« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月の26件の記事

三寒四温

@自宅

うへー。寒いっす。ここんとこ暖かかったので、このまんま春かと期待してました。まだ2月末だっつーだに、期待しすぎでした。例年ならまだまだ寒い時期ですけん。

ゆうべ、夜勤で外を夜中に眺めてましたら、まるで雪の降り始めの時期のように深々と雪が降り続いているんですね。地表熱がキープされてますので積もりはしませんけど、こりゃ冬に逆戻りだと意識せざるを得ませんでした。三寒四温。

本日、EB3を発注しました。フレクトゴン向けです。残っているフォルティアSPは、手元の機材でテキトーに分散させて消化することになるかと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

サガ

@実は翌日

ガセネタメールで謝罪会見っすか。永田さん、若い頃から「おっちょこちょい」「詰めが甘い」という評価の方だったらしいですね。他人とは思えないなあ(^^;

慶応高校、東大から大蔵省。UCLAで経営学修士課程を修めて。素晴らしい経歴。でもおちょこちょいはいくら勉強しても直らないんだなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

寝言

@自宅

みなさんお笑いになるでしょうけれど、実は私、新聞を購読してません。以前は生活が苦しかったという理由がありまして、今は「読む時間を確保できない日が少なからずある」という理由で購読してません。

職場で土日は新聞が楽しみです。お役所は休みですので、お役所へ配達されている新聞を読んでるわけです。チラシもまた楽しみでしてねえ。

読売旅行のチラシ。けっこう職場で人気です。朝日新聞を購読してる人から人気。「読売旅行社」は「朝日新聞」へ折り込みチラシを入れないのだそうです。けれど読売旅行はけっこうお得なコースがあったりして、無視はできんというのですね。

京都3日間フリーコース。1名様からでも参加可というので私は惹きつけられましたよ。秋田から関西空港ダイレクト。出発日にもよりますが¥45,000。空港から京都までは実費移動になるものの、お得すぎます。

3日間のうちの中1日がまるまるフリーですぜ。観光名所に行くか。それとも裏通りを攻めるか。しかも宿は新選組屯所跡だとか。歴史オタの血が騒ぎます。

でもひとり旅って基本的につまんないんですよね。妻帯経験者はつまんないんです。感動を分かち合う相手がいなくて。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

第三インターナショナル的

@自宅

ひさしぶりにちょろすなを更新してみたのだけど、やっぱり撮らないとヘタクソになりますね。素質ねーな、俺。

とはいえ、フレクトゴンはすげーっすよ。このくらいやるレンズなら、もっと大きな扱いをされてもおかしくねーのになー、と素直に思える写り。いや、マジで使い甲斐がありそうなんですわ。

ロシアンゾナーもそうですよね。あの35mm。日本のカメラマスコミはどうしても元祖ゾナーを持ち上げたくてしょうがないらしいんですが、どう見てもロシアモノのほーがきっちり写ってますよ。比較してちょっと線が太いくらいのもんで、総合点ではロシアモノのほーが上。

俄然、旧共産圏のレンズに興味が湧いてます。勢いでフレクトゴン道(そんなもんあるのか?)一直線になる可能性があります。25mmとか20mmがあるようですんで。私の常用域がシリーズでカバーできるんですよねー。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

嗚呼イナバウアー

@自宅

荒川静香、すげー。金メダル納得ですなあ。コーエンとスルツカヤのミスがあったとはいえ、いやいやたいしたものです。さすがベテラン。集大成。魅せてくれましたねえ。

ノーミスならスルツカヤだろって思ってました。たまたま昨年の世界選手権をテレビで見てたんですが、スルツカヤだけレベルが全然違うんですね。みんな必死さを全面に押し出してるのに、スルツカヤだけ優雅に演技してまして。しかもきっちり決まる。

思うに、女子フィギィア。必死の選手と余裕の選手の差が大きすぎます。未完成の4回転を繰り出そうとしてる時点で、もはやアマチュアのノリでしょ。

一発勝負の100点狙いをするメンタリティを持ってる時点で、その人はすでにプロ意識に欠けてるんです。ホンモノの選手は博打なんかしません。したとしても小さな博打しか打ちません。読みのない大博打はシロートのやることです。

写真だって同じ。120%を狙って試行錯誤できるのはアマチュアの特権。プロにはそんな甘ったれた余裕はありません。なにがあっても最低80%は必ずキープできる。それが貫禄ってもんです。

村主も素晴らしかったとはいえ、いかんせん、すべてが小さくまとまりすぎの印象で、優雅さには欠ける印象でした。熱烈な村主ファンは納得がいかないジャッジのようですね。魅せる要素が足りなかったのだろうと思いますよ。

ポイントにならなくても、魅せるためにイナバウアーをぶちかます。脱帽ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

意外とおもしろくて

@職場

カーリングっておもしろいですね。西洋巨大おはじき氷上版、などと形容したら失礼すぎますか?(^^;

日本チームが善戦したこともあり、カーリングがメジャー化したりして。映画『シムソンズ』も公開されているようですしね。北海道の名選手を受け入れた青森県は、先見の明があったということになるかもしれませんぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ツウ

@自宅

我が社には自称コーヒー通ってのがいるんですが、クリープみたいなやつダボダボ、砂糖たっぷりっていうのは、世間のコーヒー通からしたらどんなもんなんですかね?

私は営業マン上がりのくせに、最近やっとコーヒーをおいしいと思えるようになったくらいで、コーヒーの高い安いくらいしかわからないのですが、こだわるならなんも入れないで飲んだら?と単純に思います。

詳しい方。ご教示プリーズ。ちなみに私の周辺では、自称コーヒー通の激しい砂糖とクリープ様のものの消費量が笑いものになっていたのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

なんだよ(-_-;)

@自宅

本日、運転免許の更新に行ってきました。

「現住所・本籍・お名前などに変更ありませんね~?」という定番の質問に「ないっすよ」と答えてみたものの、なんと本籍地が合併で名前が変わってますた。「コンピューターが自動訂正するから大丈夫ですよ。」と係の人に微笑んでもらいましたが。

そうかそうか、これからは気をつけないといかんなー。そんな気持ちで新しい免許証を受け取り、本籍地の名前が変わったなあ、などと観察していたら、おお、なんとバイクの免許の『中型に限る』という項目が記載されてないじゃあーりませんか!

なんか得した気分だぜ!コンピューターがやってくれたか?係がミスったか?こうなったら空冷4発のバイク買っちゃうもんねー!

と思ったら、『普通自動二輪』というカテゴリーは、かつての中型限定免許のことなんですな。『大型自動二輪』というカテゴリーがあるようですんで。

世の中、そんな簡単にはいかんわな(-_-;)

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

春がきた、かな?

@自宅

当地は暖気と降雨により急速な雪融けになってます。乾いたアスファルト道路をひさしぶりに見る気がしてます。

雪国以外にお住まいの方。雪融け=春の到来で、清々しいイメージをお持ちかもしれませんが、そんなことはありません。雪融け=こ汚い、です。

降り積もった雪は融けて水になって流れていきゃそれで済むんですけど、雪の中に含まれる不純物、融雪剤に含まれる不純物、冬季間に堆積した汚れ。そんなものがそのまま残ってます。真っ白な景色から一変、真っ黒な景色になるんですよ。

それでも融けた雪に汚れも少しは流されると見え、河川の水が春特有の危険な水になってます。ええ、そりゃもう水作りが大変ですぜ(T_T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

333

@自宅

なんか最近中華食ってねーなー。中華街が懐かしい・・・。

というわけで、ゆうべは秋田市内の某店に行ってきました。いちおー老舗ってことになってる高級店ですが、秋田レベルではこんなものなのかな、と。中華街の安い店にすら及びませんでした。鶏カシューはなかなかのもんでしたけどもね。

コンスープをボールでいただいて胃に流し込んでおいてから、やおらビール片手に食事を頼んで、すぐに湯煎してもらった紹興酒のボトルに氷砂糖。あとはゆっくりダラダラ食事を楽しむ。それが私の定番ですが、ゆんべのお店ではそれが再現できませんでした。残念。

けれど2軒目で、憧れの「333」に遭遇。ベトナムの定番ビールです。数々の小説に小道具として登場する333。いつかは飲みたいと思ってました。それはベトナムへ行った時であろうと考えてましたが、まさか冬の秋田で出会えるとは。感動モノでした。

DSCF1806_1

インポートバージョンとはいえ333。あまりにうれしくて空き缶を持ち帰りました(^^ゞ

SAIGON BEER-ALCOHOL-BEVERAGE CORP.
187 Nguyen Chi Thanh St., Dist.5, HCMC, VN.

HCMCってなんですかね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ビッグマウス

@自宅

今回の日本オリンピック陣がふがいない。そう感じるのはなにも私だけではあるまいて。

いや、メダルが取れないなんてことはいいんです。がんばったなあ。それでいいんですけど。

ビッグマウスな選手が多すぎませんか?コメントばっかり三人前。結果は健闘のかけらもない成績だったりして。

そんな自分のビッグマウスぶりが日本全国に中継されて、恥ずかしくってしょうがなくなりそうなもんなのに、それでもまだ強がってるヤツもいたりして。そーゆーのを『恥の上塗り』と表現するのではありますまいか。

遊びの要素の多い競技ばかの冬季五輪。日本人が弱いのは体格の貧弱さだけでないのはわかってますので。みっともない戦いぶりだけはやめてほしいっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

初バリウム

@自宅

健康診断に行ってきました。ええ、なんつったって40歳ですから。違います。職場の健康診断です。

昨年は腹部エコーがなんにもおもしろくなかったので、今回は胃の検査を希望してみました。人生における初バリウムなのであります。フフフ。

たいしたもんじゃないですよ、バリウムごとき。こんなもん、なんぼでも飲んでやらあ。コップは内側にも容量表示すべきだけどもな。50cc飲めって言われても、紙コップの外側の目盛りを見ながら加減すんのはウザい作業なのでありますね。

っていうか、バリウムや発泡剤なんてどうでもよろしい。検査機械上で、まるで悶絶してるかのごとくグルグルのたうち回される被験者ってのはねえだろ。あれはちょっとひどいぞ。

硬い台の上で、はい縦回転、斜めに腰を浮かせてキープ、息止めてー。はい、今度は逆回転、ってよー、ピンポンパンの体操じゃねえんだ!なにやらせんだ、まったく。

今回は順番ぶっちぎり現象がほとんどなかった秋田市児桜の健康保険事業団。前回は30人くらいに追い越されて2時間半も診療衣のまんまで寒かったのなんのって。

今回はフルコースでわずか45分!そりゃそうです。あたしゃ受付番号1番でしたもの。

事業団の職員すら出勤してない時間に、私はすでに待合室にいたんですね。早く行かないと駐車スペースすらなくなっちゃう季節ですので、公休日だというのに早起きして。まあ早起きしすぎだという話はありますが。

行動がジ様みたいになってきてる気がするなあ。職場でジ様と仲良くしてるせいで伝染したか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

うー

@携帯

今週に入ってから我が家の回線状態が最悪の状況になってるのですよ。
接続を確立できまへん。ノイズ多すぎで。

携帯の接続コードはあるのに、この携帯にはモデム機能ないらしいし。

終わってるよ。本家の更新ができん!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

なんとかならんのかい

@自宅

今日気がつきました。我が家には『ツァイスイコンのすべて』というムック本が2冊あります_| ̄|○

安い本じゃないのに2冊もなんで買ったかな。しかも2冊あることにしばらく気がついてなかったという。大丈夫か、俺。

このところ記憶力の著しい低下を感じていましたが、ここまでとは。アルツハイマーじゃないのか?

頭の中身はオッサンどころかジジイだのう。頼むぜ、まったく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

不惑

@自宅

出勤しようと思ってレガシー号に近づいたら、あら!バンパーが派手に削られちょる!
さては隣のボロい軽自動車が出掛けにコスりやがったな?後でイチャモンつけたるわ。

出社したらいつもの相棒はお休み。旅行中なのねん。
仕方なく別のジ様と仕事してましたが、不真面目なジ様なので見回りに行ったまま帰って来なくて私ひとり。
もうひとりいる技術指導のジ様は、私がいるからと安心してこれまた出かけたまま帰ってきません。

まあ水質が安定してるし、工事中で沈殿池が半分使用不可ですごいことになってるわりには、最終的な出て行く水はいつもと変わらず。なんも心配はいりまへん。眠くなってくるくらい安定しております。
なのにお役所からすごいことになってる沈殿地の数値に対して突っ込みが。工事中なの知っておろうが。

ったくしょうがねえなあ。なにもしないで放っておくとお役人様はイジケますので、いちおう水質テストなんかしたりして対策したふり。
薬品変えたって数値は変わらないのわかってんだけどなあ、ということをまとめたテストレポートをちょうど作ってる時に、意味のない薬品変更。ばっかくせえ。無駄な仕事だ。

んで水質テストしてたら別のお役人様から内線が。計器室にいたので内線に出るのが遅れました。私ひとりしかスタッフがいませんので。
これがまた怒る怒る。3秒くらい電話に出るのが遅れただけなのになあ。どういうことなんだとネジ込まれました。
深夜のトラブルで電話したらすぐ留守番電話に切り替えて寝てしまうおめーの対応のほうがよっぽどネジ込みたいのだけどもよ。

午後から自主的に取水口に出かけたら雨。1年で最低に気温が低いはずのこの時期に気温9℃で雨かよ!ズブ濡れやん。
取水口へのアプローチには違法駐車車両がいて近づけず、まったく除雪のされてない堤防を延々歩く歩く。膝まで雪に埋まりながら。
しかも会社支給の雪用ゴム長の寸法が合ってない。ブカブカ。ゴム長の中で靴下ズルムケよ。

監視カメラのレンズはきのう清掃したとのことなのに、これがきったねえったらありゃしねえ。掃除なんかしとらんじゃないか。洗剤つけてきちんと洗えよな、まったく。
レンズ前ガラスフィルターを拭き拭きしてたら突風で手袋が吹っ飛ばされて欝。川っ縁まで土手を下りました。股間まで雪に埋もれながら。

帰宅して隣のやたらボロい軽自動車を調べたら、これがまたびっくりするくらいにピッカピカになってやがる。何年ぶりにクルマをきれいにしたんだ、おまえ。
とてもボロくて汚い状態がデフォルトのはずなのに。さては証拠隠滅したな?

えー、40歳になった私の初日はこんな按配でした。ついてねえやって感じ。ふーんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ハーフのベビー

@自宅

仏事、終了しました。

葬儀会場に到着してから、親戚筋にあーでもないこーでもないといろいろ話しかけられ、弔電奉読担当だったのに、なんも弔電の下見ができず、葬儀中にチラチラと電報をチェックしていたのですが、疑問点がテンコ盛り。けれど葬儀中に誰にも話しかけられず。

ええ、やっちまいましたよ。祭壇の前でいきなり漢字を読み間違い。でかい声で読んでいた勢いのまま凍りつき、なんと坊さんから正しい読み方を指摘される始末。

きっとまた私は親戚の間で語り継がれる伝説を作ってしまったのでしょ・・・_| ̄|○

話は変わって。私の義理のいとこにアメリカ生まれがいることは、たわごとに書いた気がします。名前が横文字の立派な元アメリカ人です(今も国籍はアメリカにもあんのか?)。私のいとこと結婚しましたので義理のいとこですね。

この夫婦に子供が生まれて1年。初めて子供に会いましたら、これがまたかわいいのなんのって。ハーフっつーのはかわいいものと相場が決まってるらしいのですが、まあかわいいことったらありません。

顔つきがかわいい上に、愛想がめちゃくちゃよろしい。エンターテナーでっせ。しかも利発そうな顔をしていて、誰にでもニコニコと笑いかけます。きっと周囲に悪い気持ちの人がいない環境で育ってるのでしょ。

んでアメリカ人たるお父さんは英語で話しかけますが、どうやら理解している様子。ママは日本語で話しかけてますがこれまた理解している様子。1歳にしてバイリンガルかよ。すげーな。

あんまりかわいくて、ほかの親戚の子供がすっかり霞んでしまってました。

子供欲しくなりました(^^ゞ

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

家族を大事に

@自宅

ある新聞に国際調査の結果が出ていて、アジア各国で自分の子供に求める将来像って「家族を大事にする人」というのが高いらしいっすな。けれど日本だけが低いのは「世のためになる人」だそうな。

自分さえ良ければいいっていう個人主義?まあ今様の日本の風潮ではありますよね。

ところで、家族を大事にするって、具体的にどういうことなんですかね?
家族と共有する時間を大事にする。うん、わかりやすい表現です。聞こえもいいしね。誰もがとりあえず納得しますよね。きっと。

奥さんが夜勤仕事のある身なので、子供の面倒をみなきゃなんなくて。
ほう、それは大変ですな。ご自分も夜勤のある身ではありませんか。
夫婦でスケジュールが合わない夜など大変でしょう。ご同情申し上げます。

ところがそれを理由にして、宴会には参加するけれども宴会の留守番はできないっつーとなると、少々話がおかしくはありませんこと?
夜通しの夜勤はダメだけど夜中に帰れる宴会ならオッケー。わかったようなわからないような・・・。

新人のくせして宴会の留守番をしようとしない、おめーだよ、おめー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

入場行進

@夜勤

トリノのオリンピック開会式。
入場行進のBGM、俺っち愛聴のCDに入ってる曲ばっかりじゃねーかよ。

中継アナウンサー曰く「おじさんおばさんが喜ぶ懐かしい曲ばかりですねー」だとさ。
_| ̄|○

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

おたくー

@自宅

オタクな本を買ったらレジにわりとかわいいお姉ちゃんがいて恥ずかしかったという話を前に書きましたが。

製作中のドラゴンのシャーマンで、なぜここはこんな形をしているのかと疑問に思う箇所がありまして、資料があったらなあ、と思ってました。そしたら立ち寄った本屋にありまして。

060206_3

大日本絵画の資料集。米軍長砲身シャーマンなんていうマイナーな車種の資料はあるまいと予想していましたので、思わず買い求めました。

もっと細部まで写真があると助かるのですが、この際、贅沢は言うまい。砲塔後部に納得のいかない謎のディティールがあるのですね。この秘密を知りたいのでした。

で、レジに行ったら、またくだんのお姉ちゃん。「オタク、きもー!」という感じで及び腰で釣り銭を渡されましたので、受け取れずに売り場へ釣り銭をバラまく私。いちおー拾いましたが、ぜんぜん足りませんでしたよ。

オタクは肩身が狭いなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

仏事

@自宅

祖母が亡くなりまして、高校時代に大変世話になった身の私としては、知らないふりなどしてられません。

飛び石で仏事に参列する予定ですので、またまた更新が滞ると思います。すんませんm(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

やっつけ仕事

@自宅でまとめて更新(^^;

ご指摘いただいたレガシーのサイドスカート。なんとかやっつけ仕事で固定できんものかと思案し、ワイヤーでやってみましたが、たぶん1週間くらいしかもたないでしょう(^^;

サイドスカートそのものは樹脂部品なので、Pカッターで切って穴を開けられないかなーと思案中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

いつもいつも

@まとめて更新(^^;

kazrinさんからまたいただきものを。いつもすんません。

その内容については「たわごと」で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

すまん

@自宅

だめ。すげー眠い。

生活のリズムを保つためだけの理由で起きてるのはつらいわん。

いろいろみなさまおっしゃりたいこともございましょうが。

寝ます(-_-)zz

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

まったく今年の雪は

@夜勤

ひさしぶりの24時間勤務中です。
インフルエンザにかかったスタッフが出まして、みんなで交替でカバー中なのでした。

レガシー号のサイドアンダースポイラーっつんですかね。
スポイラーってのは違うか。ボディサイド下のカバーみたいなやつです。
さっき見たらはずれてました。きのうアパートに帰った時に雪の段差に引っ掛けちゃったのかもしれません。

簡単に元に戻りそうもなくて欝っす。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

サボりすんません

@自宅

 すっかり一日置きの更新になってます。すんません。

 すげー吹雪いてますよお。きのうは出勤時に「吹雪きすぎて交差点の信号が見えずに動けなくなる」という体験をしました。いわゆるホワイトアウトってやつです。

 視界が真っ白になってなにも見えなくなるホワイトアウト現象は、吹雪と細かい大量の雪が組み合わさると簡単に発生します。

 クルマを運転している時にホワイトアウトに遭遇したら、とりあえずアクセルから足を離し、それでもだめならブレーキを踏んで、最終的には停止するしか手がありません。昨日から当地で続いている交通事故は、停止した車両に後続車が突っ込んだ玉突き事故ばかりでした。

 そんな天気の中、退社しようとしてる30歳代の女性に背後から襲い掛かり8千円をかっぱらってったヤツ。吹雪強盗か、おまえは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

オケツ痛え

@自宅

 春のようですねえ、などとローカルニュースのアナウンサーが笑顔でほざいていたのも束の間、当地は昨日からまた真冬。せっかくアパート前の道に除雪車が入ってアスファルトが出たというのに、その翌日に積もるこたあねえだろうに。
 アスファルトが出ているのは道路だけ。アパート北面の駐車場には融けない雪が厚さ30センチに残っていて、無理にクルマを入れてみたら、まるで新車展示場に飾られているクルマのようなお立ち台状態。かなり間抜けでした。

 んで今朝の出勤時は段差30センチと新雪の効果でスタッドレスタイヤの横方向グリップが皆無。鼻先が勝手に横っ飛びして、ブロック塀に突っ込むとこでした。おっかねー。
 こんな日にわざわざ混み合う地区のキタムラで中古レンズを買ってる自分はかなりアホだと思いましたが、帰りはスイスイ帰れて良かったです。

 で、帰宅したら恐怖の駐車場が待ってます。気温が下がって朝以上にツルツルになった路面。バックでクルマを入れようにも、回転方向指定タイヤであるミシュランのスタッドレスはバックで全然役立たず。段差30センチを登ってくれません。
 登らないだけならまだしも、横方向のグリップがないものだから、クルマのケツがアクセルを踏むたびに左右へぶっ飛びます。もう制御ききません。気がついたら後ろも前もヨソのクルマにピッタリくっつく位置に滑ってしまい、真っ青になりました。どーしよー。

 何度となく前後しつつ切り返し。素直に表通りに出てクルマを停め、徒歩で駐車場に戻ってスコップで段差を削りましたよお。10年住んでるアパートでこんな面倒なことすんのは今回が初めてっす。
 なんとかクルマを駐車スペースへ突っ込んで安心したら、足を滑らせて転倒。一度融けたところがカチカチに固まって、その上に新雪が載ってますので、滑るのなんのって。オケツを強く打ち付けて泣きそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »