船溜まり

Dscf2652_1
 Fujifilm X-E2 + XF55-200mm F3.5-4.8R LM OIS  1/1500  f/8.0  ISO=200

 春のような空に見えますな。でも水面の反射がちょっと違うw

 職場が海沿いなもんで、たまにこうして撮ったりしていますが。クルマはかなり錆びやすい環境ではありますよ。これに加えて冬場の融雪剤でクルマの足回りが錆びやすかったりしますしねえ。
 前の嫁の実家がこれまた海沿いで、クルマより早くTVアンテナが使い物にならなくなるのを思い出しますわ。

| | コメント (0)
|

みなと

Dscf2648_1
 Fujifilm X-E2 + XF55-200mm F3.5-4.8R  1/500  f/8.0  ISO=400

 ISO200で撮りたかったですな。普段はオートにしてるんで、思い付きでカメラを構えた時は、ほぼISOはオートになってますw

| | コメント (2)
|

考えるだけならタダw

 「そのレンズ使ってみたい」のノリだけでいるなら、次はまた単焦点レンズに手を出してたでしょうな。例えばXF56mm F1.2Rとか。

Xf56mm_0001

 開放F1.2なんて、キワモノですよねえ。FDレンズを思い起こさせるような、約85mm相当のF1.2。
 けれど、作例を拝見している限りは、写りそのものはキワモノって感じではなく、むしろ開放でここまでよく破綻しないものだと感心したくなる写りではあります。その代わりに絞ってもつまんなかったりしてなぁ、なんて思わなくもありませんがw

 短めの中望遠で開放が明るいレンズって、ボディ側で超高速シャッターに対応しているなら、昼間っから絞り開放にできたりして、街角の普通のスナップが、まるで戦前の中判で撮ったみたいな被写界深度の浅さがあり、なにやらノスタルジックな雰囲気をね、勝手に私個人で感じていたりするんですよw

 そのためだけに手を出すにはお高いレンズながら、やりかねないとこまで購買欲は進んでいたのですよ。
 購買欲の暴走を止めるといった意味で、クルマという出費はいい心理的ブレーキ役でしたねえ。

 ホイールからなにからまるで違うクルマなので、冬に備えるだけでもガッツリとオカネが飛んでいきますのよ。そのへんをいろいろ考えていると、レンズ購買欲は嫌でも萎みますなwww

 でも中望遠はですね、いずれ装備したいと思ってます。XF35mmを使ってみて、意外にも自分は切り取り系を撮れるかもしれんと感じてますし。ブラブラ歩いてて切り取るなら、中望遠ですな。
 XF56mmだと短いか。もうちょっと長いほうがいいのか。でもズームレンズの55mm域で手応えがないわけでもなく。換算75mmだとちょっと短く感じるので、XF50mmはねえよな。などと考えるだけは考えてるんですよ、ええ。

| | コメント (2)
|

感覚的に感情で選ぶこと

Xe3_07_1

 フジ写Xの最初の1台なら、X-E3を選んでたかなー。あるいは潔さを不安に感じて別のボディを選んだか。微妙なところです。
 個人が使い倒したようなインプレをまだ拝見できてませんで、XF18mmでさえ太く感じるほど小さなボディの使い勝手というのはどんなもんなんでしょうね。

 わりとこなせるX-E2からスタートして、私の場合は正解だったのかもしれぬとはぼんやり思ってますけどもね♪

 それにしても。ズームレンズでカバーしようとする方向へ走らなかったのが我ながら不思議です。荷物を減らそうとして、ズームを常用してきてましたから。
 フジ写Xの場合、3本あればかなりの範囲をカバーできるわけで、これX-T10からスタートだったりすると、ズームレンズをメインにする発想があってもおかしくはなかったかも。
 これがX-E2を手にしてしまったもので、そのボディスタイルから単焦点レンズを使いたくなってしまったのかもしれません。

 その単焦点レンズを選ぶにしても、最初は大きさとか重さとか気にしてましたが、単焦点XFレンズの写りの面白さを知ってしまったら、あまり気にしなくなりましたっけ。
 WRレンズの常用域単焦点レンズがあったほうがいいだろう、という理性的な判断よりも、いかにも高速レンズというXF35mm F1.4Rを感覚的に選んだあたりから、なにか自分の中で理性的選択を放棄しているように思えてますw

 なにもレンズだけではなく、おそらくクルマもそうなんですよ。理性的に選んだら、おそらく無駄がない道具的なクルマを選んだと思うんです。堅実な実用一途なクルマを。
 でも理由をつけてクルマを選ぶの、今回はやめました。いいじゃない、という感覚だけで決めましたよ。

 自分の考え方が変わってきているのでしょうね。なにをもって「優れたものを選んだ」といえるのか。優れてなくてもいいじゃん。自分が気に入ったのなら。そんな感じに変わってきているよう自覚しています。
 いや、ある程度は取捨選択しているんですよ。機能的な部分ですとか。けれど機能の優劣やコスパだけで選択したものを、なんだか愛せる気がしなくなってましてですね。もっと好き嫌いですとか直感みたいなものを大事にしたいなぁと。そんな感じで。

 日々ゆっくりと人の価値観というのは移ろっていってるのでしょうが、何年かに1回という長いスパンで入れ替えるクルマという買い物を今回してですね、若い頃とはずいぶん変わったもんだなと。そう感じましたよ。
 本当は若い頃も好き嫌いの判断をしていたのでしょうが、それを抑えつけてきたのでしょうね。ジジイになって解放されてきたと。

| | コメント (6)
|

«港