« 春の水から夏の水へ | トップページ | ヘコみはしてますが »

本能寺の変

やっちまったなあ、光秀@大河ドラマ。

明智光秀といえば、頭皮に毛が少なかったのか、信長からハゲ呼ばわりされ、
チョロチョロと動いていたんですかな、ハゲネズミとも呼ばれていたとか。
シブい俳優がやるには無理があるのでは(^^;

せっかく信長を倒したのなら、各方面へすぐ連絡をすべきところですね。
まず朝廷と寺社方へ使者。とくに比叡山は押さえておかないと。
安土へは兵を回し、織田方家臣の家族を人質にとるべき。
毛利や上杉には事務方の武将クラスを使者として派遣。
単なる伝令じゃ史実と同じになっちゃいますから。

そういう行動を積極的に取らず、なぜかウロウロしているだけに等しかった光秀。
対する秀吉は果敢に迅速な行動に出て、
当時としては異例な移動速度で京へ迫り、
信長の敵を討ったということでその後の立場を強いものにしました。

なんで光秀はウロウロしただけであったのか。
ここに光秀謀反の秘密があるように思えるんですけどもねえ。

このところ明智光秀の謀反を再評価する動きが各方面にあり、
大変によろしいことだと思います。

歴史の教科書に「バカ」と書いてある人物が、
ホンモノのバカであった試しはほとんどなく、教科書はしょせん教科書。
史実が書いてあるわけではないのですよ。

いわゆる「歴史の常識」というのを、頭から信用しちゃなりません。
歴史は見る角度で変わって見えるものなのです。

|
|

« 春の水から夏の水へ | トップページ | ヘコみはしてますが »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118262/10482900

この記事へのトラックバック一覧です: 本能寺の変:

« 春の水から夏の水へ | トップページ | ヘコみはしてますが »