述べ立てるより、秋田魁新報の日曜社説をご覧になっていただいたほうが早いので、あえて書きませんけど、てめーが治めてる土地のこともよくわかってない人が知事をやってるというのは、いやでも理解できます。

っつーか、地元紙にここまで書かれて。
周囲の「おつきの人」はなにも指摘せんのかね?
やりたい放題やらせてたら傷口が広がるだけではないかと思うんですが。

三期目だってんで、フリーハンドになったとか勘違いしてねえか?
前回の選挙じゃ当選スレスレだったろ?
二期で辞めるっていう公約を破ったからだよ。
シロクマ騒ぎで見放した県民も少なくないしな。
誰だ、こんなの当選させたの。

県民ひとりひとりはうんざりしてるのに、なぜか組織票というわけのわからない票が入るんですね。有権者個人の考えとは違う候補に票が入ってる。
これって公職選挙法違反だろうに。世の中には理解できないことがまだまだ多いです。

Tiji00

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

また廃村に行くべ

昨日触れた本の続編とやらを、ちょっと立ち読みしてきましたけど、中身にあまり進歩がなかったっす。
やっぱ山いがに特攻してもらったほうが真面目なレポートになるような気がする(^^;

梅雨が明けたら、また廃村に行ってきます。
まずは春に空振りしてきた五城目・琴丘の3ヶ所。
今シーズンは鹿角方面も少しフォローして来ようかと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

隠された地下網の秘密

060721_2

なにかの書評に載ってて、ちょっと興味を惹かれた記憶あり。
それで読んでみたのですが。

「謎」と「問題提起」はいいのですが、話があっちこっちにとっちらかってて、要点がよくわからず、しかも困ったことに結論がないんですよ。
秘密が秘密のままっていうか、そもそも秘密にすらアプローチできていない感じなのです。

たまたま書店には「2」しかなく、「2」から読み始めた私が愚かだったのかもしれない、と思いました。
というのも、「・・・については前著で詳しく触れたが」という部分が多く、最初の本を読んでないから理解できないのかと思ったもので。

で、最初のやつを読んでみたのですが。やはり秘密は秘密のままでした(T_T)
ちょいと文章がわかりづらい書き方で、著者しか理解していないような表現が多すぎるんです。
なんの詳しい説明もなく、飛躍して「ということは、○○なのだ」といきなりオチになっている部分が多すぎ。

著者はテレ朝で長く事件記者を勤め、海外特派員も長く勤めていたというわりに、どうも伝えようという意思が乏しく感じるのですよ。
1956年生まれというからには、著者は私よりも一回り上である。
定年まで勤め上げずにテレビ局を退社してるなんて、よほどなにか野望でもあったのか?

噂では大麻所持が発覚し、解雇されたも同然らしい。
好意的に受け取れば、戦場取材が多かったということなので、なにかしら薬物方面に頼る要素があってもおかしくはないかもしれない。
けれど、飛躍した部分が多すぎる文章と、こねくり回したわりに結論がない内容は、大麻の影響なのかと思わなくもない。

ネタとしてはとてもおもしろいのだけど、これじゃちょっとね。
シロートのWeb発表のほうがもっと説得力のある取材をたくさん見るぞ。
『トンデモ本』というカテゴリーに入れられてしまってることに納得がいく内容でした。

立ち読み級が精一杯の本ですな。
続巻が別タイトルで他出版社から出ているらしいですが、それでも結論はなにも出ていないらしいです。同じ内容の焼き直し。
目のつけどころは悪くないんだけどなあ。

2ちゃんに「早く現場に突入しないと、東北の探検家が先に制覇しちゃうぞ!」と書き込まれてましたよ。山いがのことですな(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

つまんね

梅雨の合い間の好天。なぜか旧海の日は、好天に恵まれることが多い気がします。
たいがいは梅雨明けの初日に当たることが多いせいか?

今日はお祭りの日だったなあ。秋田市土崎湊曳山祭り。通称ザキ祭り。
かつては集合写真の撮影で早朝から土崎地区を走り回った日でもあります。
午後までかかって撮影を済ませて、そのまま現地で酒飲み。帰宅するのは未明。
そんな思い出がある祭りであります。

半年も装填しっぱなしのT400CN。
あとわずかで撮り切るなら、TC-1片手に祭り会場へ行ってみたらいいのに。
今年はやめときます。ひとりで行ってもおもしろくないっすもん。
祭りは、やはり楽しさを分かち合う相手がいないと、おもしろくもなんともないです。

女房のいた時期を経験してから、ひとりでにぎやかなところには行かなくなりましたし。

それに。ザキ祭りってヤンキーが好んで集まる不思議な祭りですから。
なぜかそういう人がたくさん集まりたがる。なにか彼らをひきつけるものがあるのでしょうね。
今の私は、ヤンキーの群れてるところに立ち入るのは危険な状態ですゆえ。やめときました。

P848rdpvt

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

禁煙補助なんとか

以前に「禁煙すっかな?」などと、できもしないことを話題にしましたが。

なんの気なしに、ニコレットというものを買ってみましたよ。
12粒で1,000円ちょっと。お試しとしてならいいかと思いまして。

すぐ試してみたんですが、これ、けっこうキマス。
普通のガムのつもりでいると、ニコチン大量摂取状態になって気持ち悪くなるくらい。
説明書を読んでみると(使う前に読めってば)、ちょっと噛んでキープ、またちょっと噛んでキープという使い方をするようで、いきなりグチャグチャ噛んじゃイカンのでした。

ああ、気持ち悪くなるのは当たり前だったか。ガム吐き出しちゃったもんな。
1日4~6粒となると、タバコよりも高価にはなりますが、禁煙できるならねえ。

本来ならば完全禁煙である職場で試してみましたよ。
いま組んでる父さんが気難しくて、イラついてる時には、この私が怒鳴りそうになるくらいで、タバコの本数が増えがちな昨今、実験環境には最適かと。

結論として。タバコの本数は減らせる。
でも効能書きにあるほど長持ちするガムではありません。
ガムの使用量は上限が定められています。ガムだけでは足りません。
けれど、基本的にニコチンガム使用中は完全に禁煙する必要があるといいます。
ガムとダバコのダブルパンチで中毒状態が進むからではないか、と思ったりしますが。

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

さびしんぼ

この人はこのところいろいろ手を出すよなあ。そうお考えのあなた。
そうなのですよ。私は意図的に手を出してるんです。
その余波で写真を撮らなくなったのはアレですけどもねー(^^ゞ

みなさまご存知の通り、私はものすごい寂しがりやなんです。
望んで独身生活を送っているわけではありません。

なんでこんなに自分は寂しがるかなあと。
すなわち、私の暮らしている世界が狭すぎるからなのですよね。
それを知ってるから、あれこれと手を出してみたり、あるいは参加しているに過ぎません。

手を出した結果、自分には合わないと感じることはあるかもしれません。
それはやってみたから理解できるわけで。
とにかく自分の環境を変えなければ、たまらない閉塞感を打破することはできないと悟りました。

自分でよく承知してますが、孤独感が募るとおかしくなってくるんだ、この人は。
おかしくなってる自分が大嫌いなんですよ。
それでも最近はずいぶん孤独に慣れたのです。いろいろと訓練されたおかげでしょうか。

よくよく考えますと、柵がないってのは、失うものがなにもないということにもつながっていくわけで、わりと立場は自由なんですよね。
このへんが私の最大の強みかなーと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

またディーラーに行ってきたよん

またスバルのディーラーに行って来ましたよ。とりあえずハンコを隠し持って(^^;

一般論として、スバル系のディーラーは評判が悪いです。
どういうわけか全国的に評判が悪いのですね。
当地におきましても、スバルディーラーの態度のデカさは伝説になってまして、
たいして売れてもいないクルマのくせして、その態度の大きさはどこに根拠があるのかと。

そう感じてト社へ乗り換えたユーザーは限りありません。ト社は調子いいっすからね。
なんで私がスバルにこだわるか。いや、スバルではなくレガシィにこだわってるんですよ。

カメラでいえばペンタックス的なスバルの生真面目さは、実にレガシィへ凝縮されていると感じるからです。
スバルの命綱たるレガシィの図面は、とりあえずGTのツーリングワゴンから引き始めるといいます。
あの強烈ターボエンジンのGTがフレームの骨格になっているわけです。
そこから下位機種ですとか3リッター車に派生していくわけで、レガシィのキモはGTにあるといえます。

それを知っているから私はターボ車にこだわるわけで。
スバルとしてのベストバランスは、スペBではないノーマルのGTにあるんです。
冬道を運転していて、猛吹雪でも眠気を誘う安定性は、レガシィでなくては得られないものです。
吹雪の大覚野峠で、あのダラダラと下る雪道で、私は半分寝てましたからね。
そのくらいに安定しているんです。

AWDの安定性もさることながら、ホイールベースの長さが安定性に寄与していると感じます。
ホイールベースの長いクルマと4WDの組み合わせは、滑り出しがゆっくりになるという美点がありますんで、不意の挙動に対応しやすいんです。
ノーズがあさっての方向を向き出してから対応できる鷹揚さがあります。
もちろん安定性から長距離も楽ですね。
GT、すなわちグランツーリスモというのは、長距離の移動でもストレスのないことを表現しています。
GTをペースとしたレガシィシリーズなら、どのグレードを選んでもエンジン以外の部分では大差ないであろうと考えることができ、安心できるんですよね。

そして私が狙ってるアウトバック。
レガシィとは違ってボディ下面がまっさらに仕上げられています。
単に車高を高くしているだけではないんです。これがト社なら、外見だけ変更しておしまいでしょ。

そう。ト社もホ社も、イメージ戦略なんですよね。見た目の雰囲気だけで売ろうとしている。
ホ社のエディなんとかというクルマをたまたま運転したら、なんと不親切なクルマなのだろうと思いましたよ。
Aピラーは太いし、見切りも悪い。そのくせして車幅はかなりのもの。そのうちぶつけるなって思いました。
ホ社は国産車の中でユーザーへ最も近い視線を持っていたメーカーのはずでしたが、
どうも創業者が亡くなってから変わりましたね。売らんかな、になりました。

その売らんかなに対応するユーザーがいるから商売になってるわけですが。
今のホ社に真面目なクルマ作りは期待できないのではないかと思ってます。
前は好きなメーカーだったのにな、ホ社。どうも真面目さがなくなってるように感じます。
ホ社に限りません。みんなイメージ戦略をクルマ作りの基盤にしてる。
そんな中、スバル独特の不器用さは、他社よりも真面目なクルマ作りを私に感じさせるのですよ。

スバルディーラーの対応が悪いのは、どこも小さな所帯なので我慢してあげます。
今日は営業マンと腹を割って話をしてきましたが、弱小スバル車を扱う悲哀やら、クルマ業界にまつわるエトセトラとか、愚痴をたくさん聞いてきました。
その愚痴をあらかじめ推測できた私は、無理な条件をリクエストしませんでしたよ。
私はディーラーの値引きでクルマを選んでいるわけではありませんので。

レガシィの内装はダサいっすよね。あれ、他社のクルマに慣れてる人は引くんでないかな。
けれどスバル車はエンジンや足回りにオカネを注ぎ込んでるんです。
だから内装までオカネが回らない。走らせてナンボ。それがレガシィなんですよね。

ロクに使いもしない装備でどうのこうのと決める人や、運転しにくくてもイメージがいいなら乗ってられる人は、だまってト社やホ社のクルマにしなさいな。
クルマってのは走る道具なんですから。基本性能がきっちりしてなきゃ意味がない、と私は思うんです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

文系技師は辛いよ

愚痴を書くのはやめときますね(^^ゞ
なんかもう、みなさんのコメントがきっついもんなあ・・・。

資格試験、受けてきました。ひとつ肩の荷が下りた感じ。
は?合格してから荷を下ろせって?(゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャ

資格試験の中ではかなり簡単といわれているものながら、記憶力減衰中を自覚している自分としては、暗記技がモノをいう資格試験は自信がありませんでした。
文系出身なので、どちらかというと暗記よりも読解のほうが得意なんです。

教本を開いても、なんも頭に入らないんですよね。
どこが簡単なんだ。オラにはなんも簡単でねえよ。
そう思ってたら、合格率55%だそうで。簡単じゃないじゃん(´・ω・`)

明け番で受験というのも気が重かったっす。
夜勤明け、そして早寝組の明け番。
私の夜勤には交替仮眠の時間帯で早寝組と遅寝組がありまして、早寝組は午前2時半起床。そのまま1日起きているのが辛い感じなんです。

不勉強。夜勤明け。記憶力減衰なのに暗記しなきゃなんない。合格率55%。こりゃ無理だべさ。
けれどなんの努力もしないのもイヤですんで。夜勤のお供に教本を読んでました。
一夜漬け(^^ゞ

教本に一通り目を通しましたら、ラッキーなことに試験のキモが見えてきました。
受験者が多く就いているであろう職種に偏った内容のようなんです。
暗記しなければならない部分も把握できました。

そんなわけで、各センテンス6割以上の正答で合格となる試験で、6-8-8くらいの成績が取れたようです。一夜漬けでも勉強はしておくものですね。
教本にまったく解説されていない部分の問題が出た時にはちょっと焦りましたが(^^;

でもねえ、判断能力が著しく低下している明け番ですから、本当は3-4-4くらいの正答で不合格だったりしてなー。
高校の頃、二日酔いで受けた試験で、ものすごく早く解答し、酒が入ってると頭の回転が良くなるなあ、と喜んでいたら、出た結果が100点満点で27点だったことがありますからねえ。

解答用紙を提出した時、私の前に提出した人とマークシートの塗りつぶした位置が全然違いましたよ。
普通でない時の自分の能力は過信してません(-_-;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

たまに愚痴る

ストレス溜まってんなあ、俺。なにか投げやりになってる気がするよ。

いつぞやの宴会撮影の前あたりから、すこーしずついろんなストレスが解消されないまま、溜まりに溜まった感じでごわす。
ストレスが解消される、あるいは癒されるということもまったくなく。溜まる一方。

愚痴をコボせる相手、あるいは癒してくれる相手でもいればいいんですが、
仕事の愚痴をコボそうにも、仲のいい同僚とはシフトの関係で飲みに行けません。
プライベートの愚痴をコボそうにも、同年代はみんな所帯持ちでして、
なかなかつきあってくんねーし。
話のわかる連中は首都圏在住の連中ばっかり。ストレス溜まるよお(>_<)

だからといってブログへ愚痴らなくてもいいようなものだが。

明日は某資格試験の受験日ながら、たぶん落ちるよ。いま夜勤で明日は夜勤明けだし。
あまり勉強できなかったから。やんなきゃなんないことが多くて。
ひとり暮らしって、周囲は暇だと決めつけてるようですが、
なんでもひとりでやんなきゃなんないんで、けっこう時間のないものなのですよ。

ストレスを持ち帰って、またそれを溜めたまま翌日に。いつ解消されるんだか。
いろいろ疲れてきちゃったよ・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

不良中年は辛い

おー。サーバーのレスポンスが抜群に良くなったなあ。
というわけで更新。

私ぐらいの年齢の人というのは、たいてい家族がいるでしょうから
「ひとりになりたい夜もある」なのでしょうが、私の場合は「ひとりになりたくない夜もある」です。
たまにそういう夜があるんですよ。ひとりでいることに押し潰されそうになる夜が。

必死に耐えてきたなにかがポッキリと折れてしまったような気持ちの時。
あるいは、信じてきたものが、実は単なる幻想であったと認めなければならない時。
誰かがそこにいてくれるだけでいい。とにかくひとりでいたくない。
そんな夜があります。

ええ、今夜がそうなんです。

夜の巷をフラフラと歩いてきましょうか。
ライカは酔眼のお供にちょっとデカいですからね。
モノクロを装填したまんまのTC-1でもお供にしましょうか。

あー、頭を使うカメラで、気を紛らわすってのもアリかな。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

精神分裂気味

夜間だけじゃなく、常に激重だな、このサーバー。
更新となると尋常じゃない重さなのですよ。
コメントとかちゃんと受け付けてるのか不安になっちまう。

ニフティよ。プロバイダーというあやふやな業種でよかったな。
これがほかの業界なら、ローカルニュースでも流されるくらいの大失態だぞ。
間違いなく株価は急落。煽りでヨソの同業者も株価が下がり、
下手すっと日本発の金融恐慌だぜ。

話は変わってー。

レガシィへ搭載のSI-DRIVE。これを記念してSI特別ローンってのがあるのですよ。
なーに、仕掛けはONIXのローンに似てる。据え置きオッケーのやつです。

ターボエンジンマジックにすっかり毒された私。
なんとか新車が買えないものかと検討し、特別ローンを使うことを考え、
かといって据え置きを大きくしちゃうとリースと同じことになっちゃうため、
うまく残価を設定してみたりして。

このへんなら上手に支払えるな。
そういう線を見つけ出し、GTいっちゃおっかなーと浮かれてた今日の会社帰り。
激走するアウトバックを目撃。
やっぱアウトバックかっちょいーわ。あのオバフェンがたまんねえのよ。
下品なオバフェンになってないとこがいいわけで。

むう。GT買えるなら、アウトバックの3リッターもいけるわな。
というわけで、振り出しに戻る。うーむ(-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

SI-DRIVE

昼間も重いね~。あと4日の辛抱だな。
きっとたくさんココログやめちゃった人が出てるだろーね。
この私でさえ、正直やめようかと思ってるくらいだから。

さて。TV-CFで短時間流れてるスバルのSI-DRIVEについて。

簡単に表現すると、エンジン出力コントロールとA/Tの制御を組み合わせ、
3つのモードを設定した切り替えシステムのことです。

I-S-S#と3つのモードがあり、わかりやすくGTで解説すると、
I(インテリジェント)では燃費優先でシフトはコンコン上がっていきます。おそらく1.5クラスの走りよりも劣るのでは。
けれど市街地走行では1リッター車と変わらないパフォーマンスで十分なこともよくあるわけで、交通の流れを阻害しないモードという感じ。

S(スポーツ)は、デフォルトのパフォーマンスになります。
2,000のターボなら2,000ターボの走り。SI-DRIVEがなけりゃ、おそらくこのセッティングになってたんだろうな、という感じ。

S#(スポーツシャープ)は、もう2,000ターボ以上のセッティング。
メーカーセールスいわく、STI仕様の2,500ターボ同等の走りだと。
走らせてみたら、吹けが物足りないところはありましたが、排気系をいじったらすごいことになりそうな按配でした。

で。私個人として。SI-DRIVEいらね。
物珍しくて喜んでいた1ヶ月前とは違い、冷静になってみると、いつもセットしてるモードはきっと同じなんですよ。切り替えることはないと想定できます。
GTなら、おそらく私は常にSモード固定。
貧乏人のくせしてハイオクに抵抗がありませんし、我慢して燃費を伸ばそうという発想がありません。我慢するならSIがなくてもできますから。
むしろSモードにおいてアクセルワークでカバーすべき問題かと。

S#モードはミッションだけではなくエンジンのマップも変わるわけですが、
年に何回アクセル全開にしてんのかと自分に問えば、たいして必要性がありません。
ならばSIがなくても実力たっぷりのNA2.5エンジンで済むよ。
それがアウトバックの2.5に試乗して得た結論でして。

けれどひとつだけ納得がいってません。
アウトバック2.5のステアリングは、トヨタチックの安っぽいハンドルなんですよ。
いちおー「皮張り」と表記されてますが、momoのステアリングとは感触が大違い。

ステアリングハンドルは重要ですよ。
ドライバーとクルマが直接やり取りするパーツは、現代のクルマでは数少なく、
ステアリング、アクセル、ブレーキ、この3点だけ。
ミッションはもうメーカーの味付けの世界になってますから、感触の問題というより、セッティングの問題。

momoのステアリングはいいっすよ。とくにエアバックを内蔵してないやつ。
人間工学というものを意識したくなるくらい、惚れ惚れします。
現行のD型からは、2.5を選んじゃうとmomoじゃなくなっちゃいます。
これがちょっと不満なのですよ。

ブレーキもアウトバックは感触がイマイチ。
いきなりガツンと効くセッティングなんですよ。
踏む力と比例してないんですね。このへんがグレードの差ということなのでしょうけども。
たしかにアウトバックはブレーキ径が小さいんです。

予算的には、アウトバックの2.5か、中古でGTに走るかですね。
SIなくても気にしない私は、GTは旧型でも関係ないからです。
旧型試乗車が中古市場に出回ってまして、密かに調べていたりする私だったりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ひでえな

ブログの更新できねーよ@携帯から投稿

ログイン画面を出すのに3分以上かかり、ログインしても10分以上無反応ですた。
あと3日もこれが続くん?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

アウトバックじゃなかったのか?

6月25日のエントリーに、なにを考えてんだか「オペラハウスの血が」なんて書いてありましたね。
ディープはサンデーの子供だっつーの。まったく恥ずかしいよなあ。

またディーラーに行ってきましたよ。リースの見積もりをもらうつもりで。

けれど店長さんと話をしているうちに、リースの長所と短所が判明。
どうもリースは後から困ることになりそうだと知り、見積もりをもらわないで帰って来ちゃいました。
見積もり見て納得して契約してくるつもりだったのにい。

こりゃ考え直すか、予算の組み直しだな。
そう結論づけて帰ろうとした私。そのまま帰ればよかったのに。

おや。GTのスペB、試乗車が空いてるじゃないの。
ねえ、ちょっとこれ試乗してもいい?
いやいや、ターボ車への未練を断ち切るためですよ、アハハ。

結果として。アウトバックの存在が頭の中から吹き飛んじゃいました(T_T)
やっぱターボエンジンはいいわ~。かといって今の予算じゃ難しいし。
どうすべー。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

リースにすっかな

来週の半ばまで、このブログは激重らしいぜ。
ニフティのサーバーメンテがうまくいってないんだとさ。

明日またディーラーに行ってきます。今度はリースで見積もりもらうかな。

社会復帰2年目の身には、けっして楽な見積もりではなかったのよね。
普通の人にとっては、どうってことのない支払いなのだけど、私には少し無理がある内容でした。

おー。買い物を踏みとどまってるな、俺っち。
物欲男なので、こうして歯止めを利かせておかないと、危なくてしょうがねえ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

また試乗したぜよ

ノドン・テポドン・ハルマゲドン。いや、たいした意味はありません(-_-;)

弱腰国家への脅しか。はたまた米国という巨大軍事国家に対しての背伸びした挑戦か。
どっちでもいいんですが、今回は我が郷土の上空を飛ばさなかったのね。
そんなことやってっと、また多国籍軍が編成されっぞ。オラ知らねー。

テポドン発射だって騒ぎになってるというのに、私はまたアウトバックの試乗してました。呑気だな(^^;

今回は2.5。先日のディーラーには3リッターしかありませんでしたので。
別のお店で2.5のSスタイルに試乗してみたのですが。
これがなんと、目からウロコ。2.5のほーが走りやすいよ。下からグイグイ走るんですね。

いわば3リッターはホンダのエンジンのよう。回さないと力が出ない印象。
さすがにシルキーなフィーリングは6気筒のものではあるものの、なんだか踏んでも走らない感じ。
対する2.5は、出足からスルスルと加速し、気がつくと100km/h。
あいかわらず速度感ゼロの安定度だな、おい。

噂どおり、エンジン音とロードノイズを拾う傾向がある2.5ながら、
動く応接室というレベルの静粛性を求めないのなら、2.5でもそんなに文句はねえぞ。
グイグイ走るわ。このくらい走るなら十分だろ。出足はマイGT@ツインターボよりも良好。

ただ、なんかシートがフィットしないんですなあ。ドラポジをうまくセットできなくて。
テレスコついてるSスタイルはまだマシなんですよね。うーむ。
いちおー2.5の見積もりをいただいて帰りました。
意外に2.5が運転しやすくてビックリ。

ただし、背の高さに慣れていない私は、なんだか腰高な感じが不安でしたねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

異次元

中田英寿。プロから引退しましたなー。
まだ引退するような年齢でもない気がするけれど、決めるのは本人だから、周囲がとやかく言うことでもないか。

今回のワールドカップでは、中田と川口だけがひたすら仕事をしていた印象しかなかったので、
もう日本代表チームはガタガタになっちまうな、と感じます。
オシム、頼んだぞ。

ゆうべのニュースなどでは、Webサイトに掲載された文章を紹介してましたね。
そのタイトルが『人生とは旅であり、旅は人生のようなものである』というようなものでした。

おお、それはかつて私も使ったフレーズだぞ。って、こんなバカな記事でしたけども。

次元が違いますか。そうですか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

大雨お見舞い

うへー。なんだか日曜からずっと職場にいる気が。
一度帰宅して寝ましたけども。なんで代打が簡単に回ってくるかなあ@夜勤中

当地では大雨。
床下浸水だの特別警戒水位突破だの、久しく聞かなかった言葉が飛び交っております。

さぞや水作りが大変であろうとお考えのあなた。実はなんも大変じゃないのよ。
雨で河川水位が上昇してくれて、水質は安定。水位が低いと安定しないんです。
濁流に見える河川水も、機械で計測するとたいして濁ってまへん。
雨が濁流を薄めてくれてるんですね。

床下浸水や集落孤立の皆様にはお見舞い申し上げますが、
私のお仕事に関してはひどくのんびりした雄物川なのでした。
アメダスのデータを見ますと太平山周辺へ集中して降った様子。
つまり秋田市へ流れ込む河川のほとんどが水位の異常上昇ってなことになって当然。
雄物川は県南を縦断して流れている川ですし、大河なので、影響は小さかったんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きのう

はい、1日更新サボリ。

きのうは某オフ会に参加するため、どうにも疲労感の抜けない身体をなんとかすべく、
事前に睡眠時間を多く割り振ってみました。
寝るか食うか。それ以外に疲労をしのぐ手段はない。
それが我が父親の残した私への教訓であったからして。

で、昨日は11時に秋田市内某所へ集合。
そこから森吉町の山奥へ。到着が14時半。
かつては林道であったであろう場所が草生したようなところを少し進み、
かつては森林鉄道の鉄橋であった場所を渡河。
鉄橋の残骸を越えたのですよ。高所恐怖症野郎が。

そしてすくに延長700mほどのトンネルへ侵入。
腰まで水に漬かる水没トンネル。ここを抜けるとすぐ小さな鉄橋跡。ここは勢いで突破。
その後は足場があまりよろしくない森林の斜面を抜け、次のトンネルへ。
ここも長かった。出口はメタンガスの漂うヘドロ。
そしてしばし藪を抜けると、太平湖に残るかつての鉄橋の残骸付近へ。

来たんだな、と感じる半面、また今来たところを戻るんだな、という緊張感。
帰りはもう足回りがガクガクしていて、誰も見ていない時に、密かに水没トンネル内にて転倒。M5が半分水没したのは秘密ですよん(^^;

夜の宴席では、密かに流されていたチームレッドのPVですとか、
そういった単車関連の映像にすっかり惹きつけられ、
秘密の画像やらなんやらで主催者と盛り上がっていた一団から浮いていたなあ、俺っち。
まだ単車の熱は、私の中へオキ火のようにくすぶっているとみえまする。

午前3時くらいにとりあえず解散。
寝るスペースが確保されていないようだったし、
私はみなさんよりも早く出立せねばならない身分。仕事だから。
車泊しちゃいましたよ。セレナやステップワゴンがうらやましかったな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »